2011年10月18日

私が恋愛できない理由 第2話

#02「恋は傷つくから嫌!?枯れ女達の大逆転!?」10月24日月曜 夜9時

 藤井恵美(香里奈)は、誕生日の日に元カレでもある同僚の長谷川優(田中圭)から呼び出される。だがそれは、恵美の誕生日を祝うためではなく、前田ひかり(倉科カナ)との結婚を報告するためだった。

 帰宅した恵美は、同居人の小倉咲(吉高由里子)と半沢真子(大島優子)にその経緯をサラッと報告すると、すぐに部屋に入ってしまう。咲たちは、そんな恵美のことを心配していた。

 真子は、木崎俊哉(中村竜)のマンションから逃げ帰ってしまったせいで、彼と目を合わせることができないでいた。避けられていることを感じた木崎も、真子のことを気にしているようだった。

 一方、咲は、ある出版社の二次試験を受ける。白石拓海(萩原聖人)から借りたまま返し忘れてしまったボールペンで試験を受けた咲は、確かな手応えを感じていた。

 ラィテングワークスは、ホテルで開催されるハロウィン・イベントに向けて準備を始めていた。仲間たちと飲んだ後、優と一緒に帰った恵美は、彼が、結婚話をどんどん進めようとしているひかりに対して不満を持っていることを知る。お前には何でも話せる――優は、そう言って恵美に笑顔を見せた。

 別の日、ひかりが、ライティングワークスにホテルのパンフレットを届けにやってくる。元気がないようすだったひかりが気になり、声をかける恵美。ちょうどそこにやってきた優は、拓海から、ハロウィン・イベントの照明プランを恵美と一緒に考えるよう指示された、と大喜びしていた。

 同じころ、仕事を終えて退社しようとしていた真子は、木崎に呼び止められる。何故あからさまに避けるのか、と問われた真子は、「私のこと、好きですか?」と逆に木崎に問い返す。木崎は、戸惑いながらも、友だちから始められたら、と返した。すると真子は、処女は重い、と話していたのは自分のことか、とさらに問いただした。そのとき、同僚から呼ばれた木崎は、傷つけたなら謝るし、何か気に障ったのならもう誘わない、などと言い残してその場から立ち去る。

 その夜、恵美と咲は、真子から木崎の話を聞く。咲は、友情から始まる恋などあり得ない、と断言した。さらに咲は、「余計なことを確認したりしないで、さっさとしちゃえばよかったのに。ホントにバカだね」と言い放つ。そんな咲の言葉に怒った真子は、遊びでしか恋をしない咲よりずっとマシだ、と声を荒げ、部屋に戻ってしまう。

 あくる日、咲は、男友達に呼び出され、彼の家を訪れる。だが、その男が咲を抱こうとしたとき、ふいに「あたしのこと、好き?」「私たちって友だち?」などと立て続けに問いかける咲。男は、その質問に適当に答え、続けようとした。すると咲は、男を押しのけて帰ってしまう。

 真子の会社に、妹の桃子(剛力彩芽)がやってきた。昼食をおごってもらおうと思ったらしい。弁当を持参していた真子は、仕方なく桃子に1000円渡した。そのとき、受付の向こうに、木崎がやってきた。桃子は、真子の態度から、彼女が木崎に恋をしていることを知り…。

 拓海は、イベントのことで妻の美鈴(稲森いずみ)と打ち合わせをしていた。家を建てたい、と考えていた美鈴は、打ち合わせを終えると、再びその話を切り出した。そんな美鈴に、結婚しても自立した生活を送りたいと言ったのは君の方だ、と告げる拓海。それに対して美鈴は、時間が経てば変わることもある、と返すが…。

 美鈴のもとを後にした拓海は、以前出会ったのと同じバス停でリクルートスーツ姿の咲を見かける。車を止め、咲に声をかける拓海。咲がバスを待っていると思い込んだ拓海は、彼女を車に乗せて走り出す。咲は、駅に行く用事はなく、拓海の車に乗るつもりもなかったことを拓海に告げ、どこかに行きたい気分だったから別にいい、と続けた。

