2011年08月15日

花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011 第7話

「壊れた絆」

 芦屋瑞稀(前田敦子)は桜咲学園を去る決意をしていた。そんな中、陸上競技の地方代表選考会が行われる。ハイジャンプの予選に出場した佐野泉(中村蒼)は、2度失敗したものの、3回目のジャンプを決める。固唾を飲んで佐野のジャンプを見守っていた中津秀一(三浦翔平)や関目京悟(山田親太朗)たちは大喜びだ。

 佐野が試合から戻ると、部屋には瑞稀の姿はなく、荷物もなくなっていた。そして、ベッドの上には真新しいシューズが。そこへ中津がやってきた。瑞稀がいなくなったことを知った中津は、後を追いかけようとした。それを制したのは萱島大樹(柳下大)だ。萱島は、大きな騒ぎにしてしまったら瑞稀が戻りづらくなる、と中津に告げ…。

 桜咲学園廃校まで、残された時間はあと1ヵ月しかなかった。寮生たちは、理事長の樹桜彦(石丸謙二郎)から転入先の希望を提出するよう命じられる。難波南(桐山漣)、オスカー・M・姫島(徳山秀典)、天王寺恵(満島真之介)らが学園を存続させるために何かいい手はないかと考えていると、食堂に飾ってあった創始者の額から、学園の歴史を記した書物が落ちてくる。そこには、戦後、同じように学園が潰れかけた時、ある催しを開いて寄付を募り危機を乗り越えた、とあった。それは3年に一度開かれ、120年もの伝統がある桜咲学園と聖ブロッサム女学院の合同ダンスパーティーだった。

 あくる日、瑞稀は、難波伊緒(山本未來)に連れられて寮に戻った。寮を出た瑞稀は、伊緒に頼ろうとしていた。伊緒は、そんな瑞稀に、自分の気持ちに嘘をつかないでキチンとけじめをつけろ、と告げて連れてきたのだ。佐野と中津は、瑞稀を迎え入れ…。

 同じころ、パリから聖ブロッサム女学院の生徒会長・花屋敷ひばり(岩佐真悠子)が帰国する。ダンスパーティーが開催されるかどうか、確認するための帰国だった。このダンスパーティーは、女子がパートナーとなる男子を見つけ、申し込まれた男子は断れない、という決まりになっていた。

 ひばりは、男女の数を調整するため、中央千里(西井幸人)、放出光太(栗原吾郎)、京終山水(宝海大空)、河内森尚(上遠野太洸)、そして瑞稀に、女子パート踊るよう命じる。

 難波と姫島は、聖ブロッサム女学院長の樹さくら(若村麻由美)ら理事会にダンスパーティーの開催を報告した。天王寺だけは参加を拒否し、尼崎カンナ(市川美織)からのパートナーの申し込みも断ってしまう。

 瑞稀たちは、桜咲学園OBへ送る招待状の作成や、衣装の準備などを開始する。そこにやってきた中津は、ルールを無視して、瑞稀に「俺と踊ってほしい」と申し込む。一方、佐野は、岸里樹理(柏木由紀)からダンスパートナーを申し込まれる。それもあって、瑞稀と佐野は、お互いに素直に話すことができず…。

 ダンスパーティー当日、会場には桜咲学園長の桜彦、桃郷学院長の樹桃雄(奥田達士)とともに、OBたちが集まった。

 ダンスが始まった。瑞稀は、樹理と踊る佐野の姿をつい目で追っていた。佐野もまた、そんな瑞稀を気にしていた。そこで騒ぎが起きた。嫉妬した樹理が、意図的に飲み物係を転ばせたため、瑞稀やOBたちがジュースをかぶってしまったのだ。白けた会場の雰囲気を救ったのは、オスカーとひばりの見事なダンスだった。

 瑞稀と佐野のぎこちない関係を気にしていた中津は、ふたりが話せるよう仕向ける。そこで、瑞稀と佐野は互いに謝った。佐野は、戻ってきたのは嫌じゃなかった、と瑞稀に告げた。瑞稀も、今度こそ学園のことも佐野のことも最後まで見届ける、と返す。

 樹理の行動に気づいていたひばりは、正々堂々と勝負するよう諭した。そこに天王寺がやってきた。天王寺は、会場の片隅にいたカンナにダンスを申し込み、一緒に踊った。

 アップテンポの曲が流れ、盛り上がる生徒たち。それを見た桃雄は、OBたちを引き連れて立ち去ろうとした。難波とオスカーは、彼らを引き留め、守るべき伝統とは、クラシックな音楽とダンスのことではなく、学園を卒業する者と新しく来る者の繰り返しの中で、絶えることなく生み出される笑顔ではないか、と訴えた。「この仲間と笑顔を終わらせたくない。未来につなげたいんです」。難波はそう続けた。桃雄は、その訴えを無視して、何人かのOBたちと去っていく。だが、桜彦と残りのOBたちは会場に残り…。

 パーティーが終わり、瑞稀と佐野は自室に戻った。佐野は、着替えようとした瑞稀の腕をつかむと、音楽プレーヤーのイヤホンの片方を瑞稀に渡し、もう一方を自分が聴けるようにして、彼女に手を差し出す。佐野の手を取り、踊りだす瑞稀。そのとき、瑞稀たちの部屋の前を通りかかった中津は、ダンスをしているふたりの姿を見てしまい…。


花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011 TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(3) | TrackBack(2) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イケパラ2って全然面白くない><

主人公もイマイチ。
周りにいる男子たちもイマイチ。
何も良い所なんてない。

早く最終回になってほしい(*^。^*)
こんなドラマやってても無駄!!

ほんと、面白くない。
前田敦子、演技下手くそすぎる。
前田敦子がしゃべるとイライラする!!

Posted by 団子 at 2011年08月22日 10:38
私は、今のがいいとおもいます。今のがかっこいいと思います!ちなみにいまの若子(中学、高校生はそうなんだそうです。)

とくに私は萱島役の柳下大クンが大好きす!中央役の西井幸人クンもかっこいいです!
Posted by みかん at 2011年08月23日 11:54
ps;打ち切りは絶対にないそうですよ♪


やったー^w^
Posted by みかん at 2011年08月23日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス2011 第7話
Excerpt: 内容 瑞稀(前田敦子)が桜咲学園を去る事を決めた頃。 陸上の選考会で、佐野(中村蒼)は、ついにハイジャンプを決める。 大喜びの中津(三浦翔平)たち。 その場には、瑞稀の姿もあったのだが。。。。 佐野..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-08-22 20:02

【花ざかりの君たちへ 〜イケメン☆パラダイス〜 2011】第7話
Excerpt:  ひばりさま祭りじゃーーーーー  ↑って、この出だし、先週のまさお祭りと同じだろはいそうです ・・・と自分でツッコんで自分で答える・・・ でも、なぜか先週ほどの盛り上がりがなーーーー..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2011-08-22 23:43

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索