2012年01月10日

運命の人 第1話

第1話「疑惑の一夜」2012年1月15日

1971年、東京。沖縄返還を一年後に控え、総理官邸や外務省は連日たくさんの記者で溢れかえっていた。佐橋慶作総理がアメリカと、米軍基地の永続的使用を認める合意を交わしたのではとの噂がまことしやかに流れていたからだった。

 佐橋総理の会見で鋭い質問を浴びせたのは毎朝新聞政治部のエース記者・弓成亮太(本木雅弘)。弓成は傲岸ともいえる自信と情熱に溢れ、政治記者としての道を走り続けていた。ぶしつけともいえる態度で社内にも敵が多いが、数々のスクープをあげ、次期総裁候補といわれる自由党・小平正良と家族づきあいを許されるほどの弓成には、社内も他紙の記者も一目置かざるをえなかった。そんな弓成とスクープを競う読日新聞の政治部エース記者・山部一雄。山部は政治家に人脈を持ちフィクサー的存在として一目置かれている存在で、弓成とはまったく違うアプローチで政治と関わり、スクープをモノにしてきた。ライバルでありながらも認め合い、情報交換をしあう盟友でもある二人は抜きつ抜かれつ、しのぎを削っていた。

 「聞いた通りに書くのは単なる“聞屋(ぶんや)”だ。本物の記者はテーマを持って本質を問い続ける“問い屋”でなければならない」と信条を語る弓成はまた、「記者に必要な正義は情報源の秘匿だけ」と自信を持って言い切る。自分の記事でこの国の未来を変えたい、と記者として大きな野心を持つ弓成を支えるのは妻の由里子(松たか子)だった。由里子は新聞記者の妻として二人の男の子の母として、仕事に没頭する夫に結婚以来献身的に尽くしていた。

 ある日、弓成は昵懇(じっこん)の間柄である外務省ナンバー2の安西傑審議官に対米交渉状況を聞くため審議官室を訪れる。弓成の熱く鋭い問いにしばし思案した安西だが、手元の資料を机の引き出しに押し込んで部屋を出る。落胆する弓成に蠱惑的(こわくてき)な眼差しでコーヒーを差し出す女性がいた。事務官の三木昭子(真木よう子)である。独特な雰囲気を持つ彼女と言葉を交わしている最中、弓成は安西の引き出しからはみ出している書類が自分が知りたがっていた「米軍基地返還予定リスト」であることに気付く・・・。


運命の人 TOPへ
各話視聴率へ
2012年冬ドラマ(1-3月)へ
2012年冬ドラマ視聴率一覧へ

タグ:運命の人

『運命の人 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2012年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

運命の人 第1話の感想
Excerpt: TBS系列で放送された「運命の人」第1話の感想など。同時間帯の「早海さんと呼ばれる日」とどちらを見るか迷って、こちらの「運命の人」を見ることに決めました。出演陣を見ると、大河ドラマのような豪華キャスト..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2012-01-16 06:50

運命の人「疑惑の一夜」
Excerpt: 豪華キャスティング。「沖縄返還の裏側に潜む国家の機密を暴いたことで権力の逆鱗に触れ、やがて追いつめられていく新聞記者の苦悩をスリリングに描く」ということで見てみました 冒頭、いきなり、主人公・弓..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2012-01-16 08:14

運命の人 (第1話 1/15) 感想
Excerpt: 1/15からTBSで始まったドラマ『運命の人』(公式)の第1話『疑惑の一夜』の感想。なお、山崎豊子氏の原作小説は未読。 実話ベースのフィクションと言うことで… 原作は未読だが、..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2012-01-16 10:30

運命の人 第1話 感想「疑惑の一夜」
Excerpt: 運命の人ですが、山崎豊子原作の沖縄返還や外務省機密漏洩を扱った見ごたえあるドラマで「イギリス大使館で晩餐会に行ってくる」など凄いことになっています。政治家、官僚、新聞記者とエリートたちのパワーゲームは..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2012-01-16 16:44

運命の人 第1話
Excerpt: 『疑惑の一夜』 内容 その日、ひとりの男(本木雅弘)が沖縄の空を見つめていた。 轟音を響かせ飛んでいく米軍機。。。。。そしてその男・弓成亮太は。。。。 1971年。沖縄の返還について語る佐橋慶..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-01-16 17:33

運命の人 第1話:疑惑の一夜
Excerpt: そして転落…(。'Д')。゚Д゚)。'Д')。゚Д゚)フムフム 冒頭でいきなり弓成が崖からダイブ!早くもオチを見せちゃうの!?と思いつつも そこに至るに何があっ..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2012-01-16 18:43

【運命の人】第1話
Excerpt: “沖縄返還密約事件”と呼ばれる約40年前に実際に起こった事件を基にした物語。 理想と欲望がせめぎあう新聞業界において、政治部のエース記者・弓成が、理想と信念で “沖縄返還”の裏側に潜む国家権力..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2012-01-16 19:09

運命の人第1話(1.15)
Excerpt: 山崎豊子原作だそうですが、原作未読 沖縄返還問題で揺れる1970年代を舞台にした 新聞記者弓成亮太@本木雅弘の野望と挫折の物語・・・なのかな。 社会問題あり、野望あり、不倫ありと山崎豊子作品らしいドラ..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2012-01-17 02:06

運命の人一話&ラッキーセブン一話感想
Excerpt: ■運命の人一話骨太の人間ドラマの開幕って感じでしたね。敏腕新聞記者・元木雅弘が主人公ですが、正義感と使命感が強くて、政治の暗部にも果敢に踏み込んでいく。そのことが彼の人生の歯車を狂わしていくことに・・..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2012-01-17 10:51

《運命の人》#01
Excerpt: 3シンを弾く老人。音はながれているがそんな事は聞こえず、おとこがボストンバッグを提げて、歩いてきた。サトウキビ畑を横切り溶岩のごろごろしている開けた部分に立った。 1978年、春。沖縄県。 その日も、..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2012-01-18 13:25

運命の人【第1回】TBS日9
Excerpt: 疑惑の一夜  「その日も、沖縄の空を、米軍機が飛んでいた…。その日も、沖縄の海は、青く澄んでいた…」by弓成亮太(本木雅弘)。 うぉぉぉぉぉぉいっ!!!どうした弓成っ!!!その落ちぶれようはっ!!..
Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記
Tracked: 2012-01-20 20:35

理想と現実の間 〜運命の人・第一話〜
Excerpt: 山崎豊子というと、『華麗なる一族』のような社会派ドラマを思い出す。 何となく白い巨塔のイメージがあってドロドロした作品だと思うけどな。 (しかも3作品とも、最後は主人公が死んじゃうし。) 今回は..
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2012-01-21 17:57

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索