2011年06月27日

全開ガール 第1話

「キスから何も始らない事証明してやる!」 2011年7月11日 21:00 〜 22:09放送

新人弁護士の鮎川若葉(新垣結衣)の夢は、年収100億円の国際弁護士。しかし、採用された外資系の弁護士事務所が日本からの撤退を表明。結局、桜川昇子(薬師丸ひろ子)が代表を務める弁護士事務所に採用された。

翌日、若葉は、オフィスで働くイケメン弁護士の新堂響一(平山浩行)に目を留めた。秘書の汐田そよ子(蓮佛美沙子)によれば、響一は事務所のエースだという。しかし、弁護士の九条実夏(青山倫子)曰く、響一は誰にも"落とせない"存在だという。そこへ、昇子がクライアントが待っていると若葉を呼ぶ。若葉は目を輝かすが、紹介されたのは昇子の5歳の娘の日向(谷花 音)だった。昇子は、若葉に日向の世話係を任せたいという。嫌味な弁護士のモーリス佐古田(佐藤二朗)は、若葉が26人目の世話係だと告げた。

日向は、世話係はすぐに代わるから、名前も覚える必要がないという、クールな少女だった。それを聞いた若葉は、自分は子どもが嫌いだが、引き受けたことはやり遂げると宣言。納得した日向も、自分でできることは自分ですると約束した。

その後、ふたりは日向が通う保育園へ。すると、途中で、若葉の視線が釘付けになった。昨日、若葉がチカンと勘違いした山田草太(錦戸 亮)がいたのだ。草太は、ビー太郎(高木星来)という子どもと一緒だった。保育園では、園長の花村仁(竹内力)と娘のうらら(皆藤愛子)が4人を迎えた。初対面の若葉に、花村らが草太のことを「イクメンの星」だと褒めると、若葉は、生産性がないイクメンがあふれたら日本の経済はダメになる、自分はイクメンには興味も関心もない、と一蹴し、花村らを絶句させる。

オフィスに戻った若葉が仕事をしていると、保育園から日向が熱を出したと連絡が入る。若葉は駆けつけるが、その頃には熱は下がっていた。ホッとしたのもつかの間、今度は、昇子から、日向に夕飯を食べさせ、寝かしつけておくよう命じられる。事務所に戻りたいのに、保育園では夜間の預かりはしていないと言う。若葉が困っていると、ビー太郎が日向を自分の家に誘う。若葉は困惑するが、結局、草太の家で預かってもらうことになる。

仕事を終えた若葉は、草太の家にやってきた。そこは、「ル・佐藤」という定食屋で、草太は料理人だった。草太は、店を切り盛りしながら、子どもたちの世話をしていた。そこへ、林佐間男(荒川良々)、西野健太郎(鈴木亮平)、チャボ(皆川猿時)が入ってきた。佐間男らは草太のイクメン仲間で、全員、父子家庭のため、協力しながら子育てをしているという。将来性も感じられず馴れ馴れしい佐間男らに、若葉はイライラする。

若葉は貧しい家庭に生まれ、幼い頃から借金取りに追われる父親を見て育った。ランドセルすら買い与えてもらえない、そんな暮らしから抜け出したい一心で勉強し弁護士となった。そんな若葉にとって、信じられるものは、お金と法律だけなのだ。

そんな折、日向が病院に運ばれたと連絡が入った。若葉が駆けつけると、そこには草太の姿も。なんと、ビー太郎と日向がキスをし、その後、日向が失神したのだという。そこへ昇子も到着した。医師によると、日向はビー太郎の口に付いていたピーナツバターによるアナフィラキシーショックで失神したが、意識も回復し大事には至っていないという。キスをしたのは日向からだというが、草太は昇子に平謝りに謝った。キスの理由がわからない昇子は、若葉に日向からそれを聞き出すように言うと、その場を立ち去る。その後ろ姿に頭を下げ続ける草太に、若葉は落ち度は昇子側にあるのに、なぜ謝るのか、と尋ねた。草太は、申し訳ない気持ちがあったから謝っただけで、謝らなかったら自分は後悔する、と答えた。

