2013年01月08日

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話

「偽のサインと古書に秘められた謎」2013年1月14日 初回15分拡大

 「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子(剛力彩芽)のもとに、古書の査定をしてほしいと五浦大輔(AKIRA)がやってくる。大輔が持ち込んだのは、亡くなった祖母・絹子(赤座美代子)の蔵書『夏目漱石全集』全三十四巻で、その『第八巻 それから』に「夏目漱石」、人物は不明だが「田中嘉雄様へ」と署名があったため、サインが本物なら高く売れるのでは、と期待した母・恵理(松坂慶子)から頼まれたものだった。

 本を手にじっと考え込んだ栞子は、やがてサインは偽物だと言った。長く待たされしびれを切らした大輔は礼を言い立ち去ろうとするが、栞子はサインを書いたのは祖母自身としか考えられない、と話す。唐突な話に、証拠はあるのかと尋ねた大輔に、栞子は祖母にまつわる驚くべき推論を展開していく。

 プライバシーに関わるが、と前置きした上で栞子が話したのは、絹子は事前に持っていた『第八巻 それから』を隠すために『夏目漱石全集』三十四巻を買い求め、その後、重複した第八巻を処分したのだろう、と言うことだった。さらに、「夏目漱石」のサインを偽装したのも、あらかじめ書かれていた「田中嘉雄」を隠すためだった、と。「田中嘉雄」は絹子に本を贈った人物で絹子の大事な人だったのだろう、と言う栞子は、大輔という名前を付けたのは絹子だったか、また絹子が結婚したのは1962年より前か後か、と聞いた。

 後日、大輔が「ビブリア古書堂」を訪ねると、そこに栞子の弟・文也(ジェシー)がいた。大輔はやがて現れた栞子に、恵理に確認した結果、自分の名付け親は絹子で結婚は1959年だったこと、しかも密かに好きな人がいたことがわかったと話した。本を見ただけでなぜそこまでわかるのか、と興奮気味の大輔に、栞子は困惑し言葉を濁す。

 その後、失業中のためハローワークに行った大輔は、相談員(内田篤人)から体格だけで警備員の仕事を勧められたことに気落ちする。その足で行きつけの甘味処に立ち寄ると、店主・藤波明生(鈴木浩介)と店員・横田奈津実(北川弘美)が声をかけてきた。いっそのこと、ここに就職させてほしいと頼む大輔に藤波は、新入りのアルバイト・佐々木亜弥(トリンドル玲奈)を紹介する。そこへ、別のアルバイト・橋本さやか(内藤理沙)があんみつが出来たと告げる。その行方に興味をもった大輔があんみつを目で追うと、その先に栞子がいた。栞子は古書を買い付けた帰りだった。

 大輔は、栞子を手伝い大量の古書を「ビブリア古書堂」まで運んでやる。荷ほどきが終わり積み上がった古書を眺めた大輔は、自分は本を読むと気分が悪くなる体質だと明かした。やがて、栞子が言っていた1962年には何があったのか、と聞くが答えは得られない。

 自宅に戻った大輔は、絹子の葬儀のときに撮られた写真を眺めていた。親類の中で自分と恵理だけが長身であとはみんな背が低い、と感想をもらした大輔に、恵理が思い出したように、見慣れない老人で背の高い人が葬儀に来ていたと言った。何かを感じた大輔は、葬儀の芳名帳をめくり、そこに「田中嘉雄」という名前を見つけた。さらに書かれていた「文京区春日二丁目」という住所を訪ねるが、本人に会うことはできなかった。

 後日、栞子を訪ねた大輔は、すべてを話して欲しいと頼んだ。意を決した栞子は、主人公が人妻と恋に落ちる『それから』という物語は、「田中嘉雄」の願望そのもので、絹子へのラブレターだったのだろうと言った。さらに、値札から『漱石全集』を購入したのが栞子の祖父が営んでいた頃の「ビブリア古書堂」だとわかり、そうすると購入年は1962年、絹子が結婚したのが1959年のことだから、「田中嘉雄」と絹子は不倫関係にあったと推測できるという。しかも、『それから』の主人公が「代助(だいすけ)」だということ、大輔が訪ねた「文京区春日二丁目」が小説の舞台になった場所であることも教えられた。自分と恵理だけが背が高かったのは偶然じゃなかったのだ、と大輔はしみじみと言った。

 出生の秘密を知るもどこかすっきりした大輔は栞子に礼を言い、店を後にしようとした。すると栞子は大輔にこの店で働いてみないか、と言った。自分は本が読めないのだ、と驚く大輔に古書店の人間に必要なのは、本の内容ではなく市場価値の知識だと説く栞子。迷いながらも大輔は、その申し出を受けることにした。

 後日、大輔が「ビブリア古書堂」にいると、志田肇(高橋克実)がやってきた。ふてぶてしい態度で「栞子は?」と聞いた志田は、奥から現れた栞子に小山清の『落穂拾ひ』が盗まれたと言った。それを聞いた栞子は…。

