2011年07月18日

ピースボート -Piece Vote- 第4話

「命の連帯責任」

秀(濱田岳)たち乗船者は、全員一緒に手錠でつながれる。雄山(陣内孝則)は彼らに、これから"心・技・体"を鍛えるように告げ、体を鍛えるために乗船者全員で力を合わせて10分以内に600回の腕立て伏せをしろと命じる。この指令を達成できなければ、連帯責任で全員が即死だという。手錠でつながれたまま腕立て伏せをすることは難しく、乗船者たちはいら立つ。藤堂(金子ノブアキ)と皆川(関めぐみ)が頑張って回数を重ねるが、サキ(平愛梨)の体力は限界に達し、倒れてしまう。

次なる雄山からの指令は、10分以内に全員で腹筋200回をしろというもの。さらに今度は、人によって回数に不公平が生じないように全員で一本の鉄パイプを持たされ、それを離してはいけないと命じられる。腹筋を重ねるうち、突然鉄パイプが重くなったことを感じた秀は、それを乗船者たちに話し「みんなに引っ張られるだけの人がいるはずだから、もし限界だと感じている人がいるなら黙って休憩するのではなくて言ってほしい」と主張する。

しかし、他の乗船者たちは誰もが「自分は真面目にやっている」と秀に反発。藤堂は秀を「自分が休みたいから誰かのせいにしている」と責め、さらに「甘えた人間だ」と言い放つ。秀はその言葉をきっかけに、自分に刻まれたタトゥー"2"の意味に気付き…。


ピースボート -Piece Vote- TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ピースボート -Piece Vote- 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ピースボート−PieceVote− 第4話
Excerpt: 『命の連帯責任』 内容 雄山(陣内孝則)から、新しいゲームが提示される。 「弱すぎるから罪を犯してしまう」 心技体を鍛えるために、全員で力を合わせ腕立て伏せを10分以内に600回! 出来なければ、..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-07-26 18:17

ピースボート -Piece Vote- (第4話 7/25) 感想
Excerpt: 7/4から日テレで始まったドラマ『ピースボート -Piece Vote- (公式)』の第4話『命の連帯責任』の感想。 謎の男のゲーム説明と、乗船者たちのしゃべりだけ… 何ともこのグ..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2011-07-26 21:54

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索