2011年09月13日

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜 第10話(最終話)

「男でも女でもない性自分が自分である証」

長年抱えてきた秘密を正直に語った憲次に対し、春はそれで良いと言う。その頃、学校では男子生徒たち相手にトラブルを起こしてしまった春の処遇をめぐって、職員会議が開かれていた。教師たちからは、男子生徒たちの行為は春のカミングアウトに誘発されたもの、春が生徒たちの日常を乱す存在になっているなどの厳しい意見があがる。しかし、担任の錦は春を処分することに違和感を覚える。

翌朝、春は明るく振舞いながら家族に退学になりそうなことを伝える。そんな春に対し、陽子はISであることを言い訳にして生きて欲しくないこと、たとえ退学になったとしても、それは春がISだからなのではなく、学校との約束を破ってしまったからなのだと告げる。陽子の言葉を受け止めた春は、再び前向きに歩き始める。

一方、美和子もISであることに向き合い、前に進もうとしていた。しかし、そんな美和子を目の当たりにした母・直子は、離婚届を置いて家を飛び出し行方をくらませたままだった。賢一と美和子は懸命に探すが…。

放課後。春は一人残ってコンクールに向けたレシピを考えていた。そんな春を見ていた錦は無理をするなと語りかけるが、春は夢のためにも強くなりたいのだと語る。周囲からの冷たい目にも負けず、前向きに頑張る春を前に、錦は春が退学処分になることを切り出せず、春を排除しようとしている自分たち学校側の決断に悔しさをにじませる…。

自分らしく生きようともがきながら、必死に生きる春と美和子。周囲に波紋を起こしながらも、それぞれが最後に下した決断とは…?


第1話 2011年7月18日「親が子供の性別を決定する!?究極の選択」

第2話 2011年7月25日「男でも女でもない性美少女…偽りの微笑」

第3話 2011年8月1日「男でも女でもない性SOS!秘密の告白」

第4話 2011年8月8日「男でも女でもない性作られた“お姫様”」

第5話 2011年8月15日「男でも女でもない性禁断の恋にゆれる…」

第6話 2011年8月22日「男でも女でもない性手紙…暴かれた秘密」

第7話 2011年8月29日「男でも女でもない性“カミングアウト”」

第8話 2011年9月5日「男でも女でもない性たった一人の味方…」

第9話 2011年9月12日「男でも女でもない性大切な友達だから…」


IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜 TOPへ

2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

IS[アイエス]〜男でも女でもない性〜 最終回
Excerpt: な、なんと、シリアスで大真面目なテーマの割には、不似合いなほどに脳天気であっかる〜いオープニングは、最終回の伏線だったのですね (^^;) 個人的には、なにも、校内放送ジャックしてまでカミングア..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2011-09-20 17:20

IS[アイエス]〜男でも女でもない性〜 第10話(最終回)
Excerpt: 『男でも女でもない性自分が自分である証』 内容 “IS”であることを春(福田沙紀)が告白したことで、 生徒たちに動揺を呼び、ついには男子生徒トラブルを起こしてしまう。 原因は、春のカミングアウト。..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-09-20 18:00

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索