2012年05月01日

スープカレー 第4話

第4話 2012年5月7日 毎(月)26:04〜26:34 

料理研究家の五十嵐精二(大泉洋)は、料理の経験はおろか、もしかしたらやる気すらなさそうなアシスタント、夏川メグミ(峯岸みなみ【AKB48】)と、ちぐはぐでギクシャクとした会話をしながら、「スパイスにこだわった」スープカレーの完成を目指す。はたしてそのスープカレーの出来栄えやいかに・・・!

塾講師の三浦雄二(戸次重幸)は教え子の中学生、早川優菜(田アアヤカ)にすっかりのぼせ上がっている。そんなとき、婚約者の羽野みのり(渡辺満里奈)の甥っ子アツシ(西本銀二郎)が、三浦のもとに入塾してくる。アツシも優菜のことがすっかり気に入った様子なのが、三浦は気に入らない。

冠婚葬祭プランナーの平目清(音尾琢真)は、友人の山下(池内万作)の「離婚式」を引き受けることにしたが、肝心の山下の妻、佳代(小山田サユリ)が「離婚式なんてみっともない」と首をタテに振らない。土下座をして頼み込む平目に、佳代はある条件を突きつけるのだった。
売れない俳優の浦田博史(安田顕)は中学生の娘・千枝子(伊藤沙莉)の、浦田をさげすむような目に心を痛めながらオーディションに臨み、娘と同年代の国民的アイドルが主演するドラマの父親役を勝ち取る。大きなチャンスを手に入れたことを誰よりも娘に喜んでほしい浦田だったが・・・。

敏腕百貨店員の和田真悟(森崎博之)は、廃業状態の「ひまわり亭」の前に佇んでいた常連客の田代(田村泰二郎)から一冊のノートを渡される。それは父が生前書きためたレシピノートだった。そこには「カレー汁」として、ずいぶん研究を重ねたメニューのレシピがあった。おりしも東京に住む妹から、兄のふがいなさを一方的に非難するかのような電話が入り困惑していると、何気なく開けた戸棚から出てきたものに突き動かされ、和田はある決意を固め、妹に啖呵を切る。

第1話 2012年4月16日「1辛」
第2話 2012年4月23日「2辛」
第3話 2012年4月30日「3辛」
第5話 2012年5月14日「5辛」

スープカレー TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ

『スープカレー 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索