2012年06月19日

リーガル・ハイ 第11話(最終話)

vol.11「内部告発者を不当解雇から救え!!最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!」2012年6月26日 21:00〜21:54

古美門研介(堺雅人)のもとを去った黛真知子(新垣結衣)が、古美門法律事務所を訪れる。1年ぶりの再会に花を用意し、黛を歓迎する古美門。以前とは異なり、口調も穏やかに黛と世間話をする。

黛は現在、黛法律事務所を立ち上げ、個人で仕事をしていると言う。今回、古美門のもとを訪ねたのは、彼女が準備している訴訟を共にやらないかとの相談だった。黛の依頼者は、八木沼佳奈(田畑智子)。佳奈は1年前の仙羽化学の公害訴訟で、古美門と黛に協力して裁判で証言している。そして、その後、仙羽化学のライバル社・フロンティアケミカルラボにヘッドハンティングされていた。

ところが、佳奈は長期間、会社に飼い殺された挙句、解雇されてしまった。仙羽化学とフロンティアケミカルラボはライバル関係と見なされている。だが、両社の社長は大学の先輩と後輩という間柄で、仙羽化学が佳奈に報復人事を行った疑いがあるのだ。黛は両社を訴えるという。黛は「一緒にやるべき仕事」だと力説するが、古美門はスケジュールがないと断った。

初公判で黛は、我が目を疑う。なんと、古美門がフロンティアケミカルラボの顧問弁護士として現れたのだ。こうして、古美門対黛の争いが始まる。

古美門を相手にする黛は苦戦を強いられる。早速、和解を勧める古美門だが、黛に応じる気はない。黛は服部(里見浩太朗)のアドバイスで、以前、古美門と闘った弁護士や検事たちに意見を求める。また、黛は仙羽化学の顧問弁護士、三木長一郎(生瀬勝久)を味方につけることにも成功した。黛は、訴えをフロンティアケミカルラボに絞ることで、裁判を圧倒的有利に持ち込む。すでに、仙羽化学社長の池部拓郎(神保悟志)も味方になってくれると思いこんだのだが…。古美門はすでに池部にくさびを打っていた。最後の詰めで、黛は古美門に負けてしまった。

素直に負けを認める黛。だが、黛には古美門と三木の因縁に決着をつけたいと思っていた。亡くなった沙織のためにも…。2人の因縁は新薬を巡る訴訟にあった。裁判で勝つために行った投薬実験で沙織は亡くなって…実は、沙織は実験用のハムスター。世話をするうちに情の移った古美門と三木の投薬実験を続ける、続けないが因縁の発端だった。真剣に怒鳴り、なぐり合う古美門と三木のアホらしさに唖然とする薫。

その後、薫は古美門への借金返済のめどが立たないため、事務所に戻ることになって…。

第1話 2012年4月17日「最高でもサイテーの弁護士、愛も法も嘘をつく!?」
第2話 2012年4月24日「著作権裁判はカネになる!?」
第3話 2012年5月1日「初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?」
第4話 2012年5月8日「太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い」
第5話 2012年5月15日「期限は7日!金か命か!?悪徳政治家を守れ」
第6話 2012年5月22日「DV?二股?流血の結婚裁判、刺客は元妻」
第7話 2012年5月29日「骨肉の相続争い!醤油一族に潜む秘密と嘘」
第8話 2012年6月5日「親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判」
第9話 2012年6月12日「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!」
第10話 2012年6月19日「破産か5億か!?さらば誇り高き絆の里」
特別企画 スペシャルドラマ リーガル・ハイ 2013年4月13日「大人気法廷コメディ完全新作慰謝料1億円で学校を訴えろ!!闇の首謀者と微笑の女教師…隠された真実と裁判長の罠」

リーガル・ハイ TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ

『リーガル・ハイ 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リーガル・ハイ(第11話 最終回・6/26) 感想
Excerpt: 4/17からフジテレビで始まったドラマ『リーガル・ハイ』(公式)の最終回『内部告発者を不当解雇から救え!!最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!』の感想。 最終回も平常心。これ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-06-26 23:23

リーガル・ハイ 最終回(第11話)の感想
Excerpt: フジテレビ系列で放送された「リーガル・ハイ」最終回(第11話)の感想ほかこの「リーガル・ハイ」が最終回を迎え、これで私の見ていた4-6月期のドラマが全て終わってしまいました。7-9月期は、見るドラマの..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-06-27 06:40

リーガル・ハイ 最終回
Excerpt: なんと、問題のサオリちゃんは、実験用のハムスター?! w( ̄o ̄)w 古美門(堺雅人)と三木(生瀬勝久)の因縁と、袂別れの原因になった、サオリちゃんの死… 小動物系かペットとは思ってたけれど、..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2012-06-27 08:12

リーガル・ハイ
Excerpt: 最終回の感想
Weblog: AKIRAのドラマノート
Tracked: 2012-06-27 10:50

リーガル・ハイ第11話(最終話)〜新垣結衣セリフが多い。そして衝撃の結末!!
Excerpt: 「リーガル・ハイ」第11話(最終話) 古美門の機関銃トークに熱狂・心酔した方がおられる一方で、凄い視聴率を稼いだわけでも無く、最後まで視聴率15%の壁を破れなかった『リーガル・ハイ』の最終回でし..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2012-06-27 15:13

リーガル・ハイ 第11話・最終回 感想「内部告発者を不当解雇から救え!!」
Excerpt: リーガル・ハイですが、一年の月日が流れ去り古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は再会します。真知子はいつでもどこでも事務所開設しコツコツやっておりますが、古美門も珍しく大人の会話をします。真知子..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2012-06-27 17:23

【リーガル・ハイ】第11話 最終回と統括感想
Excerpt: われわれは神ではありません。 この私も含め、愚かで感情的で間違えてばかりのちっぽけな生き物です。 そんな人間に人間を裁くことはできるのでしょうか? いいえ。できません。 だから人間..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2012-06-27 19:34

リーガル・ハイ最終回感想
Excerpt: 最後まで息もつかせぬおもしろさだった。古美門研介・堺雅人の迫力は毎回だが、最終回は新垣結衣もなかなか魅せましたね。撮り方とか構成のうまさなんだろうけど、なかなかの白熱した弁論攻防を繰り広げてました。お..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2012-06-28 04:59

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索