2012年05月08日

スープカレー 第5話

第5話 2012年5月14日 (月)26:04〜26:34 

料理研究家とアシスタントのコンビは「とことん辛いスープカレー」作りに挑む。塾講師、冠婚葬祭プランナー、売れない俳優、そして敏腕百貨店員それぞれの身の上にも、とことん辛い事態が降りかかって行く。

ギクシャクしながら番組を進めている料理研究家の五十嵐(大泉洋)とアシスタントの夏川(峯岸みなみ・AKB48)のコンビだが、回を追うに従って呼吸が合ってきたようにも見える。今回は「とことん辛い」スープカレー作りを目指すが・・・。敏腕百貨店員の和田(森崎博之)は父の生前の思いに触れ、スープカレー屋の開店を目指そうと決心する。売れない俳優の浦田(安田顕)はいよいよドラマの収録に挑み、そのドラマの放送を妻の由美(つみきみほ)と見つめる。塾講師の三浦(戸次重幸)は生徒の早川(田アアヤカ)への思いを募らせるが、思わぬ恋敵の出現に心中穏やかでない。冠婚葬祭プランナーの平目(音尾琢真)は、迷いながらも友人の離婚式の準備に取り掛かるが、心に大きな重荷を背負っていた。

料理研究家の五十嵐精二(大泉洋)とアシスタントの夏川メグミ(峯岸みなみ・AKB48)は、ギクシャクしながらも何とか番組を進行している。料理番組にふさわしくないアクセサリーで着飾った夏川に辟易しながら、五十嵐は今回、「とことん辛い」スープカレー作りをはじめる。

敏腕百貨店員の和田真悟(森崎博之)は廃業状態の「ひまわり亭」で、生前の父が「スープカレー」に取り組もうとしていたことに気がつき、自分が日本一旨いスープカレー屋を作ろうと心に決める。そんな和田はある店に修行に飛び込むのだが、もたつく和田は容赦ない罵声を浴びせられ、悔しい思いを味わう。
売れない俳優の浦田博史(安田顕)は、娘と同年代の国民的アイドルが主演するドラマの父親役のロケに挑み、完成したドラマがついに放送となる。娘の千枝子(伊藤沙莉)にも観てもらいたい浦田だが、千枝子は関心を示さない。翌日千枝子が帰宅すると玄関前で同年代の男子生徒に因縁をつけられるが千枝子には事情がわからない。

婚約中の身でありながら教え子の中学生早川優菜(田アアヤカ)に思いを募らせる塾講師の三浦雄二(戸次重幸)だが、彼の元に入塾してきたアツシ(西本銀二郎)が、同じく早川に気がある様子なのが面白くない。そんな折、まるで自分の不埒な思いを見透かされたかのような同僚の言葉に、三浦は激しく動揺する。
冠婚葬祭プランナーの平目清(音尾琢真)は、友人の山下(池内万作)の「離婚式」の準備に取り掛かるが、山下の妻、佳代(小山田サユリ)が平目に突きつけた条件、山下の息子の親権の問題が、心に重くのしかかり、平目の気持ちを暗くさせていた。

第1話 2012年4月16日「1辛」
第2話 2012年4月23日「2辛」
第3話 2012年4月30日「3辛」
第4話 2012年5月7日「4辛」
第6話 2012年5月21日「6辛」

スープカレー TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ

『スープカレー 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索