2012年11月23日

赤川次郎原作 毒<ポイズン> 第9話

ストーリー#09「フリーターが暴力夫を殺すとき」11月29日(木)よる 0:08〜0:48
ラテ欄「急展開!ついに謎の男の正体が暴かれる!純愛と涙の完全犯罪」

  松井(綾部祐二)は直美(臼田あさ美)がいる警視庁に出頭し、捜査に協力するために来たと伝える。皆が混乱する中、新たな死体が出たという通報が入る。それは由美(笛木優子)のマンションで死亡した史郎(小沢和義)だった。透は由美が毒を使った可能性があると疑う。由美は史郎が急に倒れた事から究極の毒が使われたかもしれないと考えていた。翌日、植垣(袴田吉彦)は「俺が君を守る」と由美にやさしい言葉をかける。だが、夫の死にショックを受けている由美の気持ちは複雑だった。直美は松井の取り調べを始め、毒の在り処を訊ねる。松井は自分の偽者が持っていると答える。

  由美が店のクリスマスツリーの飾りつけをしていると早見がやってくる。早見は史郎が死んだ24時間前に店で飲み食いしていた事を思い出し、由美か植垣が究極の毒を使ったと目星をつけていた。早見は警察に言われたくなければ300万円用意しろと由美を脅し、植垣は早見に殺意を抱く。直美が「悪は人の心にある」という松井が以前話していた言葉の意味を訊ねると、松井は人間が善か悪かを実証するための壮大な実験をしている事を明かす。そして、今のところは悪の全勝だと付け加える松井。13年前のストロバキア国立大学の監獄実験で、どんな人間でも一旦、力を持つと途端に悪に変貌する事が証明されたという。松井は完璧な力を持った人間は悪になる事をフィールドワークで証明しようとしていた。

  植垣は早見に究極の毒を飲ませるチャンスを窺い、早見が居酒屋で横の女性と夢中で話している隙に割り箸を毒のついた割り箸とすり替える。この後、直美は松井から自分の偽者が現れた店に犯人がいると教えられて由美の店へ向かう。直美は植垣という新しいバイトがいる事を千葉(渡辺いっけい)に電話で報告。電話を聞いていた松井はその男が犯人だと千葉に教えるが、千葉は松井の言う事を信用せず、自分で探れと直美に命じる。直美は史郎が最近来店したかを確認。植垣は目配せして由美に来た覚えがないと言わせ、由美は植垣に対して不信感を募らせていく。

  翌日、早見は突然苦しみ出して絶命する。そんな中、植垣は由美と翔太を公園に誘う。ビルの屋上では怖がらなかったが、人見知りの翔太は植垣に怯えてしまう。この後、由美は史郎が翔太にはやさしかった事を明かす。翔太もそんな史郎を慕っていたという。松井は直美の顔を見て新たな死体が出たと勘繰り、直美は参考人の早見が死亡した事を打ち明ける。松井は人の心にも善はあると信じる直美にくだらん綺麗事と言い放つ。そして、松井は直美が刑事だった父親の影響を受けた事、その父親が不審死だった事を言い当てる。松井は直美の神経を逆撫でする発言を繰り返し、直美は感情を抑えられずに松井の頬を叩く。この後、千葉は毒の検出方法を問い詰め、松井は犯人に自白させるしかないと答える。

  由美は早見が亡くなった事を知り、周りで不審死が続いている事に不安を抱く。だが、植垣はあんな社会の屑は死んで良かったと言い放ち、由美は最初の時とは別人になっていく植垣に恐怖を感じる。翌日、直美は由美に会いに行き、由美が愛する翔太の大切な父親を殺す事はないと考える。直美は植垣が犯人だと確信し、植垣を自白させるために由美に頼み事をする。スナックバーの閉店後、植垣は今夜こそ部屋に行くと由美に伝える。植垣は殺された2人の関係者が由美に復讐する事を恐れていた。由美に暴力を振るっていた史郎と由美を強請っていた早見。植垣はこの事実を知る者がいれば、由美が2人を殺したと勘違いすると考えていた。植垣は君を守りたいと訴えるが、由美はそんな植垣に怯える。

