2012年10月18日

孤独のグルメSeason2 第2話

2 中央区日本橋人形町の黒天丼 10月17日放送
ラテ欄 発見“人情の町…人形町”路地裏(秘)てんぷら屋!!謎のサクサク黒天丼&限定かき揚&ぜんざい

井之頭五郎(松重豊)はその日、仕事の合間に日本橋人形町を訪れた。
仕事で知り合ったフィンランド人の女性、ジョゼフィーヌがおめでたと知り、安産祈願・子授けで有名な水天宮で、腹帯を買うためだ。他にも日本通のジョゼフィーヌは五郎にプレゼントのリクエストをしていた。
「ダーリンのオフィス二、ジャパニーズカルチャー、カンジルモノオネガイネ」

人形町の町を歩くうちに甘酒横丁に入ると、「お茶屋・森乃園」が。
お茶と急須もありか?などと考えながら2階の甘味処で、「抹茶ぜんざいの冷やし」とほうじ茶で一人作戦会議。カップルや女性客たちを横目で見つつ…。

その後つづら店や工芸日用品等を見るが、どうもピンとこない。
その時、楽器店の方から三味線の音色が。いい音だ…。
五郎はふと、サクッと揚がった天ぷらが食べたくなり、人形町中を探し、やっと天ぷら屋「中山」を見つけた。
「めごちに、はすと、玉ねぎを…あとおしんこを…」

そんな時、隣の客に真っ黒な天丼が出された。
癖になると言いながら食べる客を見て、思わず五郎も追加で頼んでしまうのだった。

第1話 2012年10月10日「神奈川県川崎市新丸子のネギ肉イタメ」
第3話 2012年10月24日「中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯」

孤独のグルメ TOPへ
2012年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2012年秋ドラマ視聴率一覧へ

『孤独のグルメSeason2 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

孤独のグルメ Season2 (第2話・10/17) 感想
Excerpt: テレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ Season2』(公式)の第2話『中央区日本橋人形町の黒天丼』の感想。なお、Season1(2012年)は全話鑑賞済み 学生時代を思い出す… ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-10-25 10:04

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索