2012年05月15日

家族のうた 第6話

第6話「今夜、娘のために走ります!」2012.5.20.Sun. on-air

早川正義(オダギリジョー)の家に、大澤こころ(杉咲花)の母親・倫子(中村ゆり)が訪ねて来た。倫子はこころを引き取りに来たと言い、松野美月(大森絢音)らに自分勝手な行動を責められると、正義はこころの父親ではなく本当の父親は亡くなっていることを告げる。突然のことに戸惑いながらも淡々と帰り支度をするこころ。荷物をまとめ終えると正義の部屋にやってきて、これまでのお礼を言うが、正義はギターをいじってこころを見ようともせずにそっけなく返事をしただけだった。

翌朝、毎日騒がしかった朝の支度が静かになったことでこころがいない寂しさを痛感する東海林秀蔵(藤竜也)や美月や陸(藤本哉汰)。平然としているのは正義だけだ。そこに三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が、子供用のギター教則本プロデュースの仕事を持ってきた。断ろうとする正義だが、自分たちの写真が使われると聞いた美月や陸が張り切り、引き受けることになった。渋々とはいえ、その仕事を引き受けた正義の変化に青田洋子(貫地谷しほり)や水島明良(トータス松本)や朝子(大塚寧々)は喜ぶ。

ギターの練習風景の撮影日。こころは倫子からの遊園地の誘いを蹴って「nanja」にやって来た。口は悪いが一生懸命ギターを教える正義と、楽しく騒ぎながらも必死で練習する子供たちの姿を撮影していく洋子。帰りが遅くなってしまい、正義がこころを家まで送るが、そこで倫子と遭遇してしまう。酔っていた倫子は、正義といる方が楽しいんじゃないかとこころを責め、どこにも行かないでと訴えた。その場で酔いつぶれた倫子をおぶって部屋まで運んできた正義に、こころは倫子が不安がるからもうギターの練習は行かないと言い出した。またガマンするのかという問いかけを否定し、自分は強くなったからみんなと暮らしたことで感じた温かさを母親にも教えたいのだと言う。

家に帰ると美月と陸がギターの練習をしていた。こころにできたことを自慢したいから教えて欲しいと無邪気に言ってくる2人に、正義はこころがもう練習には来ないことを冷たく言い放った。その夜、秀蔵にこころを引き留めなくていいのかと聞かれ、さらに苛立ちを募らせる正義。

数日後、秀蔵と美月と陸がこころの家を訪ねた。一緒にギターの練習をしようという美月と陸の誘いを断り、帰って欲しいと言うこころの真意がわからず戸惑う3人。帰り際、秀蔵は正義から預かった忘れ物が入っているという袋を渡した。帰り道、陸が喫茶店で男と会っている倫子を見つけた。倫子が男をお金を渡しているのを見た秀蔵は、こころに甘え続けていたらいつか捨てられると話すが、倫子は聞き流すようにして帰っていく。

同じ頃、こころは押し入れに荷造りの済んだ旅行バックと航空券を発見する。慌てて倫子に電話するが、倫子は何も答えない。呆然としながら、受け取っていた忘れ物の袋を開けてみるこころ。そこには忘れ物のほかに、ギター練習用の手書きの楽譜と正義からのメッセージが入っていた。楽譜を見ながらギターを弾き始めたこころは、正義に電話をして、ギターを聞かせた。間違いながら何度も何度も挑戦するこころの音を正義は黙って聞いていた。ようやく弾き終えると、正義は自分もよく同じところを間違えたと言い、自分に似ていると話した。その言葉で我慢していた気持ちがあふれたこころは、泣き出して電話を一方的に切ってしまった。家を飛び出す正義。

こころがギターの練習を続けていると倫子が帰ってきた。男との旅行がダメになったことで苛立ちを募らせていた倫子はギターを取り上げ、あんたなんか娘じゃなきゃよかったと言いだした。正義が部屋に駆けつけてきたことで、さらに感情的になった倫子はこころをあげると言い出した。正義はこころがどれだけ母親を大切に思っていたか、母親なのに何でその気持ちをわからないんだと叫んだ。

複雑な思いを抱えながらも、正義にもうかかわらないでと訴えるこころに、正義もまた自分の言動がよくわからないと本心をぶちまけた。正義の後を追ってやってきた秀蔵と美月と陸に一緒に帰ろうと言われ、正義に腕をとられて、ためらいながらも家を出るこころ。捨てられたと座りこんだ倫子に秀蔵は、自分を変えれば母親に戻るチャンスはあると話した。

帰り道、ふと冷静になった正義は、つかんでいたこころの腕を離した。しかし、こころは正義の腕をしっかりとつかみ返す。正義は、さらにまとわりついてきた美月や陸を振り払って逃げ出し…。

第1話 2012年4月15日「自業自得!?」
第2話 2012年4月22日「我慢すると心が腐るんだよ!」
第3話 2012年4月29日「歌えない僕の気持ちが解る?」
第4話 2012年5月6日「お祭で告白!?届けたい想い…」
第5話 2012年5月13日「家族の前で初めての父親宣言」
第7話 2012年5月27日「誰かの為に頑張るのもロック」

家族のうた TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ
タグ:家族のうた

『家族のうた 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

家族のうた (第6話・5/20)
Excerpt: 4/15からフジテレビで始まったドラマ『家族のうた』(公式)の第6話『今夜、娘のために走ります!』の感想。 せめて今回位に“クズだけど憎めない奴”にすべきだった… 何話も前から..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-05-21 01:56

家族のうた 第6話の感想 視聴率なんてミジンコだ
Excerpt: フジテレビ系列で放送の「家族のうた」第6話の感想などこの第6話、なかなか良かった。あと2話でどうやってまとめるのだろう。やはり、あの場面が今回の一番の見せ場だったでしょう。一度は大澤こころ(杉咲花さん..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-05-21 06:35

家族のうた 第6話
Excerpt: 『今夜、娘のために走ります!』 内容 突然、正義(オダギリジョー)宅を、 こころ(杉咲花)の母・倫子(中村ゆり)が訪ねてくる。 本当の父親はすでに亡くなり、正義でないと告げる倫子。 こころを連れ帰..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-05-21 17:50

家族のうた六話&鍵のかかった部屋六話感想
Excerpt: ■家族のうた六話早川正義ことオダギリジョーの家の呼び鈴を鳴らしたのは、中学生の女の子・こころの母親・倫子だった。若くて綺麗。だが、男に騙されてはそれでも男に依存し、その度にこころをないがしろにしてきた..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2012-05-22 08:21

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索