2013年01月15日

終電バイバイ 第2話

第二夜「秋葉原駅」2013.1.21 OnAir
ラテ欄「第二夜・秋葉原駅〜深夜の大人の冒険」

真冬の深夜、人気の無い秋葉原駅付近を、終電を逃した男・森(濱田岳)が、あてもなく歩いていた。そんな森を遠巻きに見ていた男(谷中敦)は「お前の行くべき場所は、決まっている」とつぶやく。その声に導かれたわけではないのだが、森の足はある雑居ビルの中にあるテーブルトークの店に向かっていた。

そこはかつて森が元カノ・ミキ(入山法子)と一緒に毎週のように通い、テーブルトークRPGゲームに参加していた店だった。ミキとは別れた森だったが、終電を逃してあてもなく歩いていたとき、近くにこの店があることを思い出し「もしかしたらミキがいるかも!?」と淡い期待を持って、この店にやってきたのだ。

だが、ミキはいなかった。しかしゲームマスター大山(山路和弘)や参加者たちは、森の突然の訪問を暖かく迎え入れてくれた。しばしの間、テーブルトークゲームに参加する森。以前、一緒にテーブルトークを楽しんだミキとの思い出を振り返りながら…

そんな時、店の扉が開いた。入ってきたのはミキだった。元カノとの突然の、しかし少しは期待していた再会を果たした森だったが…

第1話 2013年1月14日「立川駅」ラテ欄「第一夜・立川駅〜深夜の大人の冒険」
第3話 2013年1月28日「南千住駅」

終電バイバイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『終電バイバイ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

終電バイバイ (第2話・1/21) 感想
Excerpt: TBSテレビ系ドラマ『終電バイバイ』(公式)の第2話『秋葉原駅』『(ラテ欄)第二夜・秋葉原駅〜深夜の大人の冒険』の感想。 夜中の四方山話… 第1話を観て今回それなりに期待した私..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2013-01-22 12:03

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索