2012年02月23日

科捜研の女 第11シリーズ 第15話

#15 2012年3月1日放送

科捜研の研究員・吉崎泰乃(奥田恵梨華)が幼なじみと待ち合わせをしていたコーヒーショップで、爆発事件が起きた。泰乃をはじめ、ケガ人は出なかったが、テラス席に爆弾が仕掛けられていたと判明。残された爆薬を分析したところ、15年前に大阪で起きた"連続金融機関脅迫事件"で使われた爆薬と酷似していることがわかった。

その事件は、1000万円を要求する脅迫状と共に小型爆弾が2つの金融機関に送り付けられたもので、当時の捜査本部は犯人グループが滋賀県内の農場に潜伏していることを突き止めて急襲したが、すでにアジトは爆発炎上したあとだった。結局、捜査の手が迫ってきたことを察知した主犯の農場経営者が、妻や仲間を巻き込んで自ら爆死したものと判断され、被疑者死亡で送検され、捜査は終了していた。

手がかりを求め、マリコと土門刑事(内藤剛志)は、15年前に大阪府警刑事部長として捜査の指揮を執った現在の京都府警本部長・大西武政(津川雅彦)に当時の捜査資料を見せてほしいと頼む。だが、大西は「あの事件は解決したはずだ」と、その要求を退けようとして…。その後、15年前の犯人の音声テープを調べた泰乃は、ある意外な事実に気づく…!


科捜研の女 TOPへ
各話視聴率へ
2011年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2011年秋ドラマ視聴率一覧へ
2012年冬ドラマ(1-3月)へ
2012年冬ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第11シリーズ 第15話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2012年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女11:第15話 感想
Excerpt: 『マリコ最後の事件へ vs過去から来た爆弾魔!海から遠い海水成分』 サブタイでなんとなく予想はできていましたが、今週と来週の最終回で前後編来ました。このシリーズでの前後編は新1の木場さん絡みの回以来..
Weblog: ホワイト・メモリー
Tracked: 2012-03-01 22:20

科捜研の女(11) 第15話
Excerpt: 『マリコ最後の事件へvs過去から来た爆弾魔海から遠い海水成分』 内容 コーヒーショップで友人と待ち合わせをしていた泰乃(奥田恵梨華) 帰ろうとした瞬間、テラス席で爆発が発生する。 駆けつけたマリコ..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-03-02 18:34

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索