第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(2) | TrackBack(16) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ビブリア古書堂の事件手帖」いつもみています。すごいおもしろいです。栞子をねらっていた犯人があの人だとはびっくりしました。
早く次みたいです。
Posted by 東 at 2013年02月21日 12:51
コメントありがとうございます。原作もオススメです。
Posted by Dhunting at 2013年03月03日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【ビブリア古書堂の事件手帖】 第1話 初回感想
Excerpt: 古い本の価値というのは様々な要素によって決められています。 例えば… 著者のサインが入っているというのも重要な要素の一つでしょう。 ただし、それが献呈署名である場合は価値を認められないことが..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2013-01-15 00:18

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話の感想
Excerpt: フジテレビ系で放送されたドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話の感想など原作は未読です。ウィキペディアを読むと、テレビドラマ化にあたって原作の設定の改変が行われたようで、原作の濃いファンの方々は不満..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2013-01-15 07:35

ゴリ9「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話★目が虚ろな剛力彩芽
Excerpt: 「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話 偽のサインと古書に秘められた謎 ベストセラーになった軽ミステリを原作にした恐怖のゴリ押し月9『ビブリア古書堂の事件手帖』がいよいよ開幕。 (たまたまなんだ..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2013-01-15 10:28

ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt: 初回の感想 
Weblog: AKIRAのドラマノート
Tracked: 2013-01-15 11:09

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話
Excerpt: 『偽のサインと古書に秘められた謎』 内容 古書の査定のため“ビブリア古書堂”を訪れた五浦大輔(AKIRA) 持ち込んだのは、亡き祖母・絹子が残した“夏目漱石全集” 査定が。。。遅い。。。いらつき始..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-01-15 17:50

ビブリア古書堂の事件手帖はTバックとかOバックとかニップレスとは無関係です(剛力彩芽)
Excerpt: ことわるまでもないだろう。 いや・・・「スマスマ」のSMAPと壇蜜と嗣永桃子の即興風コントがちょっと面白かったものですから〜。 中居「なんか、言いたいことありますか?」 壇蜜「かっこいいポーズを決めて..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2013-01-15 18:14

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話〜1冊の本と向き合うということ
Excerpt:  ミステリードラマはやはり原作を先に読むべきではありませんね。  真相を知っていると、謎解きの面白さが半減してしまう。  原作との設定、構成の違いなどが気になってしまう。  というわけで、今回はビブ..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2013-01-15 19:11

新ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」第1話
Excerpt:   第一話「それから」「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子のもとに、古書の査定のため五浦大輔がやってくる。大輔が持ち込んだのは、亡くなった祖母の蔵書『夏目漱石全集』で、そ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-01-15 19:25

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話「夏目漱石の偽サインに隠された謎」(1)
Excerpt: 本に秘められた物語と謎――。 原作が好評と聞いていたので、楽しみに視聴しました。 面白いですね!  1冊の本から紐解かれていく謎や持ち主の人生。 本の内容だけでなく関わった ...
Weblog: D☆エディション
Tracked: 2013-01-15 20:04

ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第1話...
Excerpt: これから始まるのは、何冊かの古い本と、それを巡る人間の話だ------本に込められた思いや秘密。その謎を紐解く物語。原作は気にはなってましたが、未読でしたので、逆に変な先入観も...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2013-01-15 20:13

dinner一話&ビブリア古書堂の事件手帖一話感想
Excerpt: ■dinner一話ずっと倉科カナのターン(笑)主人公の江口洋介が全然出てこない。。江口はあとで雇われることになるこのイタリアレストランの料理長なので、途中でこのレストランの下見に内緒で客として出てくる..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2013-01-15 20:44

こんな店に入るんじゃなかった
Excerpt: うっちーオーラなさ過ぎシリーズ3巻で累計340万部のベストセラーをドラマ化したビブリア古書堂の事件手帖初回の視聴率は14.3%だった。黒髪の長髪に透き通るような肌をした...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2013-01-15 21:03

こんな店に入るんじゃなかった
Excerpt: うっちー オーラ なさ過ぎシリーズ3巻で累計340万部のベストセラーをドラマ化し
Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機
Tracked: 2013-01-15 21:03

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話:
Excerpt: 夏目漱石の偽サインに隠された意味、そして古書に秘められた謎の真相を解き明かす! イメージ通り!( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤニヤ やっぱ高橋克実さんはこうでなくちゃ!役者さんなので、もちろん色んな役柄を 演..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2013-01-15 21:13

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話
Excerpt: 第1話 「偽のサインと古書に秘められた謎」 五浦大輔(AKIRA)は、亡くなった祖母が読書好きでたくさん本を残していったため、母・恵理(松坂慶子)に頼まれて古本屋に持っていく。
Weblog: emitanの心にうつりゆくもの
Tracked: 2013-01-15 23:39

ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt: 初回が、夏目漱石ってあたり、渋いですよね。 原作ファンの間ではヒロインのキャスティングで、始まる前から「もの申す」と話題になってましたが、ドラマから先に観る分には抵抗ありませんでした。楽しめまし..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2013-01-20 15:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索