2011年12月28日

撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語 TOP

「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」は2012年1月13日から同年4月6日まで、テレビ東京系列「ドラマ24」(金曜24:12 - 24:53)枠にてドラマ化。全12話。


概要
川村ゆきえ、杉原杏璃、小松彩夏、手島優ら、ベテラン勢からフレッシュな新人まで、グラビアアイドルが多数出演する、おしゃれでエロティックなナイト・ドラマ。テレビ局が開催するグラビアアイドルユニットのオーディションを舞台に、華やかな現場で巻き起こる騒動を描く。さらに、これまでテレビでは描かれてこなかったグラビアアイドルたちの仕事や夢、恋、貧乏など、さまざまな悩みや葛藤を抱える、等身大の女性としての本音もクローズアップ。

『ドラマ24』としては初めて、主演が設定されないドラマとなる。また、主な出演者も役名はなく、芸名そのままで出演する。ストーリーはフィクションだが、いわゆる「セルフパロディ」的なドラマ仕立てとなっている。


あらすじ
テレビ東京がグラビアアイドルユニット「テレ東7ちゃんガールズ(仮)」オーディションの開催を決定!決勝審査に進むのは19名のグラドルたち。様々な葛藤や苦悩を抱えながら夢と決意を抱いてオーディションに臨む彼女たち。勝ち残るのは一体誰なのか…?現役のグラドルたちが総出演!カメラが捉えた姿は、どこから本当で、どこまで嘘なのか。本音と建て前、素顔と仮面、虚実入り交じる新感覚ドラマ!


キャスト
最終審査進出者
アキヅキ ミカ (17) - 秋月三佳
カワムラリカの呼びかけでダンス合宿に参加。

オオハシ サヨコ (26) - 大橋沙代子
オカモト マリ (22) - おかもとまり
第7話、主要グラドル。

オザキ ナナ (29) - 尾崎ナナ
第4話、主要グラドル。

カマタ ナツミ (23) - 鎌田奈津美
第10話、主要グラドル。

カワムラ ユキエ (25) - 川村ゆきえ
第2話、主要グラドル。

カワムラ リカ (26) - 川村りか
第6話、主要グラドル。

キリヤマ ルイ (20) - 桐山瑠衣
コマツ アヤカ (25) - 小松彩夏
第5話、主要グラドル。

スギハラ アンリ (29) - 杉原杏璃
第3話、主要グラドル。

タカハシ アユミ (24) - 高橋亜由美
タチ エミ (24) - 館恵美

カワムラリカの呼びかけでダンス合宿に参加。

タチバナ サキ (23) - 立花サキ(第11 - )
第11話、主要グラドル。ヤングジャンプの読者から人気投票で選ばれ、特別枠としてダンス・水着審査免除で参戦する。一般の会社員として働きながらレースクイーンの活動をしてきた。

テジマ ユウ (27) - 手島優
第9話、主要グラドル。

ナカガワ トモミ (23) - 中川朋美
コマツアヤカを慕う。

ナカムラ ハジメ (24) - 中村一
ナノカ (22) - 菜乃花
ニトウ ミサキ (18) - 仁藤みさき
マルタカ マナミ (21) - 丸高愛実
カワムラリカの呼びかけでダンス合宿に参加。

ワダ エリ (22) - 和田絵莉
第8話、主要グラドル。「テレ東7ちゃんガールズ」決勝審査、体調不良を理由に欠席する。

マネジャー
日比野 - 小野ゆたか(スギハラアンリ担当)
末広 - 西原誠吾(オザキナナ担当)
榎本 - 森下創(ワダエリ担当)
マネージャー - 葛木英(コマツアヤカ担当)
マネージャー - 夏目慎也(タチエミ担当)
マネージャー - 清田智彦(テジマユウ担当)
マネージャー - 森下サトシ(タチバナサキ担当)

番組スタッフ
ディレクター - 柾賢志
ディレクター - 友倉由美子
チーフディレクター - 古舘寛治
後藤 - 井内勇希(取材ディレクター)
北条 - 半田周平(取材ディレクター)
鈴木 - 酒巻誉洋(取材ディレクター)
諏訪 - 盛隆二(取材ディレクター)
石田 - 浜田信也(取材ディレクター)
須賀 - 今里真(取材ディレクター)
麻田 - 植村宏司(取材ディレクター)
番組AD - 山口貴之
審査員 - 小川智弘
審査員 - 石黒圭一郎
審査員 - 山崎和如
オーディションスタッフ - 山本啓之
伊藤 - 伊藤隆行(プロデューサー)

ゲスト
第3話
翔子 - 橘仁美(元グラビアアイドル)

第4話
あき - 川村亜紀(ネイリスト)

第7話
ヨシノ サヤカ - 吉野紗香(オカモトマリの友人)
クリヤマ ムイ - 栗山夢衣(ギルガメッシュLIGHT出演者)
カブトムシ ユカリ - カブトムシゆかり(ギルガメッシュLIGHT出演者)
グラドルX - 谷桃子
本人 - マシンガンズ(オカモトマリの事務所の先輩)
本人 - イジリー岡田(ギルガメッシュLIGHT / テレ東7ちゃんガールズMC / 第11話)

