2011年06月03日

生まれる。 第8話

「消えそうな命が家族を結ぶ」

浩二 (中島健人) の白血病が再発し、その事実を一人知ってしまった 愛美 (堀北真希)。母である 愛子 (田中美佐子) のことを気遣う浩二は、再発の事実を口外しないことを愛美に懇願するが、愛美は悩みに悩んだ末、浩二を説得し、愛子に再発の事実を告げる選択をする―。

そして愛美によって告げられた、浩二の白血病再発の事実―。そのことを知った愛子は浩二の前では気丈に振舞っていたが、担当医師である 玉木 (児嶋一哉) から浩二の状態を聞くと激しく動揺し、「 お腹にある子、そして自分の命と引き換えにしても浩二を助けたい 」 と玉木に告げ、そんな愛子に愛美はかける言葉が見つからない…。

愛子はついに中絶をも考え始め、愛美と共に 近藤卓巳 (大杉漣) の下を訪れる―。浩二の白血病再発、そしてそんな浩二を助けるために中絶をしたいと願い出る愛子―。取り乱す愛子に近藤がひとつの “希望” の手を投げかける… それは 「 臍帯血移植 」 であった。そのひとつの “希望” に全てをかける決意をする愛美、愛子、そして浩二。

そんなことを知らず、まだ家に引きこもっている 美子 (竹富聖花)。見かねた愛美は美子を必死に説得するのだが美子の反発は大きく、そんな美子に対して愛美は…。

一方、太一 (大倉忠義) は怪しい仕事に手を染めようとするが、自分の良心からうまくいかず… そんな時に太一に突きつけられた最悪の仕事―。引くに引けない太一はその仕事に取り掛かろうとするがその時…。

そんな中、浩二を襲った最悪の事態― それは白血病の合併症であった―。
刻一刻と迫る病魔は確実に浩二の 「 命 」 の灯火を奪っていき…。


生まれる。 TOPへ 
各話視聴率へ
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ
タグ:生まれる。

『生まれる。 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドラマ「生まれる」 第8話感想「消えそう...
Excerpt: 今日はちょっと簡易感想で。というか、正直この作品は、何を主題に見せたいのかちょっとテーマがずれてしまってるので、ここ数回は特に太一の件でイライラさせすぎだったし、引き伸...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2011-06-11 20:28

【生まれる。】第8話
Excerpt: お母さん。あのね。 浩二のこと。 仕事で海外に行くって言ってたでしょ。 あれ、嘘なんだよ。 白血病が再発したの。 今のところ、骨髄も臍帯血もドナーがいないの。 誰よりも..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2011-06-12 04:47

生まれる。 第8話 感想
Excerpt: TBS系ドラマ「生まれる。」の第8話の感想など。ようやく録画を見ました。次男の浩二(中島健人さん)は、白血病が再発して化学療法を続けていたけれど免疫力が落ちたところで肺炎にかかってしまい、落命の危機に..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2011-06-12 22:55

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索