2012年10月03日

眠れる森の熟女 第6話

第6回「千波さんは今、恋をしています」
ラテ欄「自分で傷つくのが怖いんでしょ…もう、前と同じ気持ちには…」

総合テレビ・2012年10月9日(火)午後10時55分放送。
定時の再放送は、毎週月曜午前0時40分(日曜深夜)から放送。

 千波(草刈民代)と直に会ってしまったことで、春子(森口瑤子)は、浩史(羽場裕一)への気持ちに悩み出していた。そこで、京子(磯野貴理子)に相談をもちかける。しかし、京子は、それならばと、春子を千波のアパートに連れてきてしまい、3人で話すことになる。春子は、浩史と距離を置こうと考えていると話す。だが、千波は、いつも手紙で励ましてくれる見知らぬ人に心が傾いており、浩史への思いはすっかり冷めてしまったと告白する。千波に好きな人が出来たことを知った浩史は、急に千波のことが気にかかり始める。

一方、祐輔(瀬戸康史)は、ホテルグループの後継者としての地位が危うくなりだしていた。父・諒一(榎木孝明)の冷徹さに、とうとう祐輔は、自分を繕うことが出来ず泣き崩れてしまう。偶然、その場に居合わせた千波は、優しく祐輔を抱きしめる・・・。

第1話 2012年9月4日「数十年遅れの王子様?」 ラテ欄「夫は幼なじみと不倫・失意の主婦が出会ったのは年下のホテル王」
第2話 2012年9月11日「あなたと私が思い描いてたもの」 ラテ欄「すれ違うあなたと私の思い最後の手紙〜46歳ひとりは怖い
第3話 2012年9月18日「王子様は、二重人格」ラテ欄「ほかの女の男〜まただまされる人がいる…悲劇の主人公みたいな顔するな」
第4話 2012年9月25日「女の人生、やり直せますか?」ラテ欄「女の人生やり直せますか?夫の不倫相手とホテル客室で」
第5話 2012年10月2日「鎧(よろい)を脱いで」ラテ欄「もうあの人と関わるのは、やめにします…女の仁義キレイごと」
第7話 2012年10月16日「女の勘」ラテ欄「奇跡みたいな出会いなんて、この年になったらもうないのかな」

眠れる森の熟女 TOPへ
各話視聴率へ
2012年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2012年夏ドラマ視聴率一覧へ

『眠れる森の熟女 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索