2011年09月25日

バラ色の聖戦 第5話

「最終章天才主婦モデル追放!!衝撃スキャンダル発覚涙の引退セレモニー」

紗良(芦名星)の策略にはまった真琴は(吹石一恵)、デザイナーのイメージに泥を塗る恥知らずなモデルとして業界から追放される。せっかく見つけた自分の道を失い落ち込む真琴。そんな真琴に敦司(長谷川朝晴)は慰めの言葉一つ掛けず、これ以上モデル業にこだわるなら離婚だと最後通告を突きつける。

 ところが、真琴に起死回生のニュースが飛び込む。デザイナーの黒田(戸次重幸)が真琴をショーのトップモデルに指名してきたのだ。黒田は、真琴のオーディションでの大胆な表現にインスパイアされショーのイメージを変更。すべてのドレスを作り替えているという。

 そうと知って紗良が黙っているわけがない。真琴が自分の幸せをかすめ取っていく…そんな強迫観念にかられた紗良は、新たな企みを胸に敦司が務める銀行へと乗り込んでいく。

 紗良は敦司に、美生館への高額融資を依頼する。別件の大口取引をほぼ確実のものとしていた敦司は、さらなる顧客を得て昇進レースのトップに踊り出る。ところが、紗良が敦司の妻もモデルをやっていると銀行内で漏らしたのをきっかけに、アマチュア撮影会で撮られた太ももが露な真琴の写真が流出。敦司は一気に立場を失う。

 結局、融資の担当を外され、昇進も叶わなかった敦司は、酔いつぶれて帰宅。敦司が家族のために身を粉にして働いてきたことを改めて知った真琴は、その夜、ある一大決心を固める。

 翌朝、ウエイブエイジェンシーを訪れた真琴は、まどか社長(夏木マリ)にモデルを辞めると申し出る!!


バラ色の聖戦 TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『バラ色の聖戦 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バラ色の聖戦 Stage.5
Excerpt: 『最終章!!さらば天才主婦モデル!!夫か夢か今夜全てが決着…!!』 内容 紗良(芦名星)の罠にはまり、 モデル業界を半ば追放状態となってしまう真琴(吹石一恵) これで、家も落ち着くと。。。。夫・敦司..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-10-04 20:58

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索