2011年12月28日

妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活〜 TOP

『妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活(もうそうそうさ くわがたこういちじゅんきょうじゅのスタイリッシュなせいかつ)』のタイトルで、2012年1月22日より同年3月18日まで、テレビ朝日系列の『日曜ナイトプレミア』枠にて放送された。奥泉光の作品では初の映像化となる。全8話。

キャッチコピーは「誕生。妄想系ヒーロー。」。


概要
芥川賞作家・奥泉光の衝撃ミステリー小説「桑潟准教授のスタイリッシュな生活」を初ドラマ化。周りに“名探偵”に仕立て上げられた、実は妄想力だけが取り柄の平凡な大学准教授と、天才女子大生が難事件に挑む、ミステリーコメディー。新たな赴任地でスタイリッシュな自分に生まれ変わりたいと願う、冴えない中年准教授・桑潟幸一を演じるのは、佐藤隆太。桑潟の“妄想推理”のよき相棒となる、“ホームレス女子大生”の神野仁美を桜庭ななみが演じる。


原作
『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』(くわがたこういちじゅんきょうじゅのスタイリッシュなせいかつ)は、奥泉光による日本の推理小説。2008年に刊行された長編『モーダルな事象 桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活』の続編で、本作には3編が収録されている。

1994年に著書『石の来歴』で第110回芥川賞を受賞し、近年では『シューマンの指』(2011年講談社刊)などで話題を呼んでいる奥泉光氏が発表した衝撃的かつ斬新なミステリー小説。

原作との主な相違点
桑潟が赴任するのは、原作ではたらちね国際大学だが、ドラマではたらちね国際女子大学。
桑潟が顧問を務めるのは、原作では文芸部だが、ドラマではミステリー研究会。


キャスト
桑潟 幸一 (31) - 佐藤隆太(小学生時代:渡邊蓮央)
たらちね国際女子大学文学部准教授。通称・クワコー。前の大学でリストラ寸前だったところを鯨谷に拾われ、たらちね国際女子大学に赴任する。存在感がなかった自分を生まれ変わらせ、スタイリッシュになろうとするが事あるごとに妄想の世界に入り込んでしまう。都与たちから懇願され、ミステリー研究会の顧問に就任。

神野 仁美 (20) - 桜庭ななみ
文学部2年生。通称・ジンジン。ミステリー研究会所属。ある事情から大学構内に建てた段ボールハウスで生活している。

木村 都与 (24) - 倉科カナ
ミステリー研究会部長。桑潟を名探偵だと信じている。たらちね国際女子大学の学生ではなく、ミステリーが好きなカオリのために勤めていたスナックを辞めて学生として大学に出入りしていた。お金を貯めて、正式にたらちね国際女子大学に入学し、カオリの夢であるミステリー研究会を大きくしたいと思っている。

鯨谷 艶子 (57) - 倍賞美津子
文学部学部長。桑潟をたらちね国際女子大学に呼び寄せ、その恩を着せては面倒なことを押し付ける。家庭よりも仕事を選んで離婚した過去があり、20年以上会っていなかった31歳の息子がいる。桑潟の母親とは学生時代の親友。

耳島 アキラ (45) - 升毅
謎の清掃員。桑潟にスタイリッシュな男になるためのアドバイスをする。元グリーンベレー。

たらちね国際女子大学
ミステリー研究会
早田 梨花 (18) - 竹富聖花
自称・魔法の国から修行に来た魔法使い。

山本 瑞穂 (19) - 河北麻友子
ニューヨークから帰ったばかりの帰国子女で[1]、日本語は苦手である。

押川 千恵 (20) - 藤村聖子
通称・オッシー。自称・伊賀の里からやって来たくノ一で、実家は忍者屋敷。くノ一は目立ってはいけないため、普段はおとなしくしているが、本当はスポットライトを浴びながらポールダンスをするのが夢で、夜な夜な大学構内の倉庫裏でポールダンスに興じている。

