2011年05月16日

アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜 第4話

「イケメン25人の反乱女子1人…涙の説得!!感動の放課後」

明日香工業高校の恒例行事『アスコーモーターショー』の開催が近づいてきた。クラスごとにエコカーを制作し発表するという一学期を締めくくる一大イベントのリーダーに選ばれてしまった直(武井咲)。クラスメートを見下し、溶け込もうとしない竹内(永山絢斗)をなんとか仲間に入れようとする直だったが、肝心の竹内は相変わらずの態度…。

そんな竹内のことを玉木(賀来賢人)は「中学のときはあんなヤツじゃなかった」と語る。医者の家に生まれ、勉学に励むことだけを期待された竹内はいつしか他人を見下すようになってしまったらしい。どうやら同じアスコーに通っていた兄・秀樹(清水優)のことでもなにか事情を抱えているようで…?

 ある日、直は竹内が描いたエコカーのデザインを見つける。広瀬(石田卓也)や輪島(南圭介)らには有人(松坂桃李)が描いたものだと説明し、A組のエコカーデザインとして採用した直。そしてしぶしぶながらもA組生徒たちも制作にヤル気を見せ始める!

 だがデザインに関する質問をするため竹内の自宅を訪ねた直と玉木に竹内の父・正和(野村宏伸)にひどいことを言われてしまい・・・。そのあまりの物言いに思わずキレてしまった直だが・・・!


アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜 TOPへ
各話視聴率へ
2011年春ドラマ(4-6月)TOPへ

『アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2011年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アスコーマーチ 明日香工業高校物語 第4話 感想
Excerpt: テレビ朝日系ドラマ「アスコーマーチ 明日香工業高校物語」第4話の感想など。とりあえず公式サイトからあらすじを。〜引用開始〜明日香工業高校の恒例行事『アスコーモーターショー』の開催が近づいてきた。クラス..
Weblog: オタクと呼ばないで
Tracked: 2011-05-30 23:02

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索