2011年06月02日

おみやさん 第8シリーズ 第7話

「あの人は今どこに……京都の思い出殺人事件!!」

京都の小路を散策していたおみやさん(渡瀬恒彦)と洋子(櫻井淳子)は、前を歩いていた年配の女性が突然、胸を押さえてうずくまるところに遭遇。すぐに病院に連れて行こうとしたところ、その女性・川本ゆき(草笛光子)は「じっとしていれば、そのうち治まるから」と言って受診をかたくなに拒む。

 ゆきは東京からの旅行客だったが、女学校時代は京都に住んでおり、当時市内の高校に通っていた初恋の相手に、ふと会いたくなったと告白。思い出の寺を訪ねるために、京都までやって来たという。

 54年前の初恋の相手を探す…というゆきの話を聞いた洋子は、人探しを手伝うと大張り切り! だが、おみやさんは時折、暗い表情を浮かべるゆきが気にかかると共に、男子学生の名前を聞いて顔を曇らせる。14年前、有名な版画家・千葉彰正(蟷螂襲)がアトリエで殺され迷宮入りした事件が起きていたのだが、その千葉こそが、ゆきの初恋相手と思われたのだ。

 そんな中、美術評論家・藤沢さとし(国木田かっぱ)の遺体が橋の下で見つかる事件が起きた。遺体の上着のポケットから1枚の版画のコピーが見つかったほか、靴下には版画の板“版木”によく使われるサクラの木屑が付着していた。

 手がかりを求めて、千葉の弟子・丸茂晃(二階堂智)を訪ねた、おみやさんと洋子。丸茂は穏やかな人物だったが、代表作の『きみの名を』という版画を見せてくれと言ったとたん、態度が豹変し激昂した。実は、藤沢のポケットから見つかったのは、丸茂の作品『きみの名を』のコピーだった…。

 まもなく、殺された藤沢が近々、『きみの名を』は盗作だとする論文を発表する予定だったと判明。盗作発覚を怖れた丸茂が、藤沢を殺したのではないか…!? 疑惑が高まる中、当の丸茂が突然、おみやさんのもとを訪ねてくるが…!? 

はたして丸茂は、藤沢殺しの犯人なのか…!? 14年前の版画家殺人事件との関連は…!? そして、ゆきはなぜ54年も経った今、初恋の相手・千葉を探そうとしているのか…!? おみやさんの推理によって、1枚の版画に秘められた真実が明らかになっていく…!


おみやさん TOPへ

2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ

『おみやさん 第8シリーズ 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おみやさん8:第7話 感想
Excerpt: …昨日の衝撃がまだ消えない状態ではありますがw、今週の感想です。久しぶりの当日更新ですね。 昨日の日記で触れ忘れた点を一つ。 今シリーズは最終回が23日で全9話。最終回は毎度恒例の二部構成の拡大版に..
Weblog: ホワイト・メモリー
Tracked: 2011-06-09 23:11

おみやさん(8)File.07
Excerpt: 『あの人は今どこに……京都の思い出殺人事件!!』 内容 おみやさん(渡瀬恒彦)と洋子(櫻井淳子)が、街を散策していると 目の前で、胸を押さえうずくまっている女性(草笛光子)を見つける。 駆け寄る2..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2011-06-10 18:01

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索