2012年11月02日

赤川次郎原作 毒<ポイズン> 第6話

ストーリー#06「読者モデルがライバルを殺すとき」11月8日(木)よる 23:58〜0:38
ラテ欄「トップモデルが死守する女王の座!密かに後輩モデルを殺す!」

  わずか一滴で人を死に至らしめ、どんな科学捜査をしても絶対に検出されない毒薬。しかも効き目は24時間後に現われる。そんな完全犯罪を約束する究極の毒薬があるとネットで噂になっていた。

  今最も旬な読モランキングで1位の人気読者モデルの牧本弥生(中別府葵)。ファンが心の支えになっていて、中でも『fan』は特別な存在だった。顔も本名も知らないが、ずっと弥生を応援する『fan』のWEBサイトへのコメントはいつも的を射たものだった。そんな弥生は自分に憧れて事務所に入ってきた後輩モデル、南星久美子(岡本玲)の存在に脅威を感じる。

  ある日、弥生は毎年やっているCMの仕事を久美子がやる事になったとマネージャーの大杉(徳山秀典)に教えられてショックを受ける。弥生は大杉にほのかな恋心を抱いていた。直美(臼田あさ美)は透から松井(綾部祐二)の同僚、ミハエル・カバリロフの消息がわかったと報告を受ける。カバリロフは10年前に心臓麻痺で死亡していた。そして、2人がストロバキア国立大学監獄実験に参加していたという新たな情報を掴む。

  間近に迫ったガールズ・コレクションに出演する弥生と久美子は揃って雑誌記者の取材を受ける。この時、弥生は今最も旬な読モランキング1位の座を久美子に奪われた事を知る。その帰り道、弥生は松井に声をかけられる。松井は究極の毒薬の説明をした後、毒薬を弥生に渡して去っていく。翌日、弥生は『fan』からもらったメールを確認。そこには「もしどうしようもなく困ったら…」という言葉と共に電話番号が書かれていた。

  弥生が思い切ってその番号に電話をかけるとボイスチェンジャーで声を変えた『fan』が出る。『fan』は弥生が久美子の事で悩んでいると察し、このままでは久美子に取って代わられてしまうと忠告。そして、弥生は『fan』からスキャンダルがあれば久美子に勝てると助言され、若い男性と手を繋いだデート写真をでっちあげる。スポーツ紙に大きく掲載されれば人気を取り戻せると考える弥生だったが…。後日、弥生はスポーツ紙を見て凍りつく。そこには久美子のセクシー写真が大きく掲載され、弥生の熱愛記事は小さな扱いになっていた。

  この後、弥生は街中で腕を組んで歩く大杉と久美子を見かけて動揺する。その日の夜、『fan』から「自分の爪を見ろ このままじゃモデル廃業だ」というメールが届く。イライラすると爪を噛んでしまう弥生は傷だらけの爪を見て悲鳴を上げる。弥生はとうとう久美子を殺害する事を決意する。翌日、弥生はスタジオの控室にいる久美子に毒薬を一滴垂らしたプリンを差し入れする。スタッフに呼ばれた久美子は撮影後に食べると約束する。夜、事務所にやってきた弥生は久美子と腕を組んでいる所を見たと大杉に伝える。弥生はふざけただけと言い訳する大杉に「証明して」とキスを迫り、大杉は言われた通り、弥生にキスをする。

  翌日、弥生が久美子と一緒に仕事をしている時に24時間が経過。その時、苦しみながら絶命したのは久美子ではなく、なぜか大杉だった。捜査を開始した直美は今回の事件も例の毒薬が絡んでいると睨む。弥生がプリンの事を訊ねると、久美子は大杉にプリンを食べさせてあげたと答える。久美子は自分に夢中な大杉に私を本気にさせたいなら先輩にキスしてあげなさいと命令したと弥生に告げる。

  弥生が怒りを覚えながら部屋を出ていくと、直美が後を追いかけてくる。直美は大杉が食べたプリンについて弥生に訊ねる。直美は弥生がプリンに毒薬を入れたと考えていて、本当は久美子の命を狙っていたと推理する。弥生は犯行を否定するが、直美はまだ弥生は諦めていないと考える。そしてガールズ・コレクションの出場者の発表を翌日に控えた日の夜、バーにいた弥生は『fan』から電話をもらう。明日発表される出場者に弥生の名前は無いという。久美子が「弥生が出るなら私は出ない」と訴えた事が原因だった。

