2012年01月21日

13歳のハローワーク 第3話

#3「スッチーvsナースのお仕事!?」 2012年1月27日

タイムスリップ先の1990年で、高野清文(横山裕)とともに塾のアルバイト講師・真野翔子(桐谷美玲)の家に居候することになった小暮鉄平(松岡昌宏)。ある日、鉄平は"13歳の自分"であるテッペイ(田中偉登)が通う塾のオーナー・東唄子(風吹ジュン)から、ごく個人的な頼みごとをされる。30年来の大ファンであるミック・ジャガーが極秘入院している病院に潜入し、ミックと一緒に写真撮影ができるよう取り計らってほしい、というのだ。

唄子と同じくローリング・ストーンズの大ファンである鉄平はさっそく、高野を引き連れて病院へ。ベテラン看護士・若槻みのり(石田ひかり)のもとで、看護士見習いとして働き始める。

 その矢先のこと。テッペイと同じ塾の生徒・若槻葵(工藤綾乃)がみのりを訪ねて、病院にやって来た。実は、葵とみのりは親子。ところが、葵はスチュワーデスになって世界中を飛び回ることを夢見ており、みのりの仕事を3K(きつい、汚い、危険)だと言って毛嫌いしていた。鉄平はみのりの働きぶりに尊敬の念を抱くが、葵は華やかな世界に恋焦がれる一方。あっさり影響を受けてパイロットになると言い出したテッペイとともに、日々夢を膨らませる。だがそんな折、みのりの身に"ある異変"が起こり…!

 かたや、就職活動中の翔子は次々と内定を勝ち取っては自己陶酔。やがて自信満々でテレビ局のアナウンサー試験を受ける。


13歳のハローワーク TOPへ
各話視聴率へ
2012年冬ドラマ(1-3月)へ
2012年冬ドラマ視聴率一覧へ

『13歳のハローワーク 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2012年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

13歳のハローワーク (第3話 1/27) 感想
Excerpt: 1/13からテレ朝で始まったドラマ『13歳のハローワーク』(公式)の第3話『スッチーVSナースのお仕事!?』の感想。なお、村上龍氏の原作は未読。 これがやりたかったことなのか? ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-01-28 10:28

兄貴ィ・・・(横山裕)ちぇっ、結局、翔ばないの?(沢木リカ)お母さんみたいにはならない(工藤綾乃)
Excerpt: 時代が違うからなんとも言えないが・・・過去にチンピラ役の似合う俳優といえば・・・。 なんといっても水谷豊がいた。 もちろん…16歳で「パンパイヤ」(1968年)の主役を務めたキャリアがあるのだが・・・..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2012-01-28 19:43

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索