2012年05月31日

Wの悲劇 第7話

「遂に最終章双子の母親の正体!!」2012.06.07放送

 「わたしがおじいさまを殺しました」

 警察へ出頭したさつき(武井咲)は、刑事の中里(津川雅彦)らに罪の告白を。だが、さつきの突然の自首に、中里はその信憑性を疑う。

 さらに、和辻家の内部に殺人の偽装工作をバラそうとしている人物がいると踏み、遺産相続に関する専門家から詳しい話を聞き、検証しようと考える。

  その頃、和辻家では自首した“摩子”の保釈金が用意されようとしていた。そこに春生(松下由樹)が訪ねてくる。「大学のサークルを通じて摩子と知り合った」と適当な理由をつけ、みね(野際陽子)や淑枝(若村麻由美)らと対面した春生だったが、自分たちと和辻家の体面しか気にしない和辻家の面々に、苛立ちを覚えるのだった。

 さらに、殺人事件を偽装した和辻家の面々には遺産相続の権利がなくなる可能性も出てき、一族は大騒ぎに…! 与兵衛(寺田農)の隠し子だったことがわかった間崎(高橋一生)をつるし上げ、醜い言い争いを始める繁(金田明夫)ら。「自分を捨てた和辻家に復讐をしてやる」そう語っていたさつきの言葉を思い出した春生は、大財閥の一族が本当に守りたいものとは何なのだろう、と考えるのだった。
 
  一方、『マスカレード』で働く摩子(武井咲・二役)にもある変化が起ころうとしていた。
 摩子が、さつきとして生きていこうと決心した矢先、すべての発端だった中学校教師・日高殺害事件が進展を見せる! 最重要参考人として“さつき”を追い続けていた弓坂(桐谷健太)の捜査線上に浮上したのは、なんと綺羅々(福田沙紀)だった! 日高と親しくしていた綺羅々は、ある侮辱を受けた際に言い争いになり、誤って日高を殺害してしまったのだ。

 正当防衛の可能性もあると、綺羅々に自首を勧める弓坂。そんな弓坂に、摩子は「あと3時間だけ待ってほしい」と頼む。綺羅々に『マスカレード』での最後のステージを踏ませてあげたいと考えたのだ。ラストステージでの綺羅々の鬼気迫る姿に息を飲む摩子。その雄姿は今までの、どのステージよりも輝いていた…。

 保釈され、和辻家に戻ってきたさつきは春生と会う。「こんなところにいたらダメになる。一緒に帰ろう」と懇願する春生に、さつきは「あたしには和辻一族の血が流れてる。和辻家のものは全部あたしのもんなんだ」と強い目で語る。和辻家に捨てられてからの20年分の復讐を遂げようとしているさつきの姿に、春生は何も言うことができなかった。

 そんな中、殺人の偽装工作をした和辻家の中で唯一、淑枝にだけ遺産相続の権利が残っていることが判明する!

第1話 2012年4月27日「身代わり殺人!?2000億アリバイ売る女」
第2話 2012年5月3日「夏樹静子作〜資産2000億の女帝」
第3話 2012年5月10日「悪女の条件 私、おじい様を殺してしまった!!」
第4話 2012年5月17日「富豪一族の殺人偽装トリック!!」
第5話 2012年5月24日「名刑事登場富豪殺害トリック!!」
第6話 2012年5月31日「アリバイは崩された!?裏切り者はあなただ!!」
最終話 2012年6月14日「双子死す真犯人の正体と暴走!!新たな殺人」

Wの悲劇 TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ
タグ:Wの悲劇

『Wの悲劇 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Wの悲劇 第7話の感想
Excerpt: テレビ朝日系で放送された「Wの悲劇」第7話の感想など中学教師殺しは、立花綺羅々(福田沙紀さん)の犯行でした。ただ、あの状況だと、刑事の弓坂(桐谷健太さん)が言っていたように、正当防衛も主張できますね。..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-06-08 06:40

Wの悲劇 第7話 感想「遂に最終章 双子の母親の正体!!」
Excerpt: Wの悲劇ですが、最終章と偶然刺してまうのは禁止にして欲しいです。このドラマだけで二つも過失致死がありますが、本筋の方はまだ真相は分かっておらず、母親が「偶然そこにナイフがあって」とか動揺していただけで..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2012-06-08 16:52

Wの悲劇 第7話
Excerpt: 『遂に最終章双子の母親の正体!!』 内容 祖父の殺害容疑で警察に出頭したさつき(武井咲) だが話を聞いていた中里刑事(津川雅彦)は、 偽装工作を壊そうとしている人物がいると指摘し、さつきに告げる。..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-06-08 17:48

Wの悲劇第7話 & 都市伝説の女最終話(6.7-8)
Excerpt: ・Wの悲劇第7話 「私はこれからもずっとお母様の味方ですから・・・」 「まさか、あなた・・・」 倉沢さつき@武井咲が殺害犯と疑われていた中学校教師殺害事件の犯人は 綺羅々先輩@福田沙紀だったことが判明..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2012-06-09 19:27

Wの悲劇【第7回】テレ朝木9
Excerpt: 遂に最終章双子の母親の正体!!  「お母様…、なにも…心配はいらないわ。私は和辻摩子。私は…、この世に一人しかいないから…。それより…、あのお約束は…、大丈夫ですよね…。その代わり、お母様が受け取る..
Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記
Tracked: 2012-06-12 21:08

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索