2012年05月29日

スープカレー 第8話

第8話「8辛」2012年6月4日(月)26:04〜26:34 

料理研究家・五十嵐(大泉洋)はアシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)に、どんな芸能活動をしているのか質問しながら、あっさり系のスープカレーの仕上げに入る。色とりどりの様々な具材の、美味しそうな盛り付けはスープカレーの重要な要素だ。

塾講師の三浦(戸次重幸)は婚約者のみのり(渡辺満里奈)とともに出かけた買い物先でのやり取りで、ついに動揺が頂点に達し、思わずその場を逃げ出してしまう。走りに走る三浦が向かった先は、バッティングセンターだった。「オレはまだまだイケるッ!」自分に言い聞かせるように叫びながら、三浦はバットを振るのだった。

勤務していた百貨店の同僚だった若月(入山法子)の父(升毅)が営むスープカレー店・ムーンで修行を重ねてきた和田(森崎博之)は、厳しい修行に耐えぬいて、ついに努力が認められる。和田は「ひまわり亭」開店に向けていよいよ一歩を踏み出す。

俳優の浦田(安田顕)の演技はラジオやネットで話題になる。娘の千枝子(伊藤沙莉)には母の由美(つみきみほ)が、情けない男に思える浦田となぜ結婚したのか疑問だ。そんな千枝子に由美は、自分の気持ちを人に伝えるのが苦手な浦田の意外なエピソードを話して聞かせる。部屋に戻った千枝子は、ネットの投稿サイトに浦田のドラマを見つける。それは家にいるのと同じく、ぐずぐずと情けなくて、娘になめられている父の姿だった。

冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)は友人の山下(池内万作)の「離婚式」を進めるが、山下の息子・真一(瀧澤翼)が、突如2階のバルコニーへ上がり、山下に離婚をやめてくれと哀願する。危うく転落するところを平目が助けると、今度は平目に「僕から家族を取らないで」と迫るのだった。

第1話 2012年4月16日「1辛」
第2話 2012年4月23日「2辛」
第3話 2012年4月30日「3辛」
第4話 2012年5月7日「4辛」
第5話 2012年5月14日「5辛」
第6話 2012年5月21日「6辛」
第7話 2012年5月28日「7辛」
第9話 2012年6月18日「9辛」

スープカレー TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ

『スープカレー 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索