2012年09月12日

リッチマン、プアウーマン 第11話(最終話)

2012.9.17 Mon On-Air Story#11「最終回・君のもとへ…二人の未来」

「NEXT INNOVATION」に戻った日向徹(小栗旬)は、会社の変わり果てた光景に言葉を失うも、山上芳行(佐野史郎)に感謝の言葉をかける。そして、職場に復帰した朝比奈燿子(相武紗季)にも会うと、拘置所の朝比奈恒介(井浦新)に再度面会を断られたと話す。そんな日向に燿子は、夏井真琴(石原さとみ)に気持ちを伝えたのか、と聞くが、日向は否定。真琴がそばにいたのは、全てを失っていた自分への同情心からだ、と言って燿子を呆れさせる。

その頃、研究所にいた真琴は、勤務地がブラジルになったと伝えられる。

「NEXT INNOVATION」社長に復帰した日向は会見を開く。その模様を見た真琴は、思わず会社に来てしまい、会うのを避けていた日向に遭遇する。久しぶりの再会にも素直になれないふたりは、ぎこちない様子で近況報告をしあう。会社の厳しい現状に、今度ばかりは打つ手がないかもしれない、と言う日向。真琴は、朝比奈が戻るまで頑張れ、と励まし、自分のブラジル行きを報告する。ショックを受ける日向に真琴は、わざと張り切った様子を見せる。

そんな折、朝比奈はついに日向の面会を受け入れる。日向が、依然倒産の危機にある「NEXT INNOVATION」の社長に復帰したことを知り、会わずにはいられなかったのだ。朝比奈は、対峙した日向に謝罪し、「NEXT INNOVATION」を棄てろ、と言うが、日向は絶対になくさないから帰って来い、と朝比奈に言い切った。

その後、日向は真琴に電話をかけ、会社に来てみないか、と誘うが、真琴は仕事が忙しいからと断る。仕事が終わってからでいい、自分もずっとここにいるから、と粘る日向に、真琴は迷いつつも行く、と約束する。しかし、朝になっても真琴は現れなかった。そこへ真琴から電話があり、行かなかったのは、日向が好き過ぎて会うのが辛いからだと言った。そして、もう会いたくない、と電話を切ってしまう。

日向は拘置所に朝比奈を訪ねると、好き過ぎて辛いとはどういうことなのか、と尋ねる。笑顔を見せた朝比奈は、お前の気持ちが知りたいということだ、と説明してやる。
山上とともに「JIテック」にやってきた日向は、幹部社員たちを前に、成果はすべて「JIテック」に渡すからパーソナルファイルを作らせてほしい、と頭を下げる。資金はどうするのかと聞かれると、日向は50億円を出してくれ、と言い放つ。その提言に興味を示した社長・宇田川(石坂浩二)は、パーソナルファイルの運用実験に成功すれば、金を出す、と約束した。

制作期間2週間というタイムリミットに「NEXT INNOVATION」の社員たちが右往左往する中、安岡倫哉(浅利陽介)らが戻ってくる。日向はその心意気を嬉しく思う。

同じ頃、真琴は小野遙香(野村麻純)とともに、アパートを引き払う準備をしていた。

パーソナルファイルの運用実験を成功させ資金調達が出来た「NEXT INNOVATION」では、祝賀会が開かれることになった。燿子や乃木湧太(丸山智己)がケータリングで料理を振る舞い盛り上がる中、日向は真琴がいない寂しさを感じる。そして、「Wonder Wall」やアパートに真琴を探しに行くが、真琴の姿はなかった。真琴はブラジルに立つため空港へ向かっていた。

社員たちの協力で情報を得た日向は、空港に駆けつけ、真琴を見つけ出す。そして、好き過ぎて辛い、とはどういうことだ、好きなら側にいればいい、と平然と言う。それを聞いた真琴は、人にはあれこれ指示するのに、自分の気持ちを言わないのはバカだ、と怒りをあらわにする。やがて心を決めた日向は、お前のことが好きだから、自分の側にいろ、と告白した。そして、ブラジルが地球の裏側であろうとも、自分の技術でその距離をなくすほど近く感じさせてやるから、ブラジルへ行け、と言った。そう言われ言葉をなくした真琴に、それでもキスはできないから、とキスをした。

