2012年04月26日

Wの悲劇 第2話

「夏樹静子作〜資産2000億の女帝」 2012.05.03放送

 偶然出会った摩子(武井咲)とさつき(武井咲・2役)はお互いの人生を入れ替えて生きることに。

  さつきに成り代わった摩子はショーパブ『マスカレード』で清掃のアルバイトを続ける。華やかなショーの舞台に憧れを抱く摩子だったが、ダンサーの沙耶香 (剛力彩芽)や綺羅々(福田沙紀)らは、それを冷ややかな様子で見つめるのだった。そしてこれまでのさつきとは違った様子に、徐々に綺羅々らは敵意をむき出しに!『マスカレード』では女同士の壮絶なバトルが幕を開けることになるが、それでも摩子は和辻家での閉塞感に溢れた生活よりは、何倍も価値を見出していた。

 そんな中、いまださつきへの殺人容疑を抱き続ける警視庁の刑事・弓坂(桐谷健太)も、さつきの様子を監視し続けていた。

 必ずやさつきのアリバイを崩せると確信する弓坂だったが…?

  一方、摩子に成り代わったさつきは、与兵衛(寺田農)、みね(野際陽子)をはじめとした和辻家の面々と対面していた。摩子の母・淑枝(若村麻由美)や義理の父・道彦(中村俊介)、そして総額2000億円にものぼる与兵衛の遺産を狙う繁(金田明夫)など、さまざまな者の思惑が交錯する和辻家。さつきは、なにやら事情がありそうなこの家の内情を探ろうとし始める…。すると、次第に遺産をめぐって和辻家の面々がお互いをけん制しあう様子が明らかに。さつきもなんとかその財産を自分のものにしようと画策を始める。

 和辻家の女性のたしなみとして必須だった、茶道・華道・琴などは辞め、会社の経営などを学びたい、と与兵衛に直訴するさつき。与兵衛から「もっとも信じられるものは何だと思う?」と問われたさつきは「金と自分の力」と即答する。摩子を溺愛する与兵衛を自分の意のままに操り、財産を手に入れようとした矢先、さつきは思いもよらない事実を与兵衛から告げられる!

「摩子、お前には双子の妹がいた。もうとうの昔に死んだがな…」

第1話 2012年4月27日「身代わり殺人!?2000億アリバイ売る女」
第3話 2012年5月10日「悪女の条件 私、おじい様を殺してしまった!!」

Wの悲劇 TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ
タグ:Wの悲劇

『Wの悲劇 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Wの悲劇 第2話の感想
Excerpt: テレビ朝日系で放送された「Wの悲劇」第2話の感想など初回の視聴率が10.9%だったとのこと。視聴率の高低に振り回されるのはやめようと思います。でも少し気になる…。何はともあれこの「Wの悲劇」も「家族の..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-05-04 06:35

Wの悲劇 第2話
Excerpt: 『夏樹静子作〜資産2000億の女帝 内容 殺人の容疑者となったさつき(武井咲)の前に現れた、 うりふたつの財閥令嬢の摩子(武井咲・二役) さつきにより“アリバイ”が作られたさつきは、容疑者から外され..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-05-04 19:40

Wの悲劇第2話(5.3)
Excerpt: 正反対の境遇に入れ替わった和辻摩子@武井咲と倉沢さつき@武井咲、 摩子はショーパブでトップダンサーとしてデビュー、 さつきは茶道や華道、ピアノができないことを巧みに誤魔化し、 和辻家の財産乗っ取りを狙..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2012-05-06 00:19

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
50音検索