2012年07月26日

京都地検の女 第8シリーズ 第3話

第3話「京都西陣赤い帯の罠二度死んだ婚約者!!」(2012.08.02放送)

 愛人の存在をスクープされたばかりの衣料品メーカー社長・山田富彦(加藤重樹)が後頭部を石で殴打され、負傷する事件が発生。鶴丸あや(名取裕子)のもとに、被疑者の野崎文夫(神保悟志)が送致されてきた。

 野崎は山田の密会現場を写真に撮り、数回にわたって彼を脅迫。途中から支払いを拒まれた腹いせに写真を週刊誌に売りつけたあげく、被害者を襲ったと、警察で供述していた。

 だが、あやの取り調べでは、山田から金を脅し取ったことは認めたものの、襲ったのは自分ではないと、犯行を否認。事件の1週間前、柳の柄のネクタイをしめた謎の男に尾行されたと話し、その男を捜してくれと言い出す。

 謎のネクタイの男を捜す一方、あやは凶器の石から繊維片が見つかったことに注目。犯行の前に何らかの布で石をくるんでいたと考えられ、犯人に殺意があったのか疑問を持つ。

 まもなく野崎を尾行したのは、西陣織の工房の社長・瀬戸恭一郎(大沢健)とわかる。瀬戸は、山田のもとを訪ねた際に野崎に遭遇したことを認め、8年前、自分の婚約者の春田美津子(原田夏希)を奪った男に野崎がとてもよく似ていたため、思わず後をつけたと打ち明ける。

 そんなとき、あやのもとに、女の声で「事件と関係ないことを調べると、火傷するわよ」という電話が入り、実際に放火事件が起きる。責任を感じて落ち込むあやだったが、成増警部補(寺島進)は、あやに電話をした女が、野崎の元恋人・結城里奈(雛形あきこ)であることを突き止める…。

第1話 2012年7月5日 2時間スタート夢の競演SP「逮捕=99.9%の有罪率が生んだ悲劇…命を狙われた女検事の過去!おみやさんと主婦の勘が暴く真実!!」
第2話 2012年7月26日「老紳士の恋と偽りの涙…不正受給の謎!!」
第4話 2012年8月9日「死体なき殺人の謎!!DNA不一致の罠…」

京都地検の女 TOPへ
各話視聴率へ
2012年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2012年夏ドラマ視聴率一覧へ

『京都地検の女 第8シリーズ 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都地検の女(8)第3話
Excerpt: 『京都西陣赤い帯の罠二度死んだ婚約者!!』 内容 あや(名取裕子)のもとに野崎文夫(神保悟志)が送致されてくる。 衣料品メーカー社長・山田富彦(加藤重樹)を女性との密会で脅迫。 被害者から支払いを..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-08-03 17:28

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索