2011年07月08日

京都地検の女 第7シリーズ 第2話

「殺人逃亡犯は見た!!すれ違う二つの人生」

京都地検検事・鶴丸あや(名取裕子)のもとに、英会話スクールチェーンの元社長・小堀育男(竜雷太)が、部下の元幹部・柳原美香を殺した容疑で送致されてきた。小堀の経営する英会話スクールは元幹部の裏切りで倒産しており、恨みが動機と思われた。

 小堀はすでに警察でも素直に自供しており、あやの取調べに対しても全面的に容疑を認める。しかし、殺害した元幹部については「あいつは絶対に許せない」と言い捨て、反省の色は見えなかった。にもかかわらず、「人間、死んだらそれでおしまい。人は皆、ひとりぼっちで死んでいく…」などと口走る。

 その言葉に引っかかるものを感じた、あや。改めて小堀を呼び、「力になれることがあれば、可能な限り手を貸す」と真摯に向き合う。すると突然、彼は紙と鉛筆を貸してくれといい、京都市内の古いアパートの地図を書き出した。

 驚いたことに、そのアパートの一室から、死後数週間が経過した男性高齢者の死体が見つかる。その男性はいわゆる"孤独死"を遂げたようなのだが、氏名すらわからない謎の人物だった。はたして、アパートで死んでいた身元不詳の男と小堀の関係は…!? そしてなぜ、小堀は男の遺体についての情報を、あやに告げたのか…!?

 あやは"行旅死亡人(こうりょしぼうにん)"として処理されるであろう、氏名不詳の男性の人生の痕跡を調べはじめるが…!?


京都地検の女 TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『京都地検の女 第7シリーズ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京都地検の女7:第2話 感想
Excerpt: …一週間ちゃんと待てましたよ? 初回スペシャルから早2週間。先週はゴルフで休止だったため、ようやく第2話キター!というのが真っ先に持った感想。 今週は時間があったので前回に続きまたリアルタイム視聴がで..
Weblog: ホワイト・メモリー
Tracked: 2011-07-21 22:37

京都地検の女(7)第2話 すれ違う二つの人生
Excerpt: 『殺人逃亡犯は見た!!すれ違う二つの人生』 内容 鶴丸あや(名取裕子)のもとに、 小堀イングリッシュアカデミーの元社長・小堀育男(竜雷太)が送致されてくる。 公私ともに親しかった元幹部・柳原美香(..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-07-22 17:56

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索