2012年04月09日

家族のうた 第1話

第1話「自業自得!?」 2012.4.15.Sun. on-air

1999年。ロックバンド"under cloud"のボーカル&ギターだった早川正義(オダギリジョー)の人気は絶頂だった。97年のデビュー以来ヒットを連発し、抱かれたい男bPにも選ばれ、自ら作った曲『Going』もミリオンヒットと、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの正義は、女の子を口説いてはホテルに連れ込む日々を送っていた。翌年、under cloudは解散を発表。ソロ活動を始めた正義がことごとく失敗していく一方で、ベースの神山悟(武田真治)はプロデューサーとしての才能を発揮していった。

2012年。正義は事務所の社宅の一軒家に暮らし、仕事といえば土曜早朝放送のラジオのみという状態になっていた。ある日、いつものように早朝のラジオ放送を行っている正義を離れたところから見つめる2人の子供がいた。
数日後、under cloudの頃から正義を支え続けているマネージャー・三木康佑(ユースケ・サンタマリア)に連れられ、レコード会社にやってきた正義。曲を頼みたいという依頼を聞いて上機嫌だったが、待っていたの"懐メロシンガーとのコラボ"という企画モノだった。三木の必死の説得にも耳を貸さず、さっさと帰ってしまう正義。

行きつけのカレーバー「nanja」にやって来た正義は、店主の水島明良(トータス松本)や、その妻の朝子(大塚寧々)、さらに店にやってきた朝子の妹でカメラマンの青田洋子(貫地谷しほり)に散々愚痴をこぼすと帰っていく。その帰り道、正義を尾行する初老の男・東海林秀蔵(藤竜也)がいた。秀蔵の存在に気付くことなく歩く正義だったが、その前に面識のない2人の子供、松野美月(大森絢音)と弟の陸(藤本哉汰)が現れた。美月から「お父さん!」と呼ばれた正義はとっさに2人の前から逃げ去った。しかし、家に帰ると、鍵のかかってなかった窓から2人がすでに入り込んでいた。美月は自分が正義の娘であると証明するために母親が正義と写っている写真や、当時女性に渡していたピック、そしてめずらしい血液型が正義と一緒であると訴えた。そして母親が半年前に亡くなったことを告げ、一緒に暮らしたいと訴える。それでも追い出そうとした正義だったが、美月に大事にしているギターを奪われ一晩泊めることにする。その夜、正義は部屋をのぞき込む秀蔵を発見。秀蔵は慌てて去って行った。

同じ頃、三木は事務所の社長から、売上がなければ正義の固定給と社宅を取り上げるという新契約を突き付けられていた。
翌朝、正義のライブのチラシを見つけた陸は行きたいと頼むが、正義は帰るように訴えるばかりだ。美月の携帯電話をこっそり奪うと、履歴から親戚の家に電話し、迎えにくるようにお願いする。さらに、その携帯電話とギターを交換させた。ギターを取り戻し、2人をレストランに置いて帰る正義。そんな美月と陸の前に秀蔵が現れた。秀蔵は事情を聞くと、正義のライブ会場に2人を連れて行く。

秀蔵に連れられてライブハウスにやってきた美月と陸。たまたま開いていた裏口からこっそり入り会場内へもぐりこむも、すぐにスタッフにみつかり逃げだした。ステージで歌っていた正義は、客席を走り回る2人の姿を見て動揺。さらに美月の足にコードがひっかかりマイクが飛んでしまうハプニングが。なんとかその場は切り抜けたものの、ライブ後、控室に戻り2人に怒る正義。そこに洋子も入ってきて、美月が正義の子供であることを聞く。正義から、母親が亡くなった現実を受け入れられなくて親戚の家から逃げてきたと言われた美月は、陸が暴力を振るわれていることを話す。それでも正義は、自分も子供の頃から両親がおらず、ずっと1人で生きてきたと言って2人を置いて帰っていく。

三木に会わせたいプロデューサーがいると言われてバーに行くと、やってきたのは神山だった。プロデュースする代わりに自分が曲を作るという神山の申し出をすぐに断る正義。間をとりもとうとする三木だが、正義は帰ってしまう。追いかけて説得を続ける三木だが、まったく自分を曲げない正義に、ついに怒りが爆発。もっと現実を見て大人になれと強く訴えた。それでも自分の意見を曲げず、その場を立ち去る正義。

洋子に付き添われ、親戚が迎えに来る予定の駅に来た美月と陸だったが、母親との思い出の曲『Going』のなくなったCDを探すため、洋子の目を盗んでライブハウスに戻った。ライブハウスは閉まっていたが、ひょんなことから朝子と知り合い「nanja」に行く。洋子から事情を聞き、部屋に『Going』のCDを見つけていた正義のもとに朝子から連絡が入った。CDを届けに「nanja」に来た正義は、CDを渡すとすぐに帰ろうとするが、三木に言われたようなことを親戚から言われている美月と陸に、思わず自分が思うようにするべきだと叫んでいた。結果、お父さんと一緒にいたいという美月と陸の意見が通り、いやいやながら一緒に帰ることになった正義と美月と陸。

翌日、家に秀蔵が訪ねて来た。さらに、正義を「お父さん」と呼ぶ少女・大澤こころ(杉咲花)も一緒に現れ…。

第2話「我慢すると心が腐るんだよ!」 2012年4月22日

家族のうた TOPへ
各話視聴率へ
2012年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2012年春ドラマ視聴率一覧へ
タグ:家族のうた

『家族のうた 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2012年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

家族のうた (第1話・4/15)
Excerpt: 4/15からフジテレビで始まったドラマ『家族のうた』(公式)の第1話『自業自得!?』の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-04-16 02:48

家族のうた 第1話の感想
Excerpt: フジテレビ系列で放送の「家族のうた」第1話の感想など同時間帯に、中居正広さん主演のTBS系ドラマ「ATARU」も放送のため、どちらを見ようか迷いました。結論、「家族のうた」にしたんですけどね。中居正広..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-04-16 06:40

家族のうた「自業自得!?」
Excerpt: ひさびさの出演・オダギリ・ジョーへの期待と、この枠、お約束の子供が出てきて、あったかくヒューマンな感じ… を期待してたのですが、ちょっと初回は期待がハズれたかな? おそらく、当初の子供嫌いな感じ..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2012-04-16 09:12

家族のうた 第1話
Excerpt: 『自業自得!?』 内容 人気ロックバンド“Under cloud”の ボーカル・早川正義(オダギリジョー)。 バンドを人気絶頂で解散、正義はソロ活動するのだが、大失敗。 一方、ベースの神山悟(武田..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-04-16 18:28

家族のうた
Excerpt: 初回の感想
Weblog: AKIRAのドラマノート
Tracked: 2012-04-16 18:38

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索