2011年08月11日

ろくでなしBLUES 第7話

留年し19歳となっていた輪島。卒業式で答辞を読む話をもらい、太尊らにその内容を相談していた。どうやら輪島には思い残していることがあるようだ。

帝拳高校一ワルと恐れられている真冬。輪島と幼なじみの真冬に輪島は思いを寄せていたが、これまでに告白できなかったことが心残りだった。それを聞いた太尊らは恋のキューピッドになろうと動き出す。

だが、真冬は帝拳高校の兄弟校”横浜帝拳高校”に通う原田成吉に思いを寄せていた。原田は日本タイトルの挑戦権を獲得し、「天才高校生プロボクサー」として話題となっていた。

ある日、原田が帝拳高校にやってきた。その時、輪島は!?真冬は!?太尊は!?



各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ろくでなしBLUES 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索