2011年08月18日

京都地検の女 第7シリーズ 第6話

「父と子でいたかった…京風おでんに沁みる殺意の罠!!」

 鶴丸あや(名取裕子)のもとに、知人の青年を殺して自首した男・土屋秀樹(大和田伸也)が送致されてきた。土屋は元エリートビジネスマン。数日前、行きつけのおでん屋で顔なじみだった青年・前原信二(松田悟志)と公園で出会って、口論になり突き飛ばしたところ、運悪く信二が頭部を強打、死なせてしまったという。

 2人がもめた原因は、土屋がホームレスのことを人間のクズだと言い、彼らを追い払ったこと。ホームレスを守ろうとした信二が土屋をとがめたことから、トラブルに発展してしまったらしい。

 土屋はあやの取り調べでも、労働しないホームレスは生きる価値などないと、傲慢な発言を連発。一方、信二はインターネットを中心に"町の小さな英雄"だと取り上げられる。2人が出会ったおでん屋の女将・安藤真佐子(芦川よしみ)に聞いたところ、彼らは知り合ったときから反発しあっていたという。

 そんな中、あやは逮捕されたときの土屋の所持品の中に、トイレットペーパーが1ロールだけあったことに疑問を持つ。あやはどこかに違和感を抱くのだが、いったいどこがおかしいのかがわからない…。なぜ所持品の中にトイレットペーパーがあったのか…?あやはその謎が解けたとき、事件には別の顔が浮かびあがると考えるのだが…!?


京都地検の女 TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『京都地検の女 第7シリーズ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都地検の女7:第6話 感想
Excerpt: 今年のこのシリーズは全9話、来月15日が最終回のようです。 前半あれだけ休止でいっぱいだったから回数少なくなるのかな…と焦ったのですが、終わってみればいつもと同じくらいの回数でまずは何より。 …そうそ..
Weblog: ホワイト・メモリー
Tracked: 2011-08-25 22:10

京都地検の女(7)第6話 父と子でいたかった
Excerpt: 『父と子でいたかった…京風おでんに沁みる殺意の罠!!』 内容 元エリートサラリーマンの土屋秀樹(大和田伸也)という男が あや(名取裕子)のもとに送致されてきた。 数日前、壬生ヶ丘公園で知人の前原信..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-08-26 17:47

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索