2013年01月29日

終電バイバイ 第4話

第四夜「蒲田駅」 2013.02.04 OnAir
ラテ欄「第四夜・蒲田駅〜潔癖男と地元アイドル」

蒲田駅で終電を逃したサラリーマンの由紀雄(濱田岳)は、途方に暮れて歩いていた飲み屋の前で、酒に酔った一人の女性を見かける。彼女の名前はこずえ(小松彩夏)。かつてグラビアアイドルとして活躍し、今は蒲田の地元アイドルユニットで活動しているという。実は由紀雄もこずえのファンだったのだが、まさか目の前にそのアイドル・こずえがいるなんて思いもよらなかった。しかし今、目の前にいるこずえは、まさに泥酔状態。そんなこずえが、由紀雄に声をかけてきた。「あなた、私のファン?今日は飲みたいなー」

憧れのアイドルからの誘いに、天にも昇る気分の由紀雄。しかしこずえは飲み続けられる状態になく、仕方なく由紀雄がこずえを自宅に送ることに。「終電を逃して良かった!!」セクシーなこずえの自宅で、二人で夜を過ごすなんて…!!男性なら誰もが期待を持つ夢のような展開に、由紀雄の気持ちは高揚する。

そして辿り着いたこずえの部屋、そこで由紀雄は信じられない光景を目にする。その部屋は、足の踏み場もないほどのゴミで覆われた部屋だったのだ!その部屋を見た由紀雄は、一目散に走り去ってしまう。実は由紀雄は極度の潔癖症だったのだ!

無防備な憧れのグラビアアイドルを目の前に、ゴミ部屋から逃げ出したことを悔やむ由紀雄は、ある決意とともに再びこずえの部屋に向かったのだが…

第1話 2013年1月14日「立川駅」ラテ欄「第一夜・立川駅〜深夜の大人の冒険」
第2話 2013年1月21日「秋葉原駅」ラテ欄「第二夜・秋葉原駅〜深夜の大人の冒険」
第3話 2013年1月28日「南千住駅」ラテ欄「第三夜・南千住駅〜フレンチな深夜恋」
第5話 2013年2月12日「片瀬江ノ島駅」ラテ欄「第五夜・片瀬江ノ島駅〜深夜の水族館」

終電バイバイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『終電バイバイ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

終電バイバイ (第4話・2/4) 感想
Excerpt: TBSテレビ系ドラマ『終電バイバイ』(公式)の第4話『蒲田駅』『(ラテ欄)第四夜・蒲田駅〜潔癖男と地元アイドル』の感想。 今回も、こじんまりとした“いい話”で悪くない! だいぶ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2013-02-05 09:04

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索