第8話
ナツカワ ジュン - 夏川純(ワダエリの事務所の先輩グラドル)
カナ - 谷麻紗美(ワダエリの友人)

第9話
本人 - 山崎まさや(今夜はエキサイティングリターンズ出演者)
本人 - みっちー(ラジオINTER FM 76.1 MHzパーソナリティー)
ササガワ ユイ - 笹川結衣(ラジオINTER FM 76.1 MHz出演者)
クドウ ユイハ - 工藤結葉(ラジオINTER FM 76.1 MHz出演者)

第11話
アカリ - 小明(タチバナサキの友達)
本人 - 相内優香(テレ東7ちゃんガールズアシスタント / テレビ東京アナウンサー)
本人 - 岡部紳二(テレ東7ちゃんガールズ審査員 / テレビ東京ドラマ制作局チーフプロデューサー)
本人 - 品田英雄(テレ東7ちゃんガールズ審査員 / 日経エンタテインメント編集委員)
本人 - 岡本夏生(テレ東7ちゃんガールズ特別審査員 / 最高齢グラビアアイドル)
コンノ アンナ - 今野杏南(ヤングジャンプ審査参加者)
サクライ ミキ - 桜井未来(ヤングジャンプ審査参加者)
サセ ミサキ - 佐瀬弥咲(ヤングジャンプ審査参加者)
シライシ ミズホ - 白石みずほ(ヤングジャンプ審査参加者)
ナカムラ アオイ - 中村葵(ヤングジャンプ審査参加者)
マツイ アリサ - 松井ありさ(ヤングジャンプ審査参加者)

第11 - 最終話
本人 - 相内優香(テレ東7ちゃんガールズアシスタント / テレビ東京アナウンサー)
本人 - 岡部紳二(テレ東7ちゃんガールズ審査員 / テレビ東京ドラマ制作局チーフプロデューサー)
本人 - 品田英雄(テレ東7ちゃんガールズ審査員 / 日経エンタテインメント編集委員)

最終話
本人 - 有野晋哉(テレ東7ちゃんガールズ審査員 / よゐこ)

スタッフ
脚本 - 入江信吾、北川亜矢子、葛木英、和田清人
監督 - 松木創、植田泰史(共同テレビ)
チーフプロデューサー - 岡部紳二(テレビ東京)
プロデューサー - 阿部真士(テレビ東京)、齋藤理恵子(共同テレビ)
制作 - テレビ東京、共同テレビ
制作著作 - 「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」製作委員会

主題歌
OPテーマ = LIL「LUCKY STAR」
挿入歌 = リアーナ「ウィー・ファウンド・ラヴ feat.カルヴィン・ハリス」
EDテーマ = the audio pool「watershed」


各話あらすじ(2012.1.13 - 2012.4.6)全12話 
第1話 2012年1月13日「裸で勝負!!」
 「グラビア界の復興」を掲げてテレビ東京がアイドルユニットの結成を決定した。オーディションには各事務所から応募が殺到し、1次審査を経て19人のグラビアアイドルが決勝に進むことに。19人には、1次審査通過直後から決勝審査当日までの1週間、密着取材を敢行することになる。そして、迎えた決勝審査当日。さまざまな思いを抱えつつ、19人は水着審査の順番を待っていた。ところが、そこであるトラブルが起こる。

第2話 2012年1月20日「体が商売道具」
 ユキエ(川村ゆきえ)は決勝までの1週間の様子をビデオで記録するよう指示される。それと同時に取材ディレクターの後藤(井内勇希)がユキエの日常にカメラで密着。だが後藤は、普通すぎるユキエをどう撮ったらいいか分からない。ある日、書店でユキエの握手会が開かれ、ユキエはファンから「コメントがつまらない」と言われてしまう。また、メーク担当のスタッフたちにインタビューをした後藤は、ユキエはきれいだけどオーラがないと話すのを聞く。

第3話 2012年1月27日「決意のGカップヌード!?」
 アンリ(杉原杏璃)のオーディションを終えた審査員たちは、アンリに関する‘やばい写真’が流出するという噂話をする。後日、アンリはマネジャーの日比野(小野ゆたか)からある写真を見せられ、問い詰められる。その姿をビデオカメラで撮影してしまっていた。前日、1次審査に合格したアンリは私生活を撮影するようビデオカメラを渡されていたのだ。さらに、来年30歳のアンリを若いグラビアアイドルたちが侮辱する。

第4話 2012年2月3日「柔肌Gカップむせび泣く」
 1次審査に合格したナナ(尾崎ナナ)を、決勝審査までスタッフが密着取材することに。ナナの給料は月8万円で、ナナは生活のために週4〜5日は飲食店でアルバイトをしていた。そんな中、ナナは店長に頼まれて11時間も働くことに。大きなニキビができたナナは、マネジャーの末広(西原誠吾)に本業を優先するよう叱られる。ナナは給与が安いせいだと反論するが、それはナナが仕事を勝ち取れていないからだと言われる。

