2013年01月15日

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話

「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」2013年1月21日

 篠川栞子(剛力彩芽)は、小山清の『落穂拾ひ』を盗まれ気落ちする「せどり屋」の志田肇(高橋克実)を五浦大輔(AKIRA)に紹介した。すると、志田はあいさつもせず、本を盗まれたときの状況を話し始めた。

 志田はある寺に用があり自転車で向かった。ところが着いたとたんに腹痛がし、荷物を残したままトイレへと駈けだした。そのとき、音がして振り返ると女子高生らしい少女(水野絵梨奈)と自転車が倒れていたので声をかけた。しかし、少女は見向きもせず自分が持っていたエンジ色の紙袋の中身を確かめていた。志田は気になったが、自転車を起こしておいてくれと頼むとその場を立ち去った。それでトイレから戻ると、『落穂拾ひ』だけが紛失していた。少女が盗ったのは間違いないと言う。

 栞子は、少女が『落穂拾ひ』を盗った理由こそが少女を探す鍵になると言い、トイレから戻ったとき、自転車とほかの本はどうなっていたのかと聞く。自転車も本もその場に放置されていたが、本は仲間の笠井菊哉(田中圭)が拾い集めてくれていた、と志田は答えた。また笠井は、寺からバス停へと走り去る少女を目撃していたという。

 『落穂拾ひ』が志田にとって大事な本だったと聞いた大輔は笠井に会い、笠井が少女に頼まれ、ハサミを貸していたと聞く。さらに、バス停まで走った少女が、バスに乗らなかったとの証言も得た。それを聞いた栞子は、少女が『落穂拾ひ』を盗んだのは必然だった、バス停に走ったのはそこにいた少年に会うためだったのでは、と推測した。

 翌日、大輔はバス停で西野(浅香航大)という少年に声をかけた。横柄な態度の少年は、あの日少女に誕生日プレゼントを差し出されたが、「お前には祝われたくない」と言ってやった、と話し、あっさりと小菅奈緒(水野絵梨奈)という少女の連絡先を教えた。

 本を盗んだのは悪いことだが奈緒にも事情があったのでは、と考えた大輔は、奈緒を追求する気が失せ、代わりに『落穂拾ひ』を古書店に探しに行く。しかし途中で、志田と鉢合わせる。大輔の計らいに気づいた志田は、大輔を飲みに誘った。志田は、ある日突然、会社が倒産、家族も失いホームレスになったことがあり、そのとき手にしていたのが『落穂拾ひ』で自分にとってはお守りのようなものだった、と明かした。それを聞いた大輔は奈緒に連絡を取り、待ち合わせ場所を指定するが、奈緒は現れなかった。

 しかし後日、奈緒は「ビブリア古書堂」にやって来た。その姿にピンと来た栞子は、奈緒だろうと尋ね、本人もそれを認めた。ところが大輔が『落穂拾ひ』を返すように頼むと、奈緒は「何もわかっていないくせに」と激怒した。すると栞子が、わかると言って語り始めた。

 あの日、奈緒は誕生日の西野のために菓子を作ると、それを包装しエンジ色のリボンで飾り紙袋に入れ家を出た。ところが、バス停に向かう途中で志田の自転車にぶつかり転倒してしまう。菓子は無事だったが、リボンに付いていた飾りが取れたため、それを固定させる紐のようなものが必要だと気づいた。そこで、志田の荷物のなかから『落穂拾ひ』に付いていたスピンと呼ばれる紐のしおりに目を付け、通りかかった笠井にハサミを借りて切り落としたのだ。その時点で本は不要となったが、笠井が見ていたため、そのまま持ち帰ったのだろう、と。

 観念した奈緒に大輔は本を返すよう頼むが、奈緒は今は返せない、と言うとその場を立ち去った。

 そんな日の夜、「ビブリア古書堂」に奈緒がやってくる。篠川文也(ジェシー)は、閉店したと話すが、奈緒は志田に会わせろと言って聞かない。突然の来訪に驚く大輔に、栞子は奈緒が「今は返せない」と言ったのは、彼女が『落穂拾ひ』を読んでいる途中だったからだろうと話した。

