2012年04月30日

ハンチョウ〜警視庁安積班〜 第5話

第5話:「女子高生は見ていた!」2012年5月7日放送

ある日、結城(比嘉愛未)が友人・杉山佳恵(渋谷亜希)のマンションで午後のひと時を過ごしていたとき、警官がやってきた。「4階の右から2番目の部屋で女性が襲われている」との通報があり、その部屋と思われる杉山の家を訪ねてきたのだ。結城に事情を聞いた警官は、イタズラ通報と判断し帰っていった。
その2日後、人気連載漫画「純情クリスタル」の原作者・木谷きらら<本名・木谷伸枝>(福山亜弥)が「山梨県で渓流釣り中に事故死」というニュースが流れ、漫画のファンだという小池(福士誠治)が、分署内で騒ぎ出したことから事態は一転。なんと、木谷の住んでいたマンションは、結城の友人・杉山が住んでいるのと同じマンションだった。

結城があらためて月曜日の通報内容を確認すると、マンションのベランダ側から見て4階の右から2番目が木谷の部屋に当たると判明。通報が事実だった可能性もあると、結城は再調査を願い出る。しかし、山梨県警が既に事故死と発表しているため、安積(佐々木蔵之介)は慎重な捜査を指示する。
尾崎(小澤征悦)と小池は「純情クリスタル」の作画担当をしている飛鳥あかり(いとうまい子)と、アシスタントの広沢江里(宮本真希)、編集担当の藤巻亮介(赤木伸輔)など木谷に近い人物を当たる。

一方、捜査を進め中、通報者は事件のあった向かいのマンションに住む、大友果歩(須藤茉麻)という女子高生だということが判明。犯人を目撃していると思われる果歩は、1ヶ月ほど前から高校に行かず部屋に引きこもっているという。
大友家を訪ねた結城は、部屋のドア越しに、果歩の通報をいたずらだと勘違いしたことをわびるのだが、心を閉ざしている果歩からの返事はなかった…。

第1話 2012年4月9日「警視庁安積班」
第2話 2012年4月16日「殺人予告メール完結編」
第3話 2012年4月23日「遺留品1000万円の謎!?」
第4話 2012年4月30日「潜入捜査!消えたダイヤを追え」
第6話 2012年5月14日「尾崎暴走!逮捕状発令」

ハンチョウ〜警視庁安積班〜 TOPへ
シリーズ5各話視聴率
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ


『ハンチョウ〜警視庁安積班〜 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハンチョウ〜警視庁安積班〜(5)第5話
Excerpt: 『女子高生は見ていた!』 内容 ある日、警察に妙な通報が入る。 「女の人が殺されちゃうかも」 指定された部屋に、警官がやって来たところ、 そこには結城(比嘉愛未)と、その友人・杉山佳恵(渋谷亜希)が..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-05-08 18:14

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索