第5話 2012年2月10日「恥辱Dカップ盗撮マニア」
 アヤカ(小松彩夏)は女優としても活躍しているグラビアアイドル。正義感が強く仲間思いのようだが、密着したディレクターは彼女の性格をうそくさく感じていた。そんな中、アヤカはグラビアアイドルのトモミ(中川朋美)から、ファンにストーカーまがいのことをされていると相談を受ける。正義感の強さからトモミのことを心配し家まで送ると申し出るが、それが災いしてトラブルに巻き込まれてしまう。

第6話 2012年2月17日「湯煙欲情(秘)ぷるるん合宿」
 リカ(川村りか)はダンス経験のあるグラビアアイドル。オーディションの決勝審査に向け以前ドラマで共演したエミ(館恵美)、マナミ(丸高愛実)、二人に誘われたミカ(秋月三佳)と共にダンス合宿を敢行する。当初は楽しそうだったが、リカがミカに上下関係を分かっていない新人も多いと話した時から雲行きは怪しくなり始める。マナミはリカが暗に自分のことを言ったのではないかと感じたのだ。その後、エミがムードメーカーとなり和気あいあいで過ごすが、笑顔の裏では互いへの不満がたまっていた。合宿最終日、ついにそれが爆発してしまう。

第7話 2012年2月24日「桃尻縄地獄(秘)濡れた貧乳」
 ものまねタレントだが、グラビアアイドルとしても活躍の場を広げているマリ(おかもとまり)はオーディションの1次審査を通過。決勝審査までの1週間、密着取材を受けることになる。だがディレクターからは芸人だからと笑いを取るよう期待され、プレッシャーを感じる。そんな中、マリをねたんで、オーディションを辞退してほしいという内容の匿名の手紙が届く。それ以来、マリに対する嫌がらせがエスカレートする。

第8話 2012年3月2日「清純妄撮(秘)濡れた唇と涙」
 1次審査に合格したエリ(和田絵莉)は、マネジャーの榎本(森下創)に事務所の力で合格したのか質問し、実力だと言われ安心する。裏表のない性格のエリは、密着ディレクターに強気に答え、友達のカナ(谷麻紗美)に誘われた食事にも連れて行く。しかし、行ってみるとそこには見知らぬ男たちがおり、エリは怒る。榎本はそんなエリを注意するが、その後も榎本ともめたエリは、先輩グラドルにマネジャーを交換したいと伝える。

第9話 2012年3月9日「艶乳ファン食い愛欲告白」
 ユウ(手島優)も決勝審査に進出し、ディレクターの石田(浜田信也)が密着取材することに。ユウは取材に明るく対応するが、後輩たちの声が聞こえた途端に急に黙ってしまう。ユウは石田に、グラビアアイドルは裏切るから嫌いで、食事の誘いも断っていると明かす。ユウは恋愛にうつつを抜かしていたことも話すが、その後でユウはマネジャーを通じて、自分の素の部分や男性関係の話を聞くのはやめてほしいと伝える。

第10話 2012年3月16日「衝撃オーディション辞退」
 決勝審査前夜にナツミ(鎌田奈津美)が突然辞退を申し出た。ディレクターの須賀(今里真)は、ガード下の飲食店で泣きながら飲むナツミを見つける。須賀がグラビアアイドルをやめるというナツミに理由を聞くと、水着で山登りするなど意味不明な仕事をやらされること、全てのファンを愛せないことなど、10の理由を挙げられる。ナツミは仲の良かったグラビアアイドルがAVに落とされたことを告げ、明日はわが身だと言う。

第11話 2012年3月23日「決勝開幕!!出来レース!?」
 マンガ雑誌で「特別枠」の投票が行われ、サキ(立花サキ)が選出される。密着ディレクターの麻田(植村宏司)は、サキがOLとして働く会社に伝えに行くが、逃げられてしまう。麻田が追い掛けて話を聞くと、サキはグラビアの仕事を会社に内緒にしているのだと言う。その夜、雑誌の編集者たちが開催してくれた祝賀会に参加したサキは、OLという安全な場所にいてチャンスを待っているだけでは成功しないと指摘される。

※2012年3月30日は世界卓球2012 ドルトムント中継のため、休止。

最終話 2012年4月6日「生き残るのは誰だ!?美しき女たちの号泣と裏切り…衝撃ラスト」
 決勝審査1日目の後、サヨコ(大橋沙代子)らはサキ(立花サキ)が2日目からの参加という特別扱いと知り、出来レースではないのかと不満を漏らす。2日目は歌の審査で始まり、各自が歌い終わると、司会者のイジリー(イジリー岡田)は、最後に行われるシークレット審査の内容が「今ここで、あなたのグラビアへの熱い想いを、90秒以内でぶちまけてください」というものだと説明。全員がその思いを懸命に語り始める。


番組公式サイト
(撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語 - Wikipedia)

『撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索