2011年05月16日

シマシマ 第5話

「恋のブレーキとホントの自分」

 シオ (矢田亜希子) は、ラン (菊田大輔) から愛の告白をされ戸惑う。しかも 「 好きな人ができたらシープをやめる 」 と宣言していた通り、ランはしばらくシープの仕事も休みたいとシオに申し出る。

 一方、ランがシオに告白する場面に遭遇した ガイ (三浦翔平) は、シープの仕事に集中できず、さくら (笛木優子) からの依頼をすっぽかしてしまう。
 翌日、シオはさくらに謝罪するため勤務先を訪ねるが、そこにさくらの彼氏がやって来た。年下のイケメン彼氏がいるさくらが、なぜシープに添い寝を依頼するのか、シオは疑問に思いながら店を後にする。

 ある夜、居酒屋 「 双葉 」 にはガイと リンダ (鈴木勝大)、マシュ (福士蒼汰) がそろい、ため息をついていた。ガイはシオへの想いを抱え、リンダは17歳年上の 菖子 (小島聖) との恋に悩んでいたのだ。

 そこへシオが現れた。さくらから添い寝の依頼が入ったと言うのだ。「 この間の埋め合せがしたい 」 と懇願するガイに、仕事を任せる事に。

 さくらの部屋を訪れたガイは、さくらがメイクをしていることに驚く。彼女は 「 礼儀 」 だと言うのだが…。二人がベットに入ると、さくらの手がガイの胸元に怪しく伸びてきて…。


シマシマ TOPへ
各話視聴率
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ
タグ:シマシマ

『シマシマ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索