2011年12月06日

カレ、夫、男友達 第7話

第7回【人を好きになるということ】
総合 2011年12月13日 午後10時
再放送・総合 2011年12月20日午前0時15分(月曜深夜)
※第7回の再放送は20日午前0時35分からとなりました。

 治子(真木よう子)は熊木(徳井義実)が出て行った後の寂しさに耐えかねていた。麻子(木村多江)は邦一(ユースケ・サンタマリア)に二度とDVをしないと約束させ、 守れなければ夫婦は終わりだと告げる。

一方、治子と育子(夏帆)は洋子(高畑淳子)と語らううち、洋子に修司(長塚京三)との過去のことを問いかけるのだった。そんなある日、育子は正彰(三浦貴大)が他の女性と談笑するのを見てショックを受ける。正彰はそれは嫉妬だと指摘するが、育子は自分は恋愛はしないと答える。悩んだ育子は修司に、人を好きになるのはいいことかと聞く・・・。


カレ・夫・男友達 TOPへ
各話視聴率へ
2011年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2011年秋ドラマ視聴率一覧へ

『カレ、夫、男友達 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHKドラマ10『カレ、夫、男友達』第7回 人を好きになるということ
Excerpt: 『人を好きになるということ』 内容 熊木(徳井義実)が出ていき、ひとりになった治子(真木よう子) 仕事でも、怪文書のおかげで今までとは違う仕事をすることが多くなっていた。 それは熊木と会えないこと..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-12-14 18:01

カレ、夫、男友達七話感想
Excerpt: 3姉妹の次女で一応主人公である真木よう子は、今回ほとんど進展なし。。彼氏が帰ってきてくれてるんじゃないか?と日々仕事から帰れば、部屋には誰もいない。期待して落ち込んで、しかも会社にも男関係のことが回っ..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2011-12-14 22:05

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索