2011年12月15日

科捜研の女 第11シリーズ 第10話

#10「10年目の殺人脅迫状復讐の葬儀!暴かれた最期の罠!!」2012年1月26日放送

大学の研究所内で、特殊ガラスの研究者である神崎英雄教授(入江毅)の撲殺死体が発見された。現場にはさまざまなガラス片が散乱していた上、鼻の粘膜に炎症が残っており、教授は催涙スプレーをかけられた後に、凶器のガラスで頭部を殴られたものと思われた。

だが、マリコ(沢口靖子)たち科捜研の分析の結果、催涙スプレーは市販のものではなく、化学の知識を持った人物が独自に成分を配合して作ったものだと判明。また教授のもとには以前から「10年前の出来事を忘れるな」という脅迫状が届いていたこともわかった。

マリコと土門(内藤剛志)は、かつて被害者と同じ研究室に在籍していた元准教授・麻生慶一(村田雄浩)を訪ねる。麻生は10年前、神崎と教授選を争っていたが、その最中に研究費の使い込みを疑われ、大学を解雇された人物だった。

そんな中、被害者の夫人・早季子(笛木優子)が何者かに襲われる事件が起きて…!?


科捜研の女 TOPへ
各話視聴率へ
2011年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2011年秋ドラマ視聴率一覧へ
2012年冬ドラマ(1-3月)へ
2012年冬ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第11シリーズ 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

科捜研の女11:第10話 感想
Excerpt: 『10年目の殺人脅迫状復讐の葬儀!暴かれた最期の罠!!』 祝・放送再開!! 長かったですね、本当に。なんとか一か月半耐えることができましたよ…。 2月は月刊テレビ誌見る限り休止はなさそうです..
Weblog: ホワイト・メモリー
Tracked: 2012-01-26 22:13

科捜研の女(11) 第10話
Excerpt: 『10年目の殺人脅迫状復讐の葬儀!暴かれた最期の罠!!』 内容 洛南工科大学の研究室で神崎英雄教授(入江毅)の撲殺死体が発見された。 駆けつけたマリコ(沢口靖子)そして土門刑事(内藤剛志) 第一発..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2012-01-27 21:31

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索