ラクロス部
森永 智子 - 杉本有美
ラクロス部部長。昔、パンクバンドをやっていた。

別野 智子 - 西田奈津美
ラクロス部員。園村の娘。

トモコ - 中浜奈美子
ラクロス部員。

ラクロス部員 - 蓮菜貴子

その他
沼袋 千太郎 (20) - 渡部秀
房総工業大学(通称・ボーコー大)の学生。都与からはペット扱いされているが、喜んでいる。かつてはカオリと交際していた。


スタッフ
原作 - 奥泉光 『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』(文藝春秋刊)
脚本 - 森ハヤシ、山岡真介、及川拓郎
音楽 - 市川淳
監督 - 小泉徳宏、及川拓郎、七高剛、石井裕也
劇中ダンス - スタジオおけいこクラブ
サウンドデザイン - 石井和之
技斗 - 所博昭
技術協力 - 映広、オフィスドゥイング、バスク
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 関拓也(テレビ朝日)、目黒正之・和佐野健一(東映)
制作 - テレビ朝日、東映

主題歌
チャットモンチー「満月に吠えろ」(キューンレコード)


各話あらすじ(2012年1月22日 - 2012年3月18日)全8話 平均視聴率 5.45%
第1話「名探偵の超本格ミステリー!?密室×雪=女子大生」 2012年1月22日
 教授が大学の教室の窓から、雪と一緒に転落する不可解な事故が起きる。同じ教室では毎年4月にさまざまな怪奇現象が発生することから、学生の間で「エープリルゴースト」として恐れられていた。事故の翌日、現場を通り掛かった新任の准教授・桑潟(佐藤)は、その状況から幽霊に見せ掛けた人間の仕業だと推理し、学生たちの視線を集める。しかし、桑潟は本当は「超人的凡人」と呼ぶべき、さえない男。それを見透かす女子大生・仁美(桜庭ななみ)が現れる。

第2話 2012年1月29日「美女たちの連続消失トリック!!超常現象ミステリー」
 大学で「怪盗チャックマン」による盗難事件が連続で発生する。被害者は何を盗まれたのか言えなくなる怪奇事件で、桑潟(佐藤隆太)の憧れであるラクロス部の智子(杉本有美)も被害に遭う。翌朝、通勤途中の桑潟は、ある女性(野波麻帆)から突然、熊の縫いぐるみを渡される。「肌身離さず持っていて」という彼女の色香に、桑潟は妄想の世界に陥りそうになる。ところが、そんな幸福感を、彼女の「誰かに渡したら爆発するから」という言葉が打ち砕く。桑潟は縫いぐるみを抱えたまま教壇に立つことに。そんな中、上司の鯨谷教授(倍賞美津子)は桑潟に「3日以内に怪盗チャックマンを捕まえなければ、桑潟を犯人として処罰する」と通達する。

第3話 2012年2月5日「大出現!!ミステリーサークルと殺人バンジージャンプに謎の接点」
 大学近くの遺跡で、下着でつくられたミステリーサークルが発見される。代々の名主・垂乳根(麿赤児)は、この奇妙な事件の謎解きを桑潟(佐藤隆太)に依頼する。桑潟は自分を超常現象のエキスパートだと思い込んでいる垂乳根の期待を裏切らないよう、適当にそれらしく、ミステリーサークルが出現した場所を掘ってみるよう指示を出す。すると、思いがけず石板が出土し、それにはこの地の守り神である「たらちね様」の化身として桑潟の名前が刻まれていた。垂乳根の家に招かれた桑潟は、代々垂乳根家の分家と本家で争われてきた、たらちね様の継承権を決める50年に1度の「たらちね祭り」に、本家代表として参加してほしいと要請される。最初は乗り気ではなかった桑潟だが、垂乳根の頼みを引き受ける。

第4話 2012年2月12日「殺意の4回転ジャンプ!?フィギュア女王の(秘)人間消失トリック!!」
 女子大学近くの商店街で、白仮面に全身黒ずくめという謎の集団が現れる。彼らが出現すると、その街はゴーストタウン化するとのうわさ通り、商店街はシャッターを下ろした店ばかり。営業しているのは地味なラーメン店だけだったが、味は絶品だ。おまけに、店主の文子(いしのようこ)は美人ということで、桑潟(佐藤隆太)はこのラーメン店に通い、売り上げへの貢献を約束する。翌日から、桑潟はミステリー研究会の学生たちを誘うが、ランチの時間になると決まって謎の集団が現れる。不機嫌が続いている都与(倉科カナ)と、マイペースな仁美(桜庭ななみ)を除き、全員が妙な音頭に乗せられ、夕飯を食べられなくなるほど満腹にさせられてしまう。