  『fan』は久美子がいる限り、弥生は存在できないと伝え、今夜、久美子が事務所で寝ている事、台所にナイフがある事を教える。狂ったファンに襲われたと言えば誰も疑われないと暗に殺害を促す。『fan』が電話を切った後、弥生がふと横を見ると隣に松井が座っていた。松井は毒を回収させてもらったと弥生に伝える。弥生がバッグの中を探ると、すでに毒はなくなっていた。この後、弥生は事務所で寝ている久美子に襲い掛かる。

  だが、布団に寝ていたのは人に見せかけたダミーだった。そこに久美子が現れ、『fan』の正体は自分だと驚愕の事実を弥生に明かす。久美子は弥生の事がずっと好きだったが、これからは私自身が弥生にとって代わると宣言。弥生は狂気にかられてナイフを振りかざす。そこに千葉(渡辺いっけい)と直美、透が飛び込んでくる。何者かが警察に通報していたのだ。弥生は精神を病んでしまい、引退へと追い込まれる。後日、直美は毒を使った可能性のある人たちの共通点を調べれば松井の狙いがわかるかもしれないと考えて…。


第1話 2012年10月4日「男が恋人を殺すとき」ラテ欄「完全犯罪をどうぞ!邪魔な恋人を殺す時」

第2話 2012年10月11日「女がストーカーを殺すとき」ラテ欄「合い鍵で部屋に侵入する変態ストーカー!美人OLが完全犯罪」

第3話 2012年10月18日「刑事が容疑者を殺すとき(前編)」ラテ欄「刑事がまさかの完全犯罪!同じ団地に住む容疑者を密かに殺す」

第4話 2012年10月25日「刑事が容疑者を殺すとき(後編)」ラテ欄「迫るタイムリミット愛娘を救うため刑事は全てを捨て暴走する」

第5話 2012年11月1日「カリスマ主婦が旧友を殺すとき」ラテ欄「セレブ主婦の絶対に隠したい秘密!過去をネタにゆする友殺す」

第7話 2012年11月15日「部下が上司を殺すとき」ラテ欄「会社でキス迫る悪魔のセクハラ女性上司!イケメン部下が抹殺」

赤川次郎原作毒<ポイズン> TOPへ
各話視聴率へ
2012年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2012年秋ドラマ視聴率一覧へ

『赤川次郎原作 毒<ポイズン> 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2012年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

毒<ポイズン> 第6話
Excerpt: 『読者モデルがライバルを殺すとき 「トップモデルが死守する女王の座!密かに後輩モデルを殺す! 内容 読者モデルの牧本弥生(中別府葵)は、 自分に憧れ入ってきた後輩の南星久美子(岡本玲)に脅威を感じ..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-11-09 17:35

毒<ポイズン> (第6話 ・11/8) 感想
Excerpt: 日テレ系ドラマ『毒<ポイズン>』(公式)の第6話『読者モデルがライバルを殺すとき』『(ラテ欄)トップモデルが死守する女王の座!密かに後輩モデルを殺す!』の感想。なお、赤川次郎氏による原作小説は....
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-11-10 07:17

赤川次郎の毒<ポイズン> 第6話
Excerpt: 今、最も旬な読モランキングで1位の人気読者モデルの牧本弥生(中別府葵)は、ファンが心の支えになっていました。 特に『fan』は特別な存在になっていました。 顔も名前も知らないけど、ずっと弥..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2012-11-10 15:25

ドクターX 外科医・大門未知子第3話 & 毒 ポイズン第6話(11.8)
Excerpt: ・ドクターX 外科医・大門未知子第3話 クレーマー患者がモンスター化しないよう 帝都医科大学付属第三病院がコンプライアンス強化に力を入れる中、 料理研究家花山三恵@平岩紙が食道がんで入院、 手料理を「..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2012-11-11 03:17

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索