2012年10月29日

宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」 第5話

第5話「妻に捧げた物語…人気脚本家が落ちた罠!!少女の真実」11月5日放送

人気のない路上で、男(伊吹吾郎)が傷だらけの少女に「しばらくの辛抱だよ、俺が父親の代わりになるから…」と、いいながら車のトランクへと隠した。
蓮見探偵事務所の所長・杏子(財前直見)がハマって見ている脚本家、御園雅人(菅原大吉)が書いたテレビドラマの1シーンだ。

ドラマを楽しんでいたのもつかの間、高校の文化祭で展示する絵を描くため遅くなると言っていた次女の糸子(高橋春織)が帰って来ない。
しかし、高校は夜の10時頃には出ているというが、携帯は繋がらない。
蓮見家が集うバー「ラ・シーナ」にいるのでは?と、加代子を伴って店を訪ねてみるのだがマスター・椎名(寺脇康文)も知らないという。

深夜になり、痺れを切らした加代子(瀧本美織)が外へと探しに出ようとしたとき、糸子が進也(中川大志)と肩を寄せ合いながら店へと帰って来た。
どうやら無事な様子だが、未成年2人の行動としては問題だ。
糸子に事情を聞くと、帰る途中、車のトランクに隠れてる少女(熊田胡々)を見かけ、危ないから注意しようとしたら何者かにスタンガンらしきもので襲われ、倒れていたところを進也に助けられたという。

腑に落ちないのは杏子と加代子だ。さっき観たばかりのテレビドラマとまったく同じような内容だったからだ。
糸子の話を信じようとしない母・杏子と姉・加代子に、今度は進也が痺れを切らし「襲った犯人を捕まえる」と啖呵を切る。

そんな折、翌日、蓮見探偵事務所にやって来た御園明子(杉田かおる)の依頼は、糸子が巻き込まれた事件に類似したドラマを書いた脚本家・御園雅人の浮気調査だった。
ドラマのストーリーは、妻に捨てられた夫が、家庭内暴力に苦しむ少女と出会い、擬似親子愛を深めて、自分の人生を捧げるという内容。
まるで妻へのあてつけの様な内容の脚本に加え、「このドラマが私の全て」と雑誌の取材でも語っている夫・雅人。

長い間子宝に恵まれず別居状態の妻・明子が不満を持っていたことと、夫の携帯電話に「みずえ」という知らない女の着信履歴があったことに加え、多額の貯金を下ろしていることから、雅人が女に貢いだのではとの疑問を持っているという。

明子は明子で専業主婦でありながら家事はせず、ハウスキーピング会社に頼りきりで外食ばかり。既に離婚話も持ち上がっているため、どうせ別れるなら慰謝料を多くとるために浮気の証拠は揃えておきたいというのが依頼の動機だ。

そこで蓮見探偵事務所では、加代子が明子から依頼された調査を担当し、ベテランのミミさんこと三浦美智子(根岸季衣)が糸子と進也の調査をバックアップすることになった。
糸子たちは、少女が隠れていた車の持ち主・植草篤(モロ師岡)をつきとめ、その行動を追う。
ところが、スクープ雑誌の編集者・松井千鶴(笠木泉)の死と、脚本家・御園雅人が謎の自殺をしたことで浮気調査の必要が無くなってしまった。
依頼が取り下げられれば、探偵事務所は調査出来なくなるのだが…。

第1話 2012年10月8日「死体が消えた!?残酷な嘘…女性探偵が追う悲しい真実」
第2話 2012年10月15日「連続動物虐待とホームレス殺人!心の闇と家族の涙」
第3話 2012年10月22日「24年後の脅迫!狙われた過去…母が隠す娘の秘密とは」
第4話 2012年10月29日「命を賭けた涙の贖罪金で幸せを買った白い騎士とは?」
第6話 2012年11月12日「殺人犯を愛してしまった女…許されぬ恋の結末は!?」

宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」 TOPへ
各話視聴率へ
2012年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2012年秋ドラマ視聴率一覧へ

『宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2012年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー (第5話 ・11/5) 感想
Excerpt: TBS系ドラマ『宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー』(公式)の第5話『妻に捧げた物語…人気脚本家が落ちた罠!!少女の真実』の感想。 なお、宮部みゆき氏の原作小説『パーフェクト・ブルー』と..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-11-06 09:43

宮部みゆきミステリー『パーフェクト・ブルー』#5
Excerpt: 『妻に捧げた物語…人気脚本家が落ちた罠!!少女の真実 内容 御園雅人(菅原大吉)脚本のテレビドラマを堪能する杏子(財前直見) そこに、加代子(瀧本美織)が帰宅し、杏子の様子に呆れかえるが、 ふと..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-11-06 17:39

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索