2013年02月08日

お助け屋☆陣八 第6話

第6話「保険金殺人の女」
2月14日(木) 夜23:58〜0:38放送

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔) に依頼人が現れる。若い後妻をもらった呉服店『小川』の店主・小川宗佑(森本レオ)の息子と娘だ。「一億円の生命保険の受取人までも若妻に書き換えてしまった父の目を覚まさせてください」という。結婚相談所で紹介してもらった妻・ひな子(笛木優子)は、前夫とも死別していて、財産目当てだというのだ。

さっそく、助っ人のポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)が芸者姿で呉服店に偵察へ。妻のひな子は、“キッチン時代屋”の看板娘で現役女子高生の萌(有村架純)も納得する色っぽさ。男が騙されるのも無理はない。

一方、助っ人の元外科医・井口達也(小泉孝太郎)は、ルポライターになりすまして、小川がひな子を紹介してもらったという結婚相談所『エタニティ』を訪ねていた。ひな子の前夫が火災で亡くなった事件のことを問われて、所長の水上栄子は「ひな子さんが保険金殺人をすることなどあり得ません。若いのに落ち着いていていい方です」と真っ向から否定した。

だが、以前ひな子が働いていたスナックでは、ひな子の悪い噂でもちきり。前夫の前にも、ひな子につきまとっていた男が全財産を貢ぎ、保険金の受取人をひな子にした挙句、練炭自殺していた。そして、その男の死後、結婚相談所を開設した栄子の紹介で、前夫と小川が紹介されていたのだ。

(最初の事件で味を占めた二人が、手っ取り早くカモを見つけるために、結婚相談所を開いた。栄子が紹介した男をひな子が籠絡し、事件に見せかけて二人で殺しているのではないか……)陣八の部屋で“お助け屋”の面々がひな子たちの悪事のからくりを推理していたときだった。萌が呉服店『小川』で店中の火災報知器が外されていたことを思い出す。「あのおっさんが殺されるのも時間の問題や」と思わずポン太が言う。

その頃、呉服店『小川』の裏口に栄子がやって来て灯油タンクを置いていた。そして、その深夜――酒に酔って熟睡する小川の周りに、ひな子が灯油タンクから灯油をぶちまけた。ひな子は、まいた灯油に火のついたマッチを落とす。
だが――火は消えてしまう。慌てて灯油タンクの匂いを嗅ぐと、中身は水!

「どういう事!?」

間一髪、灯油タンクの中身をすり替えたのは、陣八だった。
だが、どんなに周りが忠告しても、小川本人に騙されている自覚がない。決定的な手を打たなければならない。みなで考えるうちに、先代を色惚け呼ばわりされて怒った陣八が、ポン太と小競り合いを始める。止めに入った達也に秘孔のツボを押された陣八は、ハタと動きを止める。「閃いた! 閃いたでっ!!」

翌日、着物姿の萌が呉服店『小川』を訪れ「旦那さん。うちと遊びません?」と小川を連れ出していた。その後、すぐポン太が慌てふためいて店に飛び込み、「ご主人が出先で倒れて、病院に運ばれたんです」とひな子を病院へ。

ひな子が病室に駆け込んだときには、すでに小川は心臓発作で亡くなっていて、枕元で小川の息子と娘が涙を拭っていた。
「全財産を妻ひな子に譲渡する」と書かれた遺言に、兄妹は「父はひな子に殺された」とわなわなと怒る。「保険金一億に現金一億をあわせ、二億円の遺産が自分のものになる」と聞いて、ひな子は呆然と病室を出た。
ひな子は、病院の外に出ると、携帯電話で結婚相談所の栄子に連絡し、小川が亡くなったことは一言も言わずに、栄子の犯行ではないことを確認した。

その栄子を偵察していた達也は、栄子に動きがないので、栄子を訪ね耳打ちする。「小川が亡くなり、遺言でひな子に二億円が転がり込む」と聞いた栄子は「ひな子が独り占めしようとしている」と知る。「あの女狐!」

家の金庫から小川の保険証書や現金・預金通帳を鞄に詰め込んだひな子は、高飛びしようとしていた。だが、その前に栄子が立ちはだかる。
「あんた、どういうつもり?」「これはわたしのものよ」ひな子が最初の男を殺し損なったときに助けたのは栄子。そして栄子は、それをネタにひな子を縛りつけいいように使ってきた。二人はそんな過去をさらけ出し互いに毒づき、鞄を取ろうとする。と、ポン太たちがもみ合う二人にバケツの水をかけた。

「若い女に目がくらんだ男につけ込んで、命まで取ろうっちゅう女は悪魔や。絶対許せん!」と陣八。死んだはずの小川も現れ「すべては陣八たちの仕組んだ芝居」と告げる。小川は「騙されて殺されても、楽しかったからそれでいい」と思っていたが、陣八が現れ観念した。「自分が死んだら少しは悲しんでくれるだろうか……せめて知りたかった、お前の本当の気持ちを」

「悲しいはずないじゃない」と最後まで「全部芝居だった」と言いきるひな子だが、その顔は愁いを帯びていた。栄子と共に、謎の女に連れて行かれる。

“キッチン時代屋”では「男ってさ、若い女がいいんだ〜」と陣八をからかう萌がいる。そんな萌も、(男って本当に愚かだけど、ちょっとだけ可愛い)と思っていた。

第1話 2013年1月10日
第2話 2013年1月17日「極悪ホストを退治」
第3話 2013年1月24日「金髪の新メンバー!?いじめ問題を解決!」
第4話 2013年1月31日「振り込めサギ撃退」
第5話 2013年2月7日「ブラック会社退治」
第7話 2013年2月21日「白アリ詐欺の毒牙に苦しむ若妻を救え!」

お助け屋☆陣八 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『お助け屋☆陣八 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お助け屋!陣八 (第6話・2/14) 感想
Excerpt: 日本テレビ系ドラマ『お助け屋★陣八』(公式)の第6話『保険金殺人の女』の感想。 主人公… 達也(小泉孝太郎)は外科医らしく、ポン太(しずちゃん)は芸者らしく『お助け屋』として大..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2013-02-15 11:46

お助け屋★陣八 第6話
Excerpt: 『保険金殺人の女 内容 陣八(宮川大輔)のもとに 小川宗之(飯田基祐)相沢恵美子(安藤玉恵)兄妹がやってくる。 呉服店店主の父・宗佑(森本レオ)の命が危ないという。 後妻のひな子(笛木優子)が、父..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-02-15 18:08

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索