 志田と向かいあった奈緒は、『落穂拾ひ』とともに小さな箱包みを差し出した。「お詫びの気持ち」だという箱のなかには、爪切りと耳かきが入っていた。それは『落穂拾ひ』の主人公が、彼女から誕生日にプレゼントされたものだった。奈緒の謝罪を受け入れた志田は、失恋した奈緒の気持ちを慰めた。すると奈緒の目から涙がこぼれ落ちた。

 そんなふたりのやりとりを、隣の居間でなんとなく耳にしていた栞子と大輔は、顔を見合わせるとそっと居間の扉を閉めた。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビブリア古書堂の事件手帖「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
Excerpt: さすが月9。風情あるロケーションといい(鎌倉の美しさを再確認!)、ドラマ全体の空気やテンポといい、独特のものがありますね。 エンディングで、作中、登場した本の物語を紙芝居状態で再現してるのも、味..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2013-01-22 08:14

ゴリ9「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話★サラリーマン風の男子高生(浅香航大)が悪い
Excerpt: 「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話 なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか 光り取り窓などから”ビブリア古書堂”に日差しが差し込み、1秒ごとに「本」が日光で焼かれて行ってる・・・。 本が悲鳴を..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2013-01-22 11:50

「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話
Excerpt:   第二話栞子は、小山清の『落穂拾ひ』を盗まれ気落ちする「せどり屋」の志田肇を大輔に紹介した。すると、志田はあいさつもせず、本を盗まれたときの状況を話し始めた。志田は古...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-01-22 15:25

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話
Excerpt: 第2話 「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」 「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子(剛力彩芽)と一緒に住む「せどり屋」の志田肇(高橋克実)は、栞子に「小山清の『落ち穂拾ひ』が盗まれた」と話す。
Weblog: emitanの心にうつりゆくもの
Tracked: 2013-01-22 16:58

【ビブリア古書堂の事件手帖】 第2話 感想
Excerpt: この短編集は比較的手に入れやすく、それほど高価というわけではありません。 ところが、なぜか何者かによって持ち去られてしまいました。 売ってお金に換えることが目的だとは思えません。 また、どう..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2013-01-22 18:01

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話
Excerpt: 『なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか 内容 ある日のこと、せどり屋の志田肇(高橋克実)が駆け込んでくる。 “小山清の落穂拾ひ”を盗まれたと栞子(剛力彩芽)に告げる。 腹痛でトイレに駆け込んでいる間、..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-01-22 18:12

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話〜僕たちがお互いに必要としあう間柄になれたら、どんなにいいことだろう
Excerpt:  本が人と人を結ぶ物語である。  前回は、大輔(AKIRA)と栞子(剛力彩芽)が漱石の『それから』によって。  今回は、『落穂拾ひ』によって、志田(高橋克実)と小菅奈緒(水野絵梨奈)が。  中年男のせ..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2013-01-22 19:12

ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第2...
Excerpt: なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか---------!?小山清の『落穂拾ひ』が盗まれた。だが、それほどの高価な値がつく本ではない。なのに何故その本を女子高生は盗んだのか?「売るためで...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2013-01-22 20:01

ハンチョウ&ビブリア古書堂
Excerpt: 1月22日 ハンチョウ&ビブリア古書堂 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログに ...
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2013-01-22 22:27

自分の生れつきをそんなに悲しんではいない(水野絵梨奈)
Excerpt: じゃ、悲しいことは悲しいんだな・・・。 小山清は明治四十四年(1911年)の生れである。 つまり、生きていると数えで103歳になる。しかし、享年53歳で亡くなっている。 亡くなる7年前に失語症になり、..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2013-01-23 01:54

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話:なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか
Excerpt: 爪切りと耳掻き・・・(; ̄ー ̄)...ン? 【落穂拾ひ】のお話の中で出てくるらしいから仕方ないけど、プレゼントとしては 微妙なチョイス… この作者がこれを書いた時代とは感覚が違うだろうから仕方ないと..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2013-01-23 14:06

ビブリア古書堂の事件手帖二話&書店員ミチルの身の上話三話感想
Excerpt: 「落穂拾ひ」じゃなきゃいけなかったんじゃくて、<新潮文庫>じゃなきゃいけなかったんだね(笑)水野絵梨奈が主人公だった二話。たしかに、綿の糸状しおりがついているのは新潮文庫だけだもんね。。水野絵梨奈の振..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2013-01-23 21:38

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索