  植垣は由美と翔太を家まで送り届け、強引に部屋に入ろうとする。由美は植垣を部屋から追い出し、あなたは暴力で人を支配する史郎と一緒だと言い放つ。すると、植垣は由美のために2人を毒殺した事を打ち明ける。だが、由美は翔太が大好きな夫を殺して欲しくなかったと告白。翔太のためなら史郎の暴力にも耐えられたという。その時、直美が由美の部屋に駆けつける。直美は部屋にレコーダーを仕掛けて植垣の自白を録音していた。直美が植垣を捕まえようとすると、植垣は窓から飛び降りて自殺。警察は植垣の周辺を調べるが、究極の毒を見つける事ができない。結局、究極の毒との因果関係がわからないため、拘束されていた松井は釈放される。この後、松井は由美の店のクリスマスツリーに飾られた靴下から毒の瓶を取っていく。それは植垣が由美にプレゼントしたものだった。

第1話 2012年10月4日「男が恋人を殺すとき」ラテ欄「完全犯罪をどうぞ!邪魔な恋人を殺す時」

第2話 2012年10月11日「女がストーカーを殺すとき」ラテ欄「合い鍵で部屋に侵入する変態ストーカー!美人OLが完全犯罪」

第3話 2012年10月18日「刑事が容疑者を殺すとき(前編)」ラテ欄「刑事がまさかの完全犯罪!同じ団地に住む容疑者を密かに殺す」

第4話 2012年10月25日「刑事が容疑者を殺すとき(後編)」ラテ欄「迫るタイムリミット愛娘を救うため刑事は全てを捨て暴走する」

第5話 2012年11月1日「カリスマ主婦が旧友を殺すとき」ラテ欄「セレブ主婦の絶対に隠したい秘密!過去をネタにゆする友殺す」

第6話 2012年11月8日「読者モデルがライバルを殺すとき」ラテ欄「トップモデルが死守する女王の座!密かに後輩モデルを殺す!」

第7話 2012年11月15日「部下が上司を殺すとき」ラテ欄「会社でキス迫る悪魔のセクハラ女性上司!イケメン部下が抹殺」

第8話 2012年11月22日「フリーターが暴力夫を殺すとき」ラテ欄「フリーターが恋した相手は人妻!彼女の為凶暴DV夫を(秘)殺人」

第10話 2012年12月6日「刑事が毒を暴くとき」ラテ欄「ついに最終章突入!完全犯罪を可能にする究極の毒の秘密暴く」

赤川次郎原作毒<ポイズン> TOPへ
各話視聴率へ
2012年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2012年秋ドラマ視聴率一覧へ

『赤川次郎原作 毒<ポイズン> 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2012年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

毒<ポイズン> (第9話 ・11/29) 感想
Excerpt: 日テレ系ドラマ『毒<ポイズン>』(公式)の第9話『フリーターが暴力夫を殺すとき』『(ラテ欄)急展開!ついに謎の男の正体が暴かれる!純愛と涙の完全犯罪』の感想。なお、赤川次郎氏による原作小説は未....
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-11-30 14:09

赤川次郎の毒<ポイズン> 第9話
Excerpt: 松井(綾部祐二)が、直美(臼田あさ美)のいる警視庁に出頭して来ます。 彼は捜査協力に来たと言いますが・・・ みんなが混乱する中、新たな死体が出ます。 由美(笛木優子)の夫・史郎(小沢..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2012-11-30 17:09

毒<ポイズン> 第9話
Excerpt: 『フリーターが暴力夫を殺すとき2』 「急展開!ついに謎の男の正体が暴かれる!純愛と涙の完全犯罪 内容 突如、松井(綾部祐二)が、直美(臼田あさ美)の前に現れた。 「あなたが会いたがったからですよ」..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-11-30 17:55

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索