2011年07月05日

下流の宴 第7話

「逆転の予感」

珠緒(美波)が1年目の受験に失敗した。2年で医大に合格しないときは翔(窪田正孝)が大学に行くという満津枝(野際陽子)と翔との密約を知った由美子(黒木瞳)は、その密約を珠緒に伝えてしまう。深く傷ついた珠緒は、翔と大げんかして家を飛び出し、島田(遠藤憲一)の塾に転がり込む。

一方、可奈(加藤夏希)は男の子が生まれて念願の"セレブな暮らし"を満喫していた。ところが、夫の北沢(真島秀和)がうつ病になり、その暮らしにも暗雲が垂れ込める。やがて、珠緒は2年目のセンター試験の日を迎える。


下流の宴 TOPへ
各話視聴率へ
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ
タグ:下流の宴

『下流の宴 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NHKドラマ10『下流の宴』第7回 逆転の予感
Excerpt: 『逆転の予感』 内容 夫・健治(渡辺いっけい)の思わぬ告白に動揺する由美子(黒木瞳) その後、健治も再就職、娘・可奈(加藤夏希)も子を産み、 多少なりとも納得出来るようになってきた由美子だったが..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-07-14 17:25

下流の宴第7話(7.12)
Excerpt: 「あんな下流の子が翔の結婚相手になるなんて、 あなた、耐えられるの?私は絶対に嫌!」 「下流はあっちなのか? 翔も言ってただろ。彼女は自分のために頑張ってるって。 あの女の子の方が今じゃ翔よりずっと上..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2011-07-16 23:45

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索