2012年08月23日

京都地検の女 第8シリーズ 第7話

第7話「娘から母への脅迫状移動した死体の謎!!」(2012.08.30放送)

レコードショップで女性バイオリニストのポスターにスプレーペンキを噴射した女・後藤咲子(笛木優子)が逮捕された。だが、なんと彼女はそのポスターのバイオリニスト・後藤宏子(多岐川裕美)の娘だとわかる。

 店側が被害申告を取りやめたため、事件としては扱わないこととなったのだが、鶴丸あや(名取裕子)は、その後藤母娘のことで京都地検刑事部部長の高原純之介(蟹江敬三)から相談を受ける。

 実は高原は、世界的なバイオリニストである宏子と同級生で、宏子によると、スプレー事件の前にも咲子から「お前の指を叩き折る」という物騒な脅迫状が届いていたという。咲子は長年に渡って母の身の回りの世話を担当、演奏ツアーにも同行してきたが、先月、急に家を出てコンビニエンスストアで働きはじめたらしい。

 脅迫状に、スプレー事件…。咲子の行動がエスカレートしていることに危機感を抱いたあやは、おせっかいは承知の上で彼女に会う。しかし、咲子は母親のことを「あの人は怪物だ」とつぶやくだけ…。

 その後、宏子を直撃すると、宏子は、咲子に交際相手が出現したことがきっかけで、母娘間がもめるようになったと白状する。咲子がつきあっていたのは、音楽大学で助手を務める評論家・前川春樹(山田アキラ)で、宏子は前川に「咲子と別れてくれたら教授に推薦する」などとプレッシャーをかけたという。あやは宏子の横暴ぶりにあきれるが、マネージャー・鈴木幸彦(山上賢治)によると、宏子はとても繊細なアーティストで、咲子はそんな母親を甲斐甲斐しく支えてきたという。

 そんな中、前川がマンションの自室で死体となって見つかり、事件当日のエレベーターの防犯カメラに咲子が映っていた事実が浮上。さらに、あやはその防犯カメラ映像に、宏子の姿を発見する…。

第1話 2012年7月5日 2時間スタート夢の競演SP「逮捕=99.9%の有罪率が生んだ悲劇…命を狙われた女検事の過去!おみやさんと主婦の勘が暴く真実!!」
第2話 2012年7月26日「老紳士の恋と偽りの涙…不正受給の謎!!」
第3話 2012年8月2日「京都西陣赤い帯の罠二度死んだ婚約者!!」
第4話 2012年8月9日「死体なき殺人の謎!!DNA不一致の罠…」
第5話 2012年8月16日「女系家族の罠!!孫を誘拐した33歳の祖母」
第6話 2012年8月23日「ぬか漬女と香水女!!サギ師に心奪われて」
最終話 2012年9月6日「冤罪の罠に落ちた主婦のカン!!鶴丸あや…最後の危機」

京都地検の女 TOPへ
各話視聴率へ
2012年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2012年夏ドラマ視聴率一覧へ

『京都地検の女 第8シリーズ 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都地検の女(8)第7話
Excerpt: 『娘から母への脅迫状移動した死体の謎!!』 内容 あるCDショップで、 女性バイオリニストのポスター、CDにスプレーを吹きかける事件が起きる。 すぐに後藤咲子(笛木優子)が逮捕され、池内(益岡徹)..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-08-31 18:12

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索