そこから1年9ヵ月後、ついに朝比奈が「NEXT INNOVATION」に戻ってきた。再起を祝い、日向と朝比奈は拳をぶつけ合った。

その後、帰国した真琴が「NEXT INNOVATION」に現れた。突然のことに驚きつつも、おかえり、と笑顔で迎えた日向。ふたりはしっかりと抱き合い…。

第1話 2012年7月9日「資産250億の男と就職難民女の最低最悪の出会い」
第2話 2012年7月16日「動き始めた運命 嘘つきは恋の始まり」
第3話 2012年7月23日「明かされた過去 恋が壊れるとき」
第4話 2012年7月30日「キスでよみがえる、忘れられた恋」
第5話 2012年8月6日「あなたを支えたい…二人で迎えた朝」
第6話 2012年8月13日「消えた三千億円そのとき君はいない」
第7話 2012年8月20日「社長交代…!?さようなら愛しき人」
第8話 2012年8月27日「全てを捨てて君と…明日への旅立ち」
第9話 2012年9月3日「私を信じて!あなたの壁を壊したい」
第10話 2012年9月10日「あふれる想い…私たちが出した答え」

リッチマン、プアウーマン TOPへ
各話視聴率へ
2012年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2012年夏ドラマ視聴率一覧へ

『リッチマン、プアウーマン 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2012年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リッチマン、プアウーマン (第11話 最終回・9/17) 感想
Excerpt: フジ系ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(公式)の最終回『最終回・君のもとへ…二人の未来』の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読ま..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-09-18 07:24

リッチマン、プアウーマン#11(最終話)小栗旬「地球の裏側、それが何だ」
Excerpt: リッチマン、プアウーマン#11(最終話) 「君のもとへ…二人の未来」 ハッピーエンドで、画面の右隅に「See you again」とテロップが出て終わりました・・・。 −◆− さて、天才IT技..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2012-09-18 12:45

リッチマン、プアウーマン 最終回(第11話)の感想
Excerpt: フジテレビ系で放送された「リッチマン、プアウーマン」最終回(第11話)の感想など最終回・君のもとへ…二人の未来NEXT INNOVATIONの”代表取締役”に復帰した日向徹(小栗旬さん)。取締役になる..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-09-18 13:30

【リッチマン、プアウーマン】第11話 最終回統括感想
Excerpt: 教えてくれか。 もう…そんなふうに聞かれるなんてないと思ってたよ。 夏井さんが来て、お前は俺の言うこと聞かなくなった。 俺は嫉妬したんだな。彼女に。 お前に失望したと言われたときはショック..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2012-09-18 16:59

リッチマン、プアウーマン 第11話(最終回)
Excerpt: 『最終回・君のもとへ…二人の未来』 内容 ネクスト・イノベーションに戻ることを決めた日向(小栗旬) が。。。その変わり果てた状態に唖然とするしかなかった。 一方、真琴(石原さとみ)は、研究所で働く..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-09-18 17:38

リッチマン、プアウーマン 最終話
Excerpt: 最終話 「君のもとへ…二人の未来」 日向徹(小栗旬)は「NEXT INNOVATION」の代表取締役に復帰。
Weblog: emitanの心にうつりゆくもの
Tracked: 2012-09-18 23:18

リッチマン、プアウーマン 最終話:君のもとへ…二人の未来
Excerpt: お勤めご苦労さまでした∠( ̄∧ ̄)ビシッ 朝比奈さん、実刑食らっちゃったみたいだけど、出所後は無事にNEXT INNOVATIONに復帰。 日向や社員に遠慮して拒んじゃったりしないかな〜と心配したけ..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2012-09-19 10:58

リッチマン、プアウーマン(終)
Excerpt: 視聴率は 13.2%・・・前回(15.8)より 最終回・君のもとへ・・・二人の未来
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2012-09-19 11:06

リッチマン、プアウーマン最終回&息もできない夏最終回感想
Excerpt: ■リッチマン、プアウーマン最終回このドラマの最終回は完全なる恋愛もの。。今まで恋愛パートが若干少なめだったように思われるこのドラマも、前回の最後からやたら恋愛モードだ。しかもベタ(笑)主人公である小栗..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2012-09-19 22:22

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索