第5話 2012年2月19日「美人妻(秘)毒殺トリック!!誘惑する下着の罠!?容疑者は警察官12人」
 「ミスたらちね」の真由(谷沢恵里香)の下着が盗まれず、同じマンションの地味な主婦・早苗(山下容莉枝)の下着ばかりが盗まれるという事件が発生する。自分の勝負下着が全く盗まれない屈辱を味わった真由は、下着泥棒を捜し出すよう桑潟(佐藤隆太)に依頼する。桑潟は真由との甘い生活を妄想しながら、自分も勝負パンツをはいて調査を開始する。マンションが見える公園に移設した仁美(桜庭ななみ)の段ボールハウスで張り込みを始めたその晩、早苗の部屋からアクセサリーが盗まれる。犯人はベランダから真由の部屋がある階下に逃走するが、今回もベランダに干されていた真由の下着は盗まれなかった。そんな中、桑潟は早苗の夫・桜木(ベンガル)から意外な相談を持ち掛けられる。

第6話 2012年2月26日「水着美女(秘)人体発火トリック!!密室に4人の容疑者」
 赤いたらちね2・26事件から2年目の同じ日、「ミスターたらちね」を名乗る謎の人物によって、桑潟(佐藤隆太)、都与(倉科カナ)、沼袋(渡部秀)の3人が拉致監禁される。赤いたらちね2・26事件とは、天才臨床心理学者の敷島(吉田鋼太郎)が人体実験を試み、その被験者となった学生が、火だるまになって校舎の屋上から飛び降りた事件だ。見知らぬ山小屋に閉じ込められた3人が解放される方法はただ一つ。ミスターたらちねからの質問に、うそ偽りなく答えることだ。答えられなければ、3人から大切なものを奪って裁きを下すと、ミスターたらちねは言う。

第7話 2012年3月4日「美人姉妹(秘)時間逆流トリック!!毒殺された遺産10億の料亭女将!?」
 300年続く料亭で後継争いが起きる。おかみの益恵(りりィ)は、伝統を守れるのは三女の玲子(白石美帆)しかいないと考えていた。しかし、長女の晶子(大家由祐子)と次女の紀美子(春木みさよ)は、愛人の子である玲子が相続することに猛反対する。話し合いがこじれる中、茶を飲んだ益恵が突然苦しみだし、そのまま病院に担ぎ込まれてしまう。翌日、自転車で転倒し、意識を失った桑潟(佐藤隆太)が同じ病院に運び込まれてくる。38時間後、桑潟は意識を取り戻すが、自分だけタイムスリップして未来に来たと思い込む。娘たちの誰かが、遺産目当てで自分を殺そうとしていると思い込む益恵と遭遇した桑潟は、「時空探偵」気取りで、犯人捜しを請け負う。

※2012年3月11日は報道ステーションスペシャル「愛おしきあなたへ」 放送のため、休止。

最終話 2012年3月18日「さらば名探偵…殺人同窓会!!変装美女の(秘)略奪愛」
 たらちね国際女子大学に未確認生物が出現する。誰よりもおびえる桑潟(佐藤隆太)の目の前に、初恋の女性・千佳(原沙知絵)が現れる。千佳は、子供のころにいじめられていた桑潟が准教授になったと知り、称賛する。千佳に対する恋心を再燃させた桑潟は、准教授という立場を守ろうと決める。年度末で、リストラ対象になっている桑潟は、准教授の植松(梶原善)を自分の代わりに蹴落とすことを決める。桑潟は、仁美(桜庭ななみ)の忠告も聞かす、植松の研究室に忍び込む。そこで桑潟は、植松と千佳のツーショット写真を発見してしまう。

各話視聴率


番組公式サイト
(桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 - Wikipedia)

『妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索