2011年08月04日

それでも、生きてゆく 第6話

「招かれざる客」

深見洋貴(瑛太)の母、野本(深見)響子(大竹しのぶ)は深見亜季(信太真妃)の死亡時の足跡をたどり、娘への思いを再確認。日垣(深見)耕平(田中圭)と一緒に住んでいた日垣家を出て三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)を探すため洋貴が暮らす釣り船屋『ふかみ』に身を移した。そんな時、遠山(三崎)隆美(風吹ジュン)が来る。

家出した遠山(三崎)双葉(満島ひかり)を探しに来た隆美なのだが、期せずして響子と顔を遇わせてしまった。すると隆美の携帯電話に連絡が入り、三崎駿輔(時任三郎)も来る事になる。駿輔と隆美は、響子に謝罪しようとするのだが会話が上手く噛み合わない。結局、駿輔たちは謝罪の言葉を伝える事が出来なかった。

一方、双葉は祖母のいる介護アパートで文哉に再会。文哉が帰ろうとすると双葉は一緒に連れて行って欲しいと頼み動物園へ。そこで文哉は小さな島に住みたいと言う。その島は文哉と双葉の母親が産まれた場所だった。一緒に行くかと問う文哉に、双葉はうなずく。文哉は翌日の出発を約束して双葉と別れた。だが、果樹園に戻った文哉に思わぬ出来事が襲いかかる。臼井紗歩(安藤サクラ)が文哉の通帳を持ち出していたのだ。

洋貴は藤村五月(倉科カナ)から東雪恵(酒井若菜)が生きていたと連絡を受ける。2人は雪恵の母親に会い勤め先を聞き出した。雪恵の仕事が終わるのを待つ間、洋貴は五月と別行動。その時、洋貴はようやく双葉と連絡がついた。カラオケ店で、双葉は洋貴に文哉と会ったと話しだす。洋貴は文哉の居場所を尋ねるのだが、双葉は答えようとしない。被害者家族と加害者家族…洋貴と双葉は立場の違いを思い知るのだった。洋貴は店から出て行く。

双葉は文哉と落ち合う。洋貴と会って欲しいと懇願する双葉を文哉は冷たくあしらい去ってしまった。この時、双葉は文哉が自分の起こした事件について反省していないことを知る。文哉が果樹園に戻ると、紗歩が草間五郎(小野武彦)に叱責されていた。通帳を持ち出したことを謝るよう五郎に促される紗歩は、文哉が殺人を犯したことを草間真岐(佐藤江梨子)にバラしてしまう。

洋貴と五月は仕事を終えた雪恵に話しかける。文哉について聞きたいと言うと雪恵が突然逃げ出した。洋貴は雪恵を追いかけて…。


それでも、生きてゆく TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『それでも、生きてゆく 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【それでも、生きてゆく】第6話
Excerpt: 双葉が帰ってこなくなり、三崎は夫婦で深見の元へ行った。 響子は何故か夫婦をもてなすようにバタバタ動いた。 じっと対峙している事は不可能に思えた。 深見さん、私たちは・・・。 ..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2011-08-12 19:27

ドラマ「それでも、生きてゆく」第6話感想...
Excerpt: 文哉登場---------------!!久しぶりの再会で、今でも気を使う文哉に思わず涙してしまう双葉。兄はやはりまだ昔と変わらずやさしい気遣いが出来る人。「お兄ちゃん、お帰り----------」一..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2011-08-12 20:22

ドラマ「それでも、生きてゆく」 第6話 感想「招かれざる客」
Excerpt: 文哉登場---------------!! 久しぶりの再会で、今でも気を使う文哉に思わず涙してしまう双葉。 兄はやはりまだ昔と変わらずやさしい気遣いが出来る人。 「お兄ちゃん、お帰り----..
Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
Tracked: 2011-08-12 20:22

それでも、生きてゆく 第6話 感想「招かれざる客」
Excerpt: それでも、生きてゆくですが、深見洋貴(瑛太)と母親(風吹ジュン)は一緒に暮らすことになり、三崎文哉(風間俊介)を探して事件の真相を知ろうとします。遠山双葉(満島ひかり)を探すという目的で母親(風吹ジュ..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-08-12 21:25

それでも、生きてゆく 第6話
Excerpt: 『招かれざる客』 内容 祖母の住んでいる老人ホームに、突然やってきた文哉(風間俊介) それを見て、双葉(満島ひかり)は、驚くとともに、、、涙を流すのだった。 「お兄ちゃん。お帰り」 その後、2人..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-08-12 21:46

それでも、生きてゆく 第6話:招かれざる客
Excerpt: 反省してないって・・・ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!! 深見家の人達も三崎家の人達も、文哉が仕出かした事件のせいで この15年間を悲痛な思いで過ごして来たというのに、当事者の文哉が 全然反省してな..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2011-08-12 21:51

《それでも、生きてゆく》★06
Excerpt: 双葉が、目覚めると、そこには、兄の文哉がいた。 双葉、とちゃんと呼んでくれた。ここに居るのが分っていたら、お祭りやってたから、双葉が大好きだったリンゴ飴を買って来てやればよかったなと言った。 洋貴の..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2011-08-13 14:45

それでも、生きてゆく【第6回】フジ木10
Excerpt: 招かれざる客  「反省って??なんでお兄ちゃんが反省するんだ。なんでそんなこと言うんだよ。たった二人の兄弟なのに。亜季ちゃんは天国に行ったんだ。生まれてこない方がよかったから…」by三崎文哉(風間俊..
Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記
Tracked: 2011-08-14 07:06

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索