2011年12月02日

DOCTORS〜最強の名医〜 第7話

「余命1年…外科医が癌に倒れる」2011/12/8

ある日、堂上総合病院に重度の肝硬変を患った10歳の少年・光太郎(澁谷武尊)が入院してくる。これまで大学病院などで治療を受けてきたがどこもお手上げで、このまま症状が進めば肝機能が低下し死に至る可能性はかなり高い。そこで相良(沢村一樹)は生体肝移植手術を提案するが、森山(高嶋政伸)たちから猛反対される。

 もし手術をする場合、臓器を提供するドナーが重要になってくる。だが、光太郎の母・美佐(秋本祐希)は以前に肝炎を患っており、父・孝史(松尾諭)は実の父親ではなかった。「僕は君を元気な体にする」。光太郎にそう誓った相良。しかし、ドナー探しに院内の意志統一と、越えなければいけない問題は山積みだ。さらに相良にも最大の危機が訪れようとしていた……。


DOCTORS〜最強の名医〜 TOPへ
各話視聴率へ
2011年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2011年秋ドラマ視聴率一覧へ

『DOCTORS〜最強の名医〜 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2011年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DOCTORS 最強の名医 第7話
Excerpt: 『余命1年…外科医が癌に倒れる』 内容 病院が上手く回り始めて上機嫌のたまき院長(野際陽子) すべては相良(沢村一樹)が来てからだった。 その堂上総合病院に重度の肝硬変の少・年八代光太郎(澁谷武尊..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-12-09 17:46

DOCTORS〜最強の名医〜 (第7話 12/08) 感想
Excerpt: 10/27からテレ朝で始まったドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』(公式)の第7話『余命1年…外科医が癌に倒れる』の感想。 意外にも“肩透かし”のネタフリ回とは?残念… ★記事の続き(詳細)は..
Weblog: ディレクターの目線blog@Seesaa
Tracked: 2011-12-09 18:03

DOCTORS〜最強の名医〜 (第7話 12/08) 感想
Excerpt: 10/27からテレ朝で始まったドラマ『DOCTORS〜最強の名医〜』(公式)の第7話『余命1年…外科医が癌に倒れる』の感想。 意外にも“肩透かし”のネタフリ回とは?残念… 先週..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2011-12-09 18:03

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索