2013年01月07日

とんび 第1話

第1話「〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−」2013年1月13日放送

平成10年(1998年)。出版社の徳田書店で働くアキラ(佐藤健)は、小学生学年誌の付録のプレゼンを行うもうまくいかない。

隣の学年誌の付録担当編集に話を聞くと、親に聞いてヒントをもらったという。アキラは机上にある父親・ヤス(内野聖陽)の写真に向かってヒントをくれないかと投げかけるが、もちろんその写真から返答はない。

ふと窓の外に目を移すと2羽のとんびが連れ立って飛んでいた――。

時はさかのぼり、昭和47年(1972年)の晩夏。トラック運転手のヤスはもうじき子どもが産まれることもあり、ご機嫌で歌を歌いながら仕事に励み、大好きな酒や博打も絶っていた。


それでも仕事が終わると姉のような存在のたえ子(麻生祐未)が切り盛りする居酒屋・夕なぎへ行くのがヤスの日課だった。

幼い頃に母親を亡くし、父親にも捨てられた自分にも、今は大好きな妻がいて、子どもが産まれるということに自分自身が照れてしまい、家に帰る前に一呼吸置こうと夕なぎに顔を出すのだった。だが、幼馴染の照雲(野村宏伸)らにからかわれ、短気なヤスはイライラして店を出て行く。

アパートの前に着いたヤスが緊張を振り払おうと咳払いをして階段を上ると、音でヤスが帰ってきたことに気付いた妻・美佐子(常盤貴子)が家のドアを開ける。

家の中には、ちゃぶ台にあふれんばかりのおかずが並べられている。勢い良く食べるヤスを幸せそうに見る美佐子もまた、ヤス同様に幼い頃に両親を亡くし、親戚の家で育てられたため、遠慮して満足に食事ができず、おかずを山ほど並べて家族で食事をすることを夢見ていたのだった。

数日後、2人はヤスの母親のお墓がある薬師院へと向かう。ちゃんと拝む美佐子に対して、ヤスは墓地のはずれでタバコを吸っているだけ。そんなヤスの元へ、照雲の父親で薬師院の和尚・海雲(柄本明)がやってきて「神様にはたくさんの人がお祈りするから忘れられてしまうかもしれない。最後に頼りになるのは身内だけだ」と諭されると慌てて拝むのだった。

その帰り道、階段の上で陣痛が始まり動けなくなった美佐子を、ヤスは抱えて産婦人科に運ぶ。

生まれた子の名前は、小林旭から旭と名付けられる。幼い頃から親というものを知らずに育ったヤスと美佐子は、愛する息子・アキラを必死に育てながら、幸せな日々を噛み締めていた。


そんな温かな年月が3年流れ―― 
アキラが3歳になった頃、休日にヤスが1人で職場で働いていると、「おとしゃんの会社が見たい」というアキラを連れて美佐子がやってくる。

その日の朝、些細な事でケンカをしてしまった3人だったが、そこで「日本中をトラックで一緒に回ろう」と大きな夢を話すのだった。

そして、再び仕事に戻ったヤスだったが、タオルを忘れていることに気付いたアキラがそれを届けようとヤスのもとへ駆け出すと、プラットホームに不安定に積まれた木箱にタオルが引っかかってしまい、アキラの上に積荷が崩れ落ちてくる。

咄嗟にアキラをかばった美佐子は木箱の下敷きになってしまい――。

第2話 2013年1月20日「最愛の決断−」

とんび(TBS版)TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:とんび

『とんび 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

とんび (第1話 初回2時間スペシャル・1/13) 感想
Excerpt: TBSテレビ系ドラマ『とんび』(公式)の第1話『〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−』の感想。なお、重松清氏による..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2013-01-13 23:17

【とんび】第1話 初回感想
Excerpt: これは 僕の父の物語だ。 僕の父と、母と、そして僕の。 とんびとタカが旅をした物語。 とんび 第1話    市川旭は小学生の雑誌付録のプレゼンをしていたが、なかなか上手..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2013-01-14 01:24

とんび
Excerpt: 内野聖陽の不器用な父親、熱演ぶりと、子役の健気な可愛さが印象に残りました。なるほど、大宣伝をうつ気合いに応えられる作品です。 サブタイトル「「〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもな..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2013-01-14 07:16

とんび
Excerpt: 初回の感想
Weblog: AKIRAのドラマノート
Tracked: 2013-01-14 10:38

「とんび」第1回★内野聖陽は常盤貴子のお陰で足の爪が伸びない
Excerpt: 「とんび」第1回 2005年に放映された綾瀬はるか、市原隼人、神木隆之介出演の『あいくるしい』というドラマと肌触りが似てる・・・と思って調べたらプロデューサー石丸彰彦、監督平川雄一朗さんの名前が..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2013-01-14 11:17

とんび 第1話
Excerpt: 『〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜  どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間  …全ての父親に捧ぐ−』 内容 平成10年。 出版社で小学生向け雑誌の付録のプレゼンをする..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-01-15 17:38

とんび 第1話:
Excerpt: 昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜 どうしようもない男が、どうしようもなく妻と息子を愛した30年…全ての父親に捧ぐ 泣ける・・・o(TωT )( TωT)o ウルウル 今までも、何度【とんび】に泣..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2013-01-15 21:20

とんび(1)
Excerpt: 視聴率は 17.0% 〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜 どうしようもない男がどうしようもなく 妻と息子を愛した30年間...全ての父親に捧ぐ-
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2013-01-16 01:16

ドラマ「とんび」 第1話 あらすじ感想「昭...
Excerpt: これは僕の父の物語だ。僕の父と母と、そして僕の。とんびとタカが、旅をした物語----------。日曜劇場だったなぁ。いやぁ、泣けた。久しぶりにドラマ見てボロボロ泣いた。展開も分か...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2013-01-16 09:04

とんび 第1話
Excerpt: 公式サイト 原作:重松清「とんび」(角川文庫)監督:平川雄一朗、山室大輔、中前勇
Weblog: 昼寝の時間
Tracked: 2013-01-16 10:32

とんび【第1回】TBS日9
Excerpt: 〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−  「もとはと言えば…、なんだ…。休みの日に…、会社行ったオレが悪かったんだ…。..
Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記
Tracked: 2013-01-17 16:11

《とんび》☆01
Excerpt: 平成10年(1998年)秋 旭は父親に似てとても不器用で、少年少女用の雑誌の付録を使ってプレゼンして見せたが、見事に撃沈。 空にはなぜかとんびとタカが大きく舞っていた。同僚は、父親にヒントを貰って、探..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2013-01-19 01:43

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索