2012年02月10日

科捜研の女 第11シリーズ 第13話

#13「流された遺体!疑惑の音楽家、楽譜の筆跡が暴く愛憎」2012年2月16日放送

京都市内の河原で、釣り船の中に横たわった女性の死体が発見された。遺体は女子刑務所の元刑務官・久保由加里(川俣しのぶ)で、後頭部を殴られた後、放置されて凍死したらしく、マリコ(沢口靖子)たち科捜研が調べたところ彼女のコートから弦楽器の手入れなどに使われる"松脂"の成分が検出される。

また、毛髪に温泉の成分が付着していたことから、由加里は川の上流に位置する温泉地に宿泊していた事実が判明。旅館に残されていたカバンには、500万円の現金と"バイオリンソナタ"の古い楽譜が入っていた。

まもなく、楽譜には14年前、傷害事件を起こした小島涼子(松本蘭)という女性の指紋が付いていることがわかった。涼子は不倫相手のバイオリニスト・辻沢紘一(鈴木一真)の妻にケガを負わせて逮捕され、服役中に女児を出産。産後すぐに病死していた。どうやら、由加里は涼子の担当刑務官だったようだ…。

事件の手がかりを求めて、土門刑事(内藤剛志)とマリコは、辻沢を訪ねる。辻沢は当時、新進気鋭の奏者として注目を集めていたが、傷害事件により人生が暗転。現在は、小さな音楽教室を開いていた…。


科捜研の女 TOPへ
各話視聴率へ
2011年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2011年秋ドラマ視聴率一覧へ
2012年冬ドラマ(1-3月)へ
2012年冬ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第11シリーズ 第13話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2012年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女11:第13話 感想
Excerpt: 『流された遺体!疑惑の音楽家、楽譜の筆跡が暴く愛憎』 久しぶりに裏のぐるナイをがっつり見てしまったぜ…この番組は金曜7時台の頃からのファンなもので、つい(ゴチもパート3から見てるんだぞ!あの頃は今渦..
Weblog: ホワイト・メモリー
Tracked: 2012-02-16 22:20

科捜研の女(11) 第13話
Excerpt: 『流された遺体!疑惑の音楽家、楽譜の筆跡が暴く愛憎』 内容 ある河原で、小さな船に横たう女性の遺体が発見された。 所持品から岡山在住の久保由加里(川俣しのぶ)と判明する。 その後、早月(若村麻由美..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-02-17 18:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索