拓海は、そんな咲に、自分もどこかに行きたい気分だからちょっと付き合ってもらってもいいか、と言って、彼女を夜景のキレイな港まで連れて行く。そこで咲は、拓海から借りたままだったペンを取り出す。が、咲は、それを返す代わりに自分のボールペンを差し出し、代わりにこれをあげるからもう少し貸しておいてほしい、と頼む。

 拓海の車で家まで送ってもらった咲は、わざと拓海の携帯電話に水をこぼし、大丈夫かどうか確認する、といって彼の番号を手に入れていた。

 恵美と優は、照明プランの参考にするため、あるイベントを見に行く。するとそこに、ひかりと丸山ルミ(加賀美セイラ)の姿もあった。ひかりの会社も、このイベントを狙っていたが、負けてしまったらしい。

 やがてステージでは抽選会が始まり、恵美は、昔懐かしいボードゲームをゲットする。するとそのとき、突然会場の照明が落ちるトラブルが。ほどなく照明は復活したが、恵美がゲットしたゲームは騒ぎの際に誰かに踏まれ、箱がつぶれてしまっていた。そこで恵美は、照明トラブルの際、優が真っ先にひかりを守ろうとしていたことを知り…。

 その夜、恵美は、咲、真子と一緒にボードゲームで盛り上がった。

 あくる日、真子は、木崎に手作りの弁当を渡そうとした。しかし木崎は、そういう真子の行為が重い、といって受け取らなかった。

 恵美は、イベント会場のホテルを訪れ、担当者と打ち合わせをする。その際、恵美は、ひかりが、ホテル内の料亭で見合いをしていることに気づき…。


私が恋愛できない理由 TOPへ
各話視聴率へ
2011年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2011年秋ドラマ視聴率一覧へ

『私が恋愛できない理由 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2011年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

私が恋愛できない理由「恋は傷つくから嫌!?枯れ女達の大逆転!?」
Excerpt: 初回は17%の視聴率と、昨今にない好スタートを切ったんですってね。 「恋愛しなくなった」と、もっぱら噂の妙齢層ですが、やはり、みんな恋愛自体には興味があるのね、と、なんだかホッ 恵美(香里..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2011-10-25 09:38

私が恋愛できない理由二話感想
Excerpt: 吉高由里子が就職活動の帰りに、超偶然にも荻原聖人と<また>再会したのには笑ったね。。吉高は、印象的にも人柄的(純粋な感じ)にも、荻原のことが気に入った様子で、ラストはご機嫌だったな(笑)遊びで?男と寝..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2011-10-25 13:49

私が恋愛できない理由 第2話 感想「恋は傷つくから嫌!?枯れ女達の大逆転!?」
Excerpt: 私が恋愛できない理由ですが、藤井恵美(香里奈)は元彼の長谷川優(田中圭)から婚約者・前田ひかり(倉科カナ)を紹介され落ち込みます。小倉咲(吉高由里子)と半沢真子(大島優子/AKB48)は、恵美のことを..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-10-25 23:02

私が恋愛できない理由 第2話の感想
Excerpt: フジテレビ系列で放送の「私が恋愛できない理由」第2話の感想など。先週、第2話からは「本でも読みながらチラチラ見よう」と宣言し、事実読みかけの本を用意して見始めたのですが、結局ドラマの方をほとんど見てし..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2011-10-25 23:12

私が恋愛できない理由 (第2話 10/24) 感想
Excerpt: 10/17からフジで始まったドラマ『私が恋愛できない理由』(公式)の第2話『恋は傷つくから嫌!? 枯れ女達の大逆転!?』の感想。 3人の必然性が無い! 前回は“内輪の女子会..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2011-10-25 23:27

私が恋愛できない理由第2話(10.24)
Excerpt: 藤井恵美@香里奈は長谷川@田中圭の婚約にショック、 お相手の前田ひかり@倉科カナがお見合いしてるのを目撃して更にショック、 小倉咲@吉高由里子はボールペンの男白石@萩原聖人に再会、 半沢真子@大島優子..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2011-10-27 01:07

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索