2013年01月29日

いつか陽のあたる場所で 第5話

第5回「弟に贈る言葉」
本放送:総合 2013年2月5日(火)午後10時
再放送:総合 2013年2月11日(月)午前10時5分
再放送:総合 2013年2月12日(火)午前0時25分

綾香(飯島直子)の出所後初めて父・文彦(前田吟)が上京するが綾香は上手く気持ちを伝えられない。弟・尚之(大東駿介)の結婚式が迫り芭子は気持ちを伝えるべきか迷う。綾香は父の見送りを芭子に頼むが、老人ホームで知り合った幸子(江波杏子)から諭され、列車に乗ろうとする父の元に駆けつけ、つらい気持ちをぶつける。「どんなに離れていても家族は家族」という文彦の言葉に励まされた芭子は、弟に気持ちを伝えたいと思う・・・。

第1話 2013年1月8日「前科ある二人」
第2話 2013年1月15日「強くなりたい」
第3話 2013年1月22日「一番会いたい人」
第4話 2013年1月29日「故郷からの伝言」
第6話 2013年2月12日「幸福になる資格」

いつか陽のあたる場所で TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ


『いつか陽のあたる場所で 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHKドラマ10『いつか陽のあたる場所で』 第5回
Excerpt: 『弟に贈る言葉』 内容 岩瀬(斎藤工)から告白された芭子(上戸彩)だったが、拒絶してしまう。 だが友達から。。。という言葉に、ようやく芭子は心を許しはじめる。 とはいえ、過去が過去だけに、芭子は不..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-02-06 18:16

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索