2012年07月05日

京都地検の女 第8シリーズ 第2話

第2話「老紳士の恋と偽りの涙…不正受給の謎!!」(2012.07.26放送)

 三条署を訪ねた鶴丸あや(名取裕子)は、篠原功一郎(宝田明)という高齢の男性が池内刑事(益岡徹)にくってかかっているところを目撃した。先週、ひとり暮らしの女性・北川サキ子(水野久美)がアパートの自室で一酸化炭素中毒のため死亡しているのが発見され、状況から"練炭自殺"と思われたのだが、篠原は毎日、三条署を訪れては「彼女は自殺ではない、事故だ」と強硬に主張しているのだという。興味を持ったあやは篠原に声をかけてみるが、彼は「検事さんには関係ない、放っておいてくれ」と素っ気ない。

 ところが翌日、突然、篠原があやのもとを訪ねてきた。篠原は半年前にサキ子と知り合い、彼女を愛していたと告白。亡くなる前日まで、楽しげに趣味の社交ダンスの話をしていたサキ子が自殺するわけないと話す。

 そんな中、聞き込みのため、サキ子が時折、デイサービスに通っていた施設を訪れた成増警部補(寺島進)は、その施設に父親を預けているという女性・大久保弥生(小柳友貴美)から、介護士の峰山明信(山口翔悟)が入居者に暴力を働いているという告発を受ける。そして内偵の末、峰山を傷害容疑で逮捕する。

 すると今度は、篠原は「峰山くんはやさしい青年だ!」と、峰山の無実を訴えて三条署に日参するようになった。まもなく峰山があやのもとに送致されてくると、篠原はあやに峰山のアリバイを証言するのだが…!?

第1話 2012年7月5日 2時間スタート夢の競演SP「逮捕=99.9%の有罪率が生んだ悲劇…命を狙われた女検事の過去!おみやさんと主婦の勘が暴く真実!!」
第3話 2012年8月2日「京都西陣赤い帯の罠二度死んだ婚約者!!」

京都地検の女 TOPへ
各話視聴率へ
2012年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2012年夏ドラマ視聴率一覧へ

『京都地検の女 第8シリーズ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都地検の女(8)第2話
Excerpt: 『老紳士の恋と偽りの涙…不正受給の謎!!』 内容 調書の日本語がなってないと、三条署にやってきたあや(名取裕子) 成増警部(寺島進)に注意をしていたところ、近くで騒ぎが起きていた。 篠原功一郎(宝田..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-07-27 17:53

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索