2012年02月04日

13歳のハローワーク 第5話

#5「伝説のイカ天ブーム来たーー!!」 2012年2月10日

小暮鉄平(松岡昌宏)がバンドブーム席巻中の1990年に舞い戻ると、塾の教室でテッペイ(田中偉登)たちが麻生剛志(桑代貴明)を取り囲み、バンドの話で盛り上がっていた。メジャーデューを目前に控えたインディーズバンド「ブレーン・バスターズ」のボーカル・康介(木村了)を兄に持つ剛志は、兄同様にプロを目指すため、バンドを組んだという。

またもあっさりと感化されたテッペイは、楽器もできないくせに、剛志のバンドに入りたいと大興奮! バンドの仲間入りを果たしたテッペイはドラム担当となり、剛志とともに練習に励むが…。

 一方、鉄平は塾のオーナー・東唄子(風吹ジュン)から「ブレーン・バスターズ」の現場マネージャーを担当するよう命じられる。なんと「ブレバス」は唄子が経営する音楽学校の一期生だったのだ。音楽のことなどサッパリ分からない鉄平は高野清文(横山裕)に声を掛け、ともに働き始める。

ところが、康介はいつもイライラしていて、周囲に当り散らしてばかり。例に漏れず当り散らされ、思わず頭にきた鉄平は唄子に実情を報告。それが引き金となり、やがて康介の前にとんでもない壁が立ちはだかる――!

 時を同じくして、就職活動中の真野翔子(桐谷美玲)は高野の"東大卒ならではの人脈"を利用し、有名企業のOB訪問をしようと計画。ところが、高野が悪気なく放った"ある言葉"が翔子のしゃくに障ってしまい…。


13歳のハローワーク TOPへ
各話視聴率へ
2012年冬ドラマ(1-3月)へ
2012年冬ドラマ視聴率一覧へ

『13歳のハローワーク 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2012年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドラムをたたく奴に悪い奴はいないとドラマーが言うドラマ(松岡昌宏 )
Excerpt: 谷間とはいえ・・・恥ずかしいタイトルだな。 たまにだじゃれぐらいいいじゃないですか。 どういう心境なの? やはり・・・あの5億円のCMが深層心理に影響を与えているかと。 そうなんだ。 それと・・・今回..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2012-02-11 16:51

13歳のハローワーク 第5話
Excerpt: 『伝説のイカ天ブーム来たーー!!』 内容 いつものように佳奈(沢木ルカ)を注意する鉄平(松岡昌宏) とはいえ、、、、自分自身の過去も散々のため、注意もままならず。 次の瞬間、1990年にタイムス..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-02-11 20:55

13歳のハローワーク (第5話 2/10) 感想
Excerpt: 1/13からテレ朝で始まったドラマ『13歳のハローワーク』(公式)の第5話『伝説のイカ天ブーム来たーー!!』の感想。なお、村上龍氏の原作は未読。 鉄平が、お節介な「将来アドバイザー」にな..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-02-12 20:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索