その後、保育園にビー太郎を迎えに行った草太は、そこで、七夕用に飾り付けられた笹の木を見上げた。すると、そこに、日向が書いた「あかちゃんがほしい」という短冊を見つける。前日、ビー太郎から子どもの作り方を聞かれた草太は、男女がキスをすればできると教えた。ビー太郎がそれを日向に教え、日向が実行したのだろう、と草太は若葉に話した。若葉は、それを昇子に報告、明日、改めて日向に言い聞かせると話したが、昇子は、明日から来なくていい、と言って電話を切ってしまう。

深夜、草太は若葉に呼び出され、公園にやってきた。すると、若葉が芝生の上に座っていた。手にはカップ酒を持ち、すでに赤い顔をしている。草太と、その後追いついた佐間男らを見つけた若葉は、なんで自分がクビになるんだ、と草太たちに言いがかりを付けはじめる。そして、キスなんてしたって何も起こらないんだ、と言って草太ににじり寄る。佐間男らがそんなことはないと反発すると、若葉は、それなら証明してやると言って、草太の頭をグイと掴んで、キスをした。唖然とする佐間男らを尻目に、ふたりは長いキスをし…。


全開ガール TOPへ
各話視聴率へ
2011年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:全開ガール

『全開ガール 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2011年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

全開ガール 第1話 感想「キスから何も始まらない事証明してやる!」
Excerpt: 全開ガールですが、野心家の新米弁護士・鮎川若葉(新垣結衣)は雇い主の弁護士・桜川昇子(薬師丸ひろ子)の5歳の娘・日向(谷花音)の子守をやらされることになります。保育園で、電車で変態と間違えた山田草太(..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-07-12 16:50

全開ガール (第1話 7/11) 感想
Excerpt: 7/11からフジテレビで始まったドラマ『全開ガール (公式)』の第1話『キスから何も始まらない事証明してやる! 』の感想。 良くも悪くも吉田智子脚本で… 吉田智子氏の脚本は、どち..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2011-07-12 17:55

全開ガール 第1話
Excerpt: 『キスから何も始らない事証明してやる!』 内容 外資系のスミス&クラークという弁護士事務所に入り、 夢は、年収100億の国際弁護士!という新人弁護士・鮎川若葉(新垣結衣) 恋を含め、全ての欲をはねの..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-07-12 17:56

全開ガール キスから何も始らない事証明してやる!
Excerpt: 軽いタッチのコメディですね。新垣結衣には、少し荒唐無稽な楽しいオハナシがよく似合う?! ゆとり世代育ちにもかかわらず、そんな周囲に影響されず、貧乏をバネに猪突猛進型の全開ガールになり(!)、「夢..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2011-07-12 18:05

ドラマ「全開ガール」第1話感想「キスから...
Excerpt: ゆとり世代の就職氷河期----------------。貧しい家庭に育ったため、富と成功を手にするために、幼い頃から遊びも何もかもを封印し、ひたすら勉強に励んだ鮎川若葉。やさしかった父。で...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2011-07-12 20:27

ドラマ「全開ガール」 第1話 感想「キスから何も始らない事証明してやる!」
Excerpt: ゆとり世代の就職氷河期----------------。 貧しい家庭に育ったため、富と成功を手にするために、幼い頃から遊びも何もかもを封印し、ひたすら勉強に励んだ鮎川若葉。 やさしかった父。..
Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
Tracked: 2011-07-12 20:27

全開ガール 第1話:キスから何も始らない事証明してやる!
Excerpt: 大変!子ども出来ちゃうヨ(* ^)(^ *)チュゥゥゥゥ♪ 若葉ってもしかしてこれが初めてのチュウなんじゃ・・・ 酔った勢いで、しかも吐きそうなのをこらえながらて・・・ 若葉としてはキスをしても何も始..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2011-07-12 20:55

羅羅ちゃんに先を越された初キス!ダサジャージvs変態ニセパイおむつ男(全開ガール#1)
Excerpt: 2011夏ドラマ、何見よう?『全開ガール』1987年生まれのゆとり世代1期生として生まれた・・・あとは長いから省略wかけっこで1位を決めないとか、円周率は「3」だとか、台形の公 ...
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2011-07-12 23:15

全開ガール第1話& ピースボート Piece Vote第2話(7.11)
Excerpt: ・全開ガール第1話 お金と地位にこだわる新人弁護士鮎川若葉@新垣結衣が 育児を通じて、お金より大事なものがあることに気づく話 最近の月9に比べるとつまらなくはなかったけど、 面白かったかと言われると微..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2011-